チェンマイ在住がエリア紹介!滞在目的別に住みやすい場所はここ

チェンマイ在住がエリア紹介!滞在目的別に住みやすい場所はここ

自然の美しさと歴史的な魅力が調和した、タイの古都「チェンマイ」。

バンコクに次ぐ都市でありながら物価が安く、多くの人が「いつかは暮らしてみたい」と憧れる街です。

しかし、ロングステイを考えるときには、エリアの選び方や滞在方法など、悩むことも多いでしょう。

実際に、チェンマイ在住の筆者のもとには、(過去10年の住まいを公開していることもあり)毎週のように「チェンマイのどのエリアが住みやすいですか」という質問メールが届きます。

そこで、本記事では、チェンマイのエリアごとの特徴と住みやすさについてまとめて紹介します。

アバター
HIRO
周辺環境や移動のしやすさ、騒音や治安なども含めて、実際に住んでみないとわからないことについてもお伝えしていますので、ぜひ読んでみてください。




チェンマイで住みやすい9エリア

エリア特徴世代期間交通目的
旧市街チェンマイの歴史を肌で感じる幅広い世代短期徒歩・自転車拠点
リバーサイド川沿いで優雅に過ごすミドル世代長期徒歩・自転車優雅
新市街外国人でも賃貸しやすいミドル世代長期バイク・車拠点
ニマンヘミンチェンマイの今を感じる若い世代短期徒歩・自転車ノマド
ナーモー滞在費をおさえてのんびり若い世代長期徒歩・自転車作業
ランモーチェンマイにどっぷりつかる若い世代長期バイクチル
サンティタムローカルエリアでプチ移住シニア世代中期徒歩・自転車沈没
ジェッドヨード静かな暮らしを叶えるミドル世代長期バイク・車作業
チェンマイ門地元の生活を体験幅広い世代短期徒歩・自転車探索
チェンマイ大学(ナーモー) ジェットヨード サンティタム ニマンヘミン ランモー リバーサイド 新市街 チェンマイ門 旧市街

地図のエリアを押すと説明に飛びます。

チェンマイ旧市街

チェンマイの歴史を肌で感じるエリア

チェンマイを初めて訪れる方におすすめ

チェンマイ旧市街」とは、市街の中心部を囲む1.6km四方の城壁と堀に囲まれたエリアを指します。

城壁の内部には、タイ最高位の王室寺院である「ワットプラシン」をはじめ、由緒ある寺院が存在感を示し、その周辺の路地にはふるい家並みがのこっています。いうなれば、チェンマイの歴史そのものです。

旧市街の目抜き通り「ラチャダムヌン通り」では、タイ北部最大の夜市「サンデーマーケット」が催され、お祭り気分を味わえます。

ゲストハウス、高級ホテル、レストランが多数あり、徒歩や自転車で移動できるため、はじめてチェンマイを訪れる方におすすめの滞在エリアです。

自然がほどよくあり、心地よい調和を保ちながら、レトロな雰囲気の中にもモダンな要素を感じさせます。

そして、何よりも、旧市街の人びとは外国人観光客に慣れているため、短期滞在なら非常に住みごこちがよく感じられます。

アバター
HIRO
まずは旧市街に滞在して、チェンマイを楽しんでみてはいかがでしょうか?ちょっとした移動には乗り捨てできる「シェアリング自転車」が便利です。

一覧表にもどる

リバーサイド

川沿いで優雅に過ごせるエリア

ミドル世代におすすめ

「リバーサイドエリア」は、チェンマイ市内を縦断するピン川に沿ってのびる「チャルンラート通り」を中心に、古い建物を改装したレストラン、カフェ、ショップが点在しています。

川沿いのレストランやカフェでは、川を眺めながら優雅に食事を楽しめたり、コーヒーを飲みながらのんびりしたり、贅沢な時間を過ごせます。

一方で、路地に入るとローカル市場があり、地元の人たちで活気にあふれた雰囲気を楽しめます。*ワット・ゲートガラムの前にはピン川をわたる歩行者専用の橋がかかっており「ワローロット市場」にも行けます。

リバーサイドエリアには、高級ホテルからコンドミニアムまで、様々なタイプの宿泊施設があるので、目的に合わせた滞在を楽しむことができます。

筆者はリバーサイドを代表するコンドミニアムで1年間暮らしましたが、静かな環境で自然に癒され、全くストレスを感じることがありませんでした。住みごこちが非常によかったです。

1週間程度の滞在なら徒歩や自転車でも平気ですが、長期滞在には自前の移動手段が必要になります。

逆に車があればサンカムペーンまで一直線なので温泉につかったり、優雅にのんびりしたチェンマイライフを楽しめます。

アバター
HIRO
リバーサイドは、チェンマイでの長期滞在におすすめのエリアです。ただし、他のエリアと比較して物価が少し高いです!

