チェンマイではじめてのコンドミニアム賃貸契約『フローラルコンド』

チェンマイではじめてのコンドミニアム賃貸契約『フローラルコンド』

チェンマイでコンドミニアム探し

ぼくのはじめての海外生活は2012年タイのチェンマイでスタートしました。

まずは住居さがしですが、ネットで目星をつけていたコンドミニアムや現地で気になったサービスアパートメントを不動産屋を通さず、トゥクトゥクを300バーツでチャーターして回りました。

チェンマイの街はコンパクトにできているので、自力でまわった場合、内見で一日にまわれる物件数は頑張れば5、6件。

2、3件なら余裕です。

コンドミニアム賃貸契約

結構まわったんですが、英語もタイ語もわからないし。。。

海外での賃貸契約とかも不安で、

オーナーさんが日本人のチェンマイ最高層コンドミニアムのフローラルコンドミニアム決定!

http://www.floralchiangmaicondo.com/

賃貸契約に必要なもの

  • パスポート
  • 現金タイバーツ

契約はオーナーさんとコンドのマネージャーさん(タイ人)と僕の3人。

日本では考えられないほど簡単でした。

  1. パスポートをコピーされる
  2. 書類にサインする
  3. 現金わたす

3分で終了!

*現金はタイバーツで家賃の3カ月分(デポジット2カ月+前家賃1カ月)

コンド入居

心配していた部屋の契約も無事に済んだので一度日本に帰国。

日本で荷造りをして、入居希望日をオーナーとマネージャーにメールすると、マネージャーさんがチェンマイ空港まで迎えに来てくれる事に!!

お土産にSKⅡ買っていきました^^;

空港でマネージャーさんの車に乗り込み、一緒に部屋に行くと、すでにオーナーさんがいました。

ティッシュ、バスタオル、冷蔵庫にはジュースやミネラルウォーターがホテル並み。

そして、来たばかりで足が無いとお困りでしょうとバイクまで貸していただきました。

何かあったら、マネージャーはタイ人だから直接私に連絡しても大丈夫だよ。と言っていただき、右も左もわからず英語もタイ語も話せない僕にとっては本当にありがたかったです。

まさに、至れり尽くせり。

おかげでとても快適なタイ移住生活がスタートできました。

コンドミニアムの様子

フローラルコンドミニアムの部屋からの景色
▲部屋からの景色。
フローラルコンドミニアムの部屋からの景色
▲まわりに遮るものがないので風通しがよく、四月の数日しかエアコンを使わなかったです。

フローラルコンドミニアムの庭
▲庭が広く緑に囲まれていました。

フローラルコンドミニアムの台所
▲冷蔵庫、電子レンジ、食器類も全てそろっていました。
フローラルコンドミニアムのソファー

フローラルコンドミニアムのベランダの洗濯機
▲洗濯機はベランダにあります。

フローラルコンドミニアムの寝室
▲寝室は2部屋、残念ながら1部屋は使うことはなかったです…

フローラルコンドミニアムの門
▲セキュリティは入り口に1人とエレベーター前に1人警備員がいました。不審な人や車は入ることができないので、安心して住むことができます。

*エレベーターはカードキーが必要。

チェンマイフローラルコンドミニアムのトレーニングジム
▲トレーニングジム
チェンマイフローラルコンドミニアムのテニス場
▲テニスコート
チェンマイフローラルコンドミニアムのプール
▲プールは駐在員のお子さんが使っていたので、遠慮して入りませんでした。

施設はプール、ジム、テニスコート、ビリヤード部屋。

買い物は徒歩20分でリンピンスーバーがあります。*3000円以上で配送

日本人が7〜8割。ほとんどの世帯が家族で入居していて小さいお子さんも多かったです。

夜はとてもしずかで住みやすかったです。ただ車かバイクは必須だと思います。

コンドミニアム引き払い

とても住みやすく気に入っていましたが、他のエリアにも住んでみたかったので1年で契約を解除しました。

賃貸契約解除の申し入れは一カ月前にして欲しいと契約時に聞いていたので30日前にしました。

引越当日は朝から部屋の大掃除をして終了と同時にオーナーさんに電話でご挨拶。

すると、衣装ケースとか使いたかったら持って行ってもいいよ。って、本当に親切でうるるん滞在記のエンディングです。

預けていた2ヶ月分の家賃も1週間後に満額振り込んでもらいました。

チェンマイがはじめての方に自信をもってオススメできるコンドミニアムです。

2017年現在はこちらのチェンマイコンドミニアムに住んでいます。



About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイ生活6年目突入!

現地にいるからこそ知っているチェンマイの穴場スポットや、チェンマイで生活する上で必要な情報をコツコツ書いてます。

情報の鮮度と質にこだわり、タイ語メディアを使って情報収集しています。

➡︎詳しいプロフィール