The Shine(ザ シャイン) チェンマイコンドミニアム生活

筆者が2018年から2019年までの1年間住んでいたチェンマイのコンドミニアム「The Shine(ザ シャイン)」をご紹介します。

場所はナイトバザールエリアで、すぐ隣りが@Curve(ショッピングモール)、バンティッププラザまで徒歩12分、周辺の飲食店はかなり充実しており、日頃の食事や買い物には困りません。

タイのコンドにしては珍しく動線が良く、収納も豊富で日本人好みの部屋になっています。

1ヵ月だけでも契約できる部屋もあるので、ナイトバザールエリアを拠点にチェンマイ生活を楽しみたい方におすすめです。

1年間住んだ感想は、値段相応の普通のコンドミニアムでした。スタッフがしっかりしています。




The Shine(ザ シャイン)の場所

The Shine(ザ シャイン)はナイトバザールから南に伸びる通り「チャンクラン通り」沿いにあります。

チャンクラン通りは交通量が多いので、道路側の部屋を借りる方は8時から17時までの騒音は覚悟してください。反対側の部屋は(@Curve側は)とても静かでした。

交通アクセス

徒歩3分の場所にRTCシティーバス乗り場があります。

関連記事:チェンマイバスマップ2020|RTCシティバス4路線のバス停案内

短期滞在の方はチェンマイのシェアサイクル(エニーウィール)の月契約がオススメです。

車両所有者の方は駐車場が5階まであるのでとめやすいです。

正面のチャンクラン通りが渋滞している時は、コンドの裏口(チャルーンパラテート)通りからも出ることができます。

周辺情報

徒歩10分圏にコンビニ、病院、郵便局、スーパー(@Curve)マッサージ、飲食店など全部揃っていて生活環境が充実しています。

The Shine(ザ シャイン)の部屋詳細

家賃

Superior A 16000バーツ

  • 33 m²
  • 1 bedroom
  • 1 bed

備考:1年契約:1か月16,000、6か月契約:1か月あたり18,000、1か月の契約:月額20,000

Superior B 17000バーツ〜19000バーツ

  • 40 m²
  • 1 bedroom
  • 1 bed

Deluxe A 22000バーツ〜25000バーツ

  • 48 m²
  • 1 bedroom
  • 1 bed

メゾネット B 35000バーツ〜40000バーツ

  • 70 m²  
  • 1 bedroom
  • 1 bed

Two Bedroom Suite B 35000バーツ〜

  • 76 m²
  • 2 bedrooms
  • 2 beds

月額費用

  • 電気:4.5 THB /ユニット
  • 給水:32 THB /キュービック

追加オプションサービス

  • 清掃サービス:450 THB /回(33-40平方メートル)
  • ランドリー:10 THB /個から
  • 高速インターネット:650 THB /月から(設置料金1000 THB)
  • TURUケーブルテレビ:350 THB /月から

賃貸契約

  • パスポート
  • デポジット(家賃1カ月分)
  • 前家賃(家賃1カ月分)

解約

解約の申し入れは1カ月前までです。

解約日にスタッフと一緒に部屋を確認して、特に破損なければ補修費用なしです。

デポジットは当日分までの電気代と水道代を日割りで引かれ、その場で返却してもらえます。

*筆者は電球をオレンジ色から白色に変えましたが、入居時の状態に戻すようにいわれました。

セキュリティー

マネージャーがしっかりしているのでスタッフ&警備員の教育が行き届いていました。珍しく夜間でも寝ている警備員がいませんでした。

良い意味でも悪い意味でも人が多いので、(外出するときに必ず誰かに会います)相互監視が効いています。

*筆者のように誰とも接触したく無い方は、ユニークコンド2@ニマンがおすすめです。1フロアー1〜2世帯なので、ほぼ誰にも会いません。

部屋の向き

部屋の向きはThe Shine(ザ シャイン)の最大のネックです。

筆者が借りた部屋はチャンクラン通り沿いでした。

道路沿いは騒音が心配だったので、契約前に何度も(時間を変えて)確認をしましたが、窓を閉めれば気にならない程度でした。

念の為に周辺の夜の騒音状況も確認しました。

目の前にカラオケ店がありましたが、0:00になるとピタッと照明と音楽が消えるので安心して契約しました。

ですが、、、入居翌日の朝にとんでもないことが発覚します。

このカラオケ店はDQNのたまり場で、AM3:00からAM5:00まで週3回のペースで大音量パーティーが開催される場所だったのです。

チェンマイ警察の抜き打ち検査(麻薬と未成年者)で、3回〜4回は営業停止していますが、1週間もすると看板を変えて営業再開、またAM3:00からAM5:00の大音量パーティーがはじまります。

なんでも、警察から営業停止命令を受けると、オーナーと店名を変えて再営業するそうです。

現在カラオケ店は閉店、コロナ禍で再開するかどうかわかりませんが、早朝に大音量パーティーをしても警察は取り締まらないことは頭の片隅に入れておいてください。

筆者は近くに寝るだけの部屋をもう一部屋借りました。

部屋の設備

The Shine(ザ シャイン)のリビング
https://www.renthub.in.th/en/condo-projects/the-shine-chang-mai
The Shine(ザ シャイン)のリビング

間取りは寝室とリビングルームが1部屋ずつ。

  • テレビ 2台
  • 2口のHIクッキングヒーター
  • 冷蔵庫
  • 収納棚
  • ドラム式洗濯機
  • Wifi ディバイス3台まで無料
The Shine(ザ シャイン)のキッチン
The Shine(ザ シャイン)のキッチン

リビングとキッチンはきちんと仕切られています。

炒め物をするとどうしても、煙に油がのって床がベタベタになるので、料理をする筆者にとっては嬉しいつくりでした。

The Shine(ザ シャイン)の冷蔵庫と洗濯機
The Shine(ザ シャイン)の冷蔵庫と洗濯機

冷蔵庫と洗濯機 *乾燥機能は付いていません。

IMG 5642
2口のHIクッキングヒーター
IMG 5636 2
シューズクローゼット

寝室とバスルームの間にシューズクローゼットがあります。

IMG 5640
寝室のテレビ

寝室にはテレビが1台と、

IMG 5639

テーブルと机が一脚ずつあります。

The shine condo 07
The Shine(ザ シャイン)ユニットバス

ユニットバスは、浴槽がなく洗面台とシャワーだけが設置されているタイプです。

IMG 5645

ちなみに、タイのコンドミニアムは家具や家電が最初から付いてくるのですが、逆にそれが邪魔で撤去して欲しい時があります。 

ほとんどのコンドミニアム&サービスアパートメントは備え付け家具の撤去NGですが、こちらのザ シャインOKです。

ですので、ソファー・テーブル・写真には写っていませんがガラステーブルなどリビングの家具は全部入居前に撤去してもらいました。

がらんとしたリビングには自前のPCテーブルと椅子だけ置いて、テレビや晩酌は寝室でしていました。

コンドミニアムの設備

ザ シャインのプール
プール
ザ シャインのサウナ
サウナ
ザ シャインのジム
ザ シャインのジム

常に冷房ガンガンで利用者が多かったので筆者はあまり使いませんでした。

The shine condo 12
ザ シャインのランドリー室

全室洗濯機がついているのになぜかランドリー室があります。

図書室

まとめ

コロナ禍で目の前のカラオケ店は閉店していますが、道路側の部屋を借りる方は事前によく確認調査をしてください。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