一覧表にもどる

新市街

外国人でも賃貸しやすいエリア

のんびり滞在先を探す拠点におすすめ

ナイトバザールをはじめショッピングモールや高級ホテルがあつまる「新市街」。

チェンマイ夜観光の目玉「ナイトマーケット」を北上すると、外国人向けの大型コンドミニアムが多数あります。

このエリアのスタッフは、外国人観光客にも慣れており、英語も話せるため、外国人でもトラブルなく賃貸契約ができます。

物価も安いですし、自前の交通手段があるなら、どこに行くにも便利な場所なので住みやすいです。

ただし、筆者が2年半このチェンクラン地域に住んでいたからこそ言えますが、

のんびり過ごす場所としては中途半端…。

さらに、これといった特徴がないため、「ここに住んで何をしたいのか?」って感じです。(笑)

アバター
HIRO
通勤や通学に便利な場合を除き、あまりおすすめしませんが、外国人でも賃貸しやすいので、拠点として利用するのには良い場所だと思います!

滞在先を探す拠点として利用していたら、住み心地が良くて1年間住んでしまったガラレトンタワーはこちら。

スタッフが4名も常駐する大型コンドミニアム、西洋人長期滞在者に人気のザシャインはこちら。

一覧表にもどる

ニマンヘミン

チェンマイの今を知るエリア

若い世代におすすめ

かわいい雑貨店やハイセンスなショップが立ちならぶ「ニマンヘミン」。

流行りに敏感な若者があつまり、活気であふれています。

昼間はおしゃれなカフェでのんびり、夜はクラブや大型ディスコなどのナイトスポットで大盛り上がり。

朝から晩まで、存分に楽しめる場所です。

物価の高いイメージがありますが、裏路地に入ると安いアパートもたくさんあります。

また、チェンマイ大学周辺の食堂に足をのばせば、食費もおえられるため、長期滞在にもおすすめです。

筆者は2年半ニマンヘミンの高級コンドミニアムに住みましたが、住みごこちが非常によかったです。

アバター
HIRO
ニマンヘミンには、月額3000バーツ以下のローカルアパートもたくさんありますが、タイ語が必要になる場合や生活が窮屈に感じられるため、長期滞在にはあまりおすすめしません。

一覧表にもどる

チェンマイ大学(ナーモー)

ノマドしやすいエリア

滞在費をおさえたい人におすすめ

チェンマイ大学は旧市街の西側、ドイステープのふもとに位置し、周辺には学生向けのリーズナブルなお店がたくさんあります。

緑豊かなキャンパスの広さは東京ドーム80個分。

敷地内は校舎間を結ぶ無料シャトルバスが走っています。

チェンマイ大学の食堂

キャンパス内の食堂やカフェは一般開放されているため、お気に入りの場所を見つければ、勉強やPC作業がはかどるでしょう。

チェンママイ大学の貯水池

貯水池のベンチは読書やチル(リラックスして過ごす)に最適です。

ちなみに、筆者はチェンマイ大学のグラウンドでランニングが日課でした。

周辺環境はとても静かで、物価が安く若い世代がここちよく過ごせるエリアです。

昼間はPC作業や勉強、食事は大学周辺の食堂や屋台ですませ、夜は基本的に早寝。週末にソンテウをチャーターして遠出する。

このようなチェンマイ生活をイメージしている人で、かつ滞在費をおえたい人にぴったりのエリアです。

筆者はチェンマイ大学エリアに2年半住みましたが、毎日ワクワクの連続でした。正門の先をのぼっていくと、ドイステープ寺院につながるので、毎週参拝に行っていました。

アバター
HIRO
チェンマイは基本的に女性が多いですが、大学周辺はとくに女性率が高いため、女性の一人暮らしでも安心です。注意するとしたら野良犬くらいです。*チェンマイで野良犬に噛まれる!救急外来の流れ

一覧表にもどる

チェンマイ大学(ランモー)

