チェンマイでタイ語勉強中

フォトジェニックなチェンマイ旧市街の城壁・城門について詳しく解説

フォトジェニックなチェンマイ旧市街の城壁・城門について詳しく解説

タイの第2都市でもあるチェンマイは北方のバラとも称される美しい古都で、旧市街には城壁・城門など歴史ある街並みが多く残されています。

それらを眺めながらふらっと街を歩くだけでも楽しめますし、フォトジェニックな写真もたくさん撮ることができます。 今回はチェンマイ旧市街にある城壁・城門について詳しく解説しました。

チェンマイ旧市街のお堀と城壁

ラーンナー王朝の創始者マンラーイ王は1296年にチェンマイを建設したさい、敵国の侵攻を防ぐため、漁業や貯水などの資源を確保するために街の周囲をお堀と城壁で囲みました。

チェンマイ旧市街

チェンマイの情報を収集していると『チェンマイ旧市街』という言葉を頻繁に目にすると思いますが、チェンマイの旧市街とはチェンマイにおいて四方をお掘りと城壁で囲まれた、このエリアのことを指します。

ほぼ正方形のお堀の一辺の長さは以下の通りです。

  • 北側1.67km
  • 南側1.63km
  • 東側1.62km
  • 西側1.62km

城壁は経年と共に劣化しほとんど取り壊されましたが、5基の城門と旧市街の四隅にある4基の遺跡は現在も残されています。

関連記事

旧市街の周りをスマートバスが循環しています。6:00 – 24:00 運賃は一律20バーツ。

チェンマイの交通難民に救世主!スマートバスの乗り方と運行ルート

チェンマイの城門

まずはチェンマイの城門についてみていきましょう。現在、以下の5基が残っています。

  • 北 | チャンプアップ門
  • 東 | ターペー門
  • 南 | チェンマイ門 と スアンプルン門
  • 西 | スワンドーク門

チャンプアップ門(北)タイ語|ประตูช้างเผือก

チャンプアップ門の地図

チャンプアック門は旧市街の北に位置する城門です。

チェンマイ旧市街北側の門チャンプアック

チェンマイを建設したさい最初に建てられた城門で、昔はチェンマイの凱旋門として位置づけられていました。

もともとフアリアン門という呼称が使われいましたが、戴冠式に招かれたガウィラ王がこの場所に白象の記念碑を建てたことにより、チャンプアックに変更されました。*チャンプアックは白象の呼称

チャンプアップ門の周辺情報

屋台群

チャンプアップ門の屋台群

夕方(17:00頃)になるとタイラーメン、タイ料理、イーサン料理など様々な屋台が軒を連ねます。どのお店も一品30バーツから50バーツ、英語と中国語のメニューも用意してあるので旅行者でも利用しやすいです。

チャンプアップのカオカームー屋台

特に「カオカームー」豚スネ肉煮込みご飯と「スキーナーム」春雨スープの屋台が有名でいつも満席です。

5年前、ぼくがチェンマイに来たばかりの頃は、ここの屋台を利用する人はほぼ地元のタイ人でしたが、最近は若い外国人観光客がかなり増えました。

ドイステープ行きのタクシー乗り場

ドイステープ行きのソンテオ乗り場があります。運賃は片道50バーツ、10人揃って出発、チャーター500バーツ(片道)。

チェンマイ第1バスターミナル

チャンプアック門を10分ほど北上するとチェンダオやメーリムなどチェンマイ近郊の観光スポット行きバスが発着するチェンマイ第1バスターミナルがあります。*白象の記念碑はここにあります。

ターペー門(東)ประตูท่าแพ

チェンマイ旧市街東側の門ターペ門の地図

ターペー門は旧市街の東に位置する城門です。

チェンマイ旧市街東側の門ターペ門

昔、ターペー門付近が筏の係留場所だったのでこの名前が付きました。タイ語で船乗り場のことを『ター』、筏のことを『ペー』と言います。

チェンマイのランドマーク的な位置付けなので、チェンマイで写真を撮るならターペー門をバックに自撮りはマストです。

ターペー門の周辺情報

サンデーマーケットの入り口

毎週日曜日に行われるサンデーマーケットの入り口があります。

イベント・催事会場

ターペー門の広場では毎月何かしらのイベントが行われています。(日曜日には屋台が立ち並ぶ)

