コロナの影響を全く受けない伝説のチェンマイラープ専門店

1日にわずか90分しかお店を開けない、もはや伝説化しているチェンマイラープ専門店をご紹介します。

開店前から大行列ができ、並んでも食べられない人もいるほどの超人気店で、コロナ時代でも店内はぎゅうぎゅう詰め、相席を求められることもあります。




チェンマイラープ専門店「ラープトンコイ」の営業時間

店舗名ラープトンコイ
タイ語ร้านลาบต้นข่อย
英語Laab Ton Koi
営業時間11時00分~14時00分
店内52席
備考注文は12時30分まで
場所Googleマップでひらく

「ラープトンコイ」の行き方

「ラープトンコイ」はチェンマイ旧市街から北東のチェンライへと伸びる国道118号線の途中のサンサイという地域にあります。

ターペー門からソンテウやグラブで20分の距離です。

関連記事:チェンマイ郊外観光の移動手段・交通手段

側道に路駐

お店が近くなると国道118号線の路肩には車がずらっと並んでいるのですぐにかわります。

そのまままっすく行くとドイサケット温泉なので、筆者はいつもここで食事を済ませてから温泉に行っています。

関連記事:ドイサケット温泉が100倍楽しくなる!周辺の観光スポット7選

ラープトンコイの店の様子

IMG 0568
ラープトンコイのお店の前

テイクアクトの方は道路に面した窓口からおじさんに口頭で注文します。

市場の競りのような雰囲気で、横入りしてどんどん注文を入れていく感じなのでタイ語がネイティブでないとかなり厳しいです。

オーダーストップ間際はちょっと殺気立っています!

チェンマイラープ店前
ラープトンコイの店主
ラープトンコイの店内への入り口
ラープトンコイの店内の入り口

店内の入り口にも空席待ちのお客さんが常に5人〜6人います。

ラープトンコイの注文する場所
ラープトンコイの注文する場所

入り口入ってすぐ左のカウンターにいる娘さんかおばさんに注文します。

旅行タイ語では(娘さん以外)注文が通らないので、タイ人に連れて行ってもらうかタイ文字を書けるようにしておきましょう。

*筆者はいつも紙にタイ語を書いて娘さんに渡しています。並ばずに注文が通ります。

紙で注文する時は卓番を忘れずに!卓番が無いと他のテーブルに持って行かれます。

チェンマイのローカル繁盛店で筆者が編み出した裏技

どこに座るかまだ決まってない時や、席が空く前に注文を入れる時は、卓番の箇所に「私は日本人です」って書いておくと、どこに座っていても間違いなく持ってきてくれます。

ラープトンコイの店内の様子
ラープトンコイの店内の様子

小さめの入口からは想像できないほど店内は広く、

4テーブル×7卓、 6テーブル×4卓の52席あります。

IMG 0605

オープン90分後の12:30には看板をおろします。

オーダーはストップしていますが14時ごろまで店内で飲食ができます。

ラープトンコイのメニュー

IMG 0571
ラープトンコイのメニュー
番号日本語タイ語値段
1水牛のラープ(生)ลาบควายดิบ40B
2水牛のラープลาบควายสุก50B
3豚のラープ(生)ลาบหมู40B
4豚のラープลาบหมูสุก50B
5牛肉の香草和え(生)ส้าจิ้น40B
6牛肉の香草和えส้าจิ้นสุก50B
7牛もつの血和え(生)เครื่อวในดิบ40B
8牛もつの血和えเครื่อวในสุก50B
9牛もつスープแกงอ่อมเนื้อ20B
10もち米ข้าวเนืยว10B

ラープトンコイの食レポ

付け合わせの山菜
付け合わせの山菜

付け合わせの山菜はセルフサービスになっています。

入り口の右側の奥に山積みしてあるカゴを自分で取りに行きます。

マクウェン
卓上調味料のマクウェン(花椒)

チェンマイラープには欠かせないマクウェン(花椒)は、パンチのある痺れ(辛み)と独特な風味が特徴です。

こちらのお店のマクウェンは醤油漬けにしてあって、乾燥したマクウェンよりも痺れ(辛み)が控えめです。

まるまるひと瓶食べちゃう人もいましたw

筆者も一回の食事で半分は使います。

それほど美味しいです!

ラープ50B
牛もつの血和え(生)40B
牛もつスープ20B
もち米10B
合計120
ラープ50B
牛もつの血和え(生)40B
牛もつスープ20B
もち米10B
合計120

筆者はいつもこのような感じで(料理2品〜3品ともち米)食事をしています。

こんなに食べて400円です!

DJI 0649
加熱したチェンマイラープ

タイ旅行をしたことがある方ならラープという料理を知っている方も多いと思いますが、

実はこのラープという料理はラープ・イーサンとラープ・チェンマイの2種類あります。

この2つをごっちゃにしている旅行系サイトも多いのですが、

ナポリタンとミートソース、塩ラーメンと味噌ラーメンくらい味が違います。

チェンマイラープの特徴は、単調ではなく重層的、スパイスとハーブの香りが口の中いっぱいに広がります。

余談ですが、筆者はラープ・チェンマイを知ってからラープ・イーサンを全く食べなくなりました。

生肉のラープ
生肉のラープ

生肉のラープは最初に肉の甘みを感じて、後から香辛料の独特な香りとほろ苦さが追いかけてきます。

お肉の甘い余韻がいつまでも口に残る感じです。

もち米との相性抜群で、いくらでも食べれます!

牛もつスープ
牛もつスープ

スープは牛もつがたっぷり入っています。

丁寧に下処理されているので生臭くありません。

タイに暮らして8年、100軒以上のタイ料理店に行ったことがありますが、このクオリティーで20バーツはちょっと無いです。

加熱処理した牛肉の香草和え
加熱処理した牛肉の香草和え

レモングラスとコブミカンの葉の爽やかな風味アクセントとなった肉料理です。

DJI 0647
牛もつの血和え(生)

生肉やセンマイを血と香草のエキスで和えた料理です。

関連記事:【チェンマイグルメガイド】現地在住8年が自信を持って30選




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