チェンマイにどっぷりつかれるエリア

のんびり作業したい女性におすすめ

ランモーとはタイ語で「チェンマイ大学の裏」という意味で、その名の通りチェンマイ大学の裏側エリアをさします。

そこらじゅうに緑があり、自然と調和した心地よい空気につつまれています。

ワットウモーンやワットラムプーンなど、瞑想修行で有名なお寺があることからもわかるとおり、とても静かな場所です。

都会の喧噪から離れて、静かでゆったりとした生活をのぞむ人は、ランモーが最適な選択肢でしょう。

坂が多いため徒歩だと移動が大変ですが、逆にいえば、雨季でも洪水の心配がまったくありません。

筆者はランモーで1年間暮らしましたが、何か特別なことをするわけではありませんでしたが、「毎日幸せ」に満たされていました。

朝は鳥のさえずりで目覚め、よい1日のスタートを切れます。

チェンマイ大学とニマンヘミンが近く、周辺には学生さんがたくさんいるので、何かあればすぐに頼れます。

アバター
HIRO
幅広い世代が心地よく過ごせますが、とくに(滞在費をおさえたい)若い女性におすすめです!

一覧表にもどる

サンティタム

ローカルエリアでプチ移住が楽しめるエリア

シニア世代におすすめ

「サンティタムエリア」は旧市街のお堀の北側に位置するローカルエリアです。

チェンマイの食の台所「タニン市場」をはじめ、地元民向けの食堂や屋台があつまっており、食事に困らない場所です。

比較的家賃が安く、旧市街にも近いため、短期滞在する日本人に人気のエリアですが、(個人的には)長期滞在にはあまりおすすめしません。

タイヤイの子のアパートを借りていたのでよく知っていますが、営業許可を持たないバーやクラブなどが存在し、治安や騒音の問題があります。

アバター
HIRO
22時以降は出歩かないとか、拠点として利用して、滞在先を探すのには良いかもしれません。

一覧表にもどる

ジェッドヨード

静かな暮らしを叶えるエリア

中期・長期滞在におすすめ

「ジェッドヨードエリア」は、ニマンヘミンとサンティタムの中間に位置する、旅行者にはまったく縁のないエリアです。一括りに「サンティタム」としても良かったのですが、長期滞在される人に向けてあえて分けました。

「サンティタム」も「ジェッドヨード」もローカルエリアですが、ジェッドヨードは勤め人が多い印象です。

日本語や英語で物件探しをしている方には、まず見つけられない「新築未入居プールジム付で3万円」といったお得な物件も多数存在します。

アバター
HIRO
スックカセム レジデンスを(タイ人名義で月4000B)で賃貸していたので、このエリアについても詳しいです。物価が安く、夜はかなり静かで住みやすいですが、自分で交通手段を用意しないと不便です。
標準的なアパートで静かに過ごしたい方におすすめです!

一覧表にもどる

チェンマイ門エリア

旅慣れた人向きエリア

地元の生活を体験したい人におすすめ

「チェンマイ門エリア」は旧市街のお堀の南側に位置するローカルエリアです。

サンティタムに似た雰囲気で地元民向けの食堂や市場や屋台などがあつまっています。

だたし、外国人には開拓されていないため、タイ語が話せないと厳しいです。

逆にタイ語が話せれば、公然とは営業していない、バーや夜のお店探究心のある人は楽しめると思います。

アバター
HIRO
あまり旅行者向きではありません。旅慣れた人が短期滞在するには楽しいかもしれません。

一覧表にもどる

チェンマイで住みやすいエリアまとめ

チェンマイ大学(ナーモー) ジェットヨード サンティタム ニマンヘミン ランモー リバーサイド 新市街 チェンマイ門 旧市街

気になるエリアを押すとリンクに飛びます

最後に身も蓋もない話ですが、「あなたがチェンマでどんな生活をしたいのか」によって、どこが住みやすいかが決まります。

ノマド滞在したい

ニマン・チェンマイ大学・ランモー

勉強したい(タイ語・ヨガ・マッサージ)

スクールのちかく

観光拠点にしたい

旧市街・新市街

のんびりしたい

リバーサイド・ランモー

目的はない

サンティタム・チェンマイ門

チェンマイに滞在するなら乗りのもを上手に活用しましょう。

チェンマイで良い物件が探せる「賃貸物件探しのポイント」はこちらをどうぞ。




チェンマイ在住がエリア紹介!滞在目的別に住みやすい場所はここ
「いいね」ありがとうございます。励みになります!
チェンマイ在住がエリア紹介!滞在目的別に住みやすい場所はここ