チェンマイ門(南) ประตูเชียงใหม่

スクリーンショット 2018 06 19 8 37 57のコピー2

チェンマイ門は旧市街の南に位置する城門です。

チェンマイ旧市街南側の門チェンマイ門

夕方から夜にかけて多くの屋台が立ち並び地元タイ人で賑わいます。土日は外国人観光客の姿も。

チェンマイ門の周辺情報

屋台群

チェンマイ門の屋台群

夕方になるとビールを片手にタイのローカルフードを楽しむ外国人観光客の姿もちらほら。*ビールは近くのコンビニで購入する必要があります。

サタデーマーケットの入り口

毎週土曜日にウワライ通りで開催される夜市(サタデーマーケット)の入り口があります。ローカル感満載のナイトマーケットですので、旅慣れている方にもお勧めです。

関連記事

チェンマイ市場

チェンマイ門市場

チェンマイ門の正面には市場があり、新鮮なフルーツや惣菜などを買うことができます。

定期路線バス乗り場

あまり知られていませんが、ハーンドン、サンパートン、メージェム方面などの定期路線乗り場があります。

タイ語ができる方ならガードファランショピングセンターやグランドキャニオンだって運賃15バーツです。

関連記事

セーンプン門(南)ประตูสวนปรุง

セーンプン門は旧市街の南に位置する城門です。

チェンマイ旧市街南側の門スアンプルン門

チェンマイの方はスアンプルン門とも呼んでいます。

昔この辺りで、腹に槍を刺す死刑執行が行われていたのが由来です。(*タイ語で腹のことをプン)

ちなみに、チェンマイの風習として旧市街で亡くなった人はこのスアンプルン門を通って火葬場へ運ぶことになっています。(スワンプル門以外の門は通ってはいけない)

チェンマイ門の周辺情報

フルーツ市場

旬のフルーツを豊富に取りそろえたフルーツ市場があります。日本では珍しく高価な果物が安く購入できます。

ノーンブアクハート公園

フラワーフェスティバルの期間中、ノーンブアクハート公園ではミスコン、ミュージックショー、特産品の展示会、フードフェアが行われます。

スワンドーク門(西)ประตูสวนดอก

スクリーンショット 2018 06 19 8 37 57のコピー4

スワンドーク門は旧市街の西に位置する城門です。

チェンマイ旧市街西側の門スワンドーク門

昔この辺はマンラーイ王の庭園だったので、その名残で門周辺には綺麗な花が植えられています。

スワンドーク門の周辺情報

スワンドーク病院・シーパット病院

タイ人が利用するスワンドーク病院、シーパット病院があります。

シーパット病院は日本人通訳さん、タイ人通訳さんが常駐しているので個人的によく利用します。

国民健康保険に加入している方は海外療養費支給制度の書類も通訳さんが作成してくれます。(スワンドーク病院は自分で作成)

旧市街お堀の遺跡

チェンマイ旧市街の4隅には4基の遺跡が残されており、それぞれ名称が付いているのでご紹介します。

ジェーンシープーム(北東の角) タイ語|แจ่งศรีภูมิ

ジェーンシープームの地図

チェンマイ旧市街の北東の隅はジェーンシープーム呼ばれています。

チェンマイ旧市街北東の角ジェーンシープーム

昔、この付近は漁業資源が豊富だったため、元々はタイ語で吉兆、繁栄を意味するサリプームと呼ばれていました。

ジェーンシープームの周辺情報

ジェーンシープーム停留所

チェンマイ旧市街と郊外を結ぶ乗り合いタクシーの停留所があります。

ムアンマイ市場

ムアンマイ市場は生鮮品、主に水産物・畜産物を取り扱っているお店が多く、買い物客はほぼ地元タイ人でとても活気のある市場です。

ローカルな市場で庶民の生活をのぞいてみたいというかたにおすすめしたい観光スポットです。

ジェーンガタム(南東の角) タイ語|แจ่งก๊ะต้

チェンマイ旧市街南東の角ジェーンガタム

チェンマイ旧市街南東の隅はジェーンガタムと呼ばれています。近くにプアクチャーン寺があります。

チェンマイ旧市街南東の角ジェーンガタム

旧市街の4隅でもっとも低い場所で、昔この付近に魚を集めてカタムという道具で捕っていたことが名前の由来です。

チェンマイマラソンに参加される方は、ドイズテープに向かって(ジェーンクーフアンに向かって)緩やかな登り坂になっています。

ジェーンクーウアン(南西の角) タイ語|แจ่งกู่เฮือง

ジェーンクーウアンの地図

チェンマイ旧市街南西の角はジェーンクーウアンと呼ばれています。

チェンマイ旧市街南西の角ジェーンクーフアン

ランナー王朝2代目セーンプー王の財宝を奪って捕まったウアンという人物の骨が埋まっているのでこの名前が付きました。

ジェーンフアリン(北西の角) タイ語|แจ่งหัวลิน

ジェーンフアリンの地図

チェンマイ旧市街北西の角はジェーンフアリンと呼ばれています。正面にはチェンマイラム病院があります。

チェンマイ旧市街北西の角の角ジェーンフアリン

その昔、ステープ山から流れてくる水はフアイゲェーオ通りの水路を通りこの場所に集められ市街へと供給されました。

まとめ

チェンマイの門と角の名前と地図

赤い矢印が現在も旧市街に残っている遺跡

青いい矢印が現在も旧市街に残っている城門

チェンマイの乗り合いタクシーに行き先を告げる時、運転手になかなか伝わらず苦労している方は、遺跡や城門の名称を言えば一発で伝わります。

チェンマイ観光スポット記事一覧へ

最新情報をお届けします



About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイで生活をしはじめて6年になります。

チェンマイ生活で体験したことやタイ旅行の情報を現地からお届けします。

➡︎See more profile