メーサーエレファントキャンプの行き方と各コースのご案内

2019年11月13日




メーサーエレファントキャンプの行き方と各コースのご案内

チェンマイ市街地から30分、約80頭の象とカレン族の象使いが暮らすメーサー・エレファント・キャンプの行き方とショーのプログラム、象乗りコース、象使いコース、象飼育コースのご案内です。

メーサー・エレファント・キャンプとはチェンマイのメーリム郡メーサー渓谷にある象キャンプです。森林伐採が禁止され働く場所を失った象と象使いに仕事の場を提供するため、象の賢さと能力を幅広い人に知ってもらうために、1976年4月8日、チュチャート・カルマ・ピチット氏によって設立されました。

行き方:メーサー・エレファント・キャンプ

メーサー・エレファント・キャンプはチェンマイ市街地から北に20km離れたメーリムエリアにあります。

ソンテウ乗り場

メーリムエリアは多くの観光客が訪れるメジャーなスポットなので、チェンマイ市街地に数カ所あるチャーターソンテウ乗り場(RED CAR STATION)から乗車すれば一律300バーツです。

代表的なチャーターソンテウ乗り場は以下の7箇所です。

地図NO場所
ニマンヘミン
MAYA入口の左手
チェンマイバスターミナル 1
ワットマハーワンの前
Ginger & Kafeの前
スワンドーク門付近
チェンマイ門付近

メーサー・エレファント・キャンプの他に、首長族の村かタイガーキングダムのどちらかを一緒にまわってもらうのが定番観光コースです。*メーサー・エレファント・キャンプ一カ所だけでも料金は変わりません。

定番コース以外の場所、例えば森を遮るように造られたのスカイウォークやメーサーの滝などを一緒にまわりたい方はプラス100バーツ〜200バーツです。

ソンテウチャーターできる場所(ニマンヘミン)
チェーターソンテウの行き先と料金表

運転手も慣れたもので、タイ語や英語ができなくても看板の写真を指させばOKです。

限られたチェンマイの滞在時間、少しでも時間を節約したいという方にはグラブタクシーがお勧めです。運賃は片道1000バーツ。

レンタルバイクの方は国道107号線を北上し、メーリムの山間地を縫うように走るルート1096の標識が見えたら左折、15分ほど走ると左側に看板があります。

路線ソンテウも通っていますが、旅行者の方には再現性が低いです。

各種料金:メーサー・エレファント・キャンプ

入園料:大人250バーツ(子供150バーツ)

アバター
行く度に値上がりしていますが、収益は全て象の餌代と施設の運営費に使われます。って言われたら、何も言えません。

エレファントショー

メーサー・エレファント・キャンプの料金表:エレファントショー
料金表:エレファントショー

入園料を払えば1日3回行われるエレファントショーを無料で観ることができます。

ショーの時間は約1時間。

象の水浴び開始時間

  • 8:00〜
  • 9:40〜
  • 13:30〜

エレファントショーの開始時間

  • 8:15〜
  • 10:00〜
  • 13:45〜

エレファントショーのプログラム(1時間)

  1. エレファントパレード
  2. デモンストレーション
  3. ダンスショー
  4. サッカーゲーム
  5. お絵かき
  6. マッサージ
  7. ダーツゲーム対決
  8. 伐木搬出
  9. 記念写真&餌あげタイム

ショーを観る席

象ショーを観る席は4箇所あります。

ショーを観る席でオススメの場所
オススメの場所

自由席なのでどこに座っても大丈夫ですが、炎天下でなければ屋根がない正面の向かい側の席が絶対にお勧めです!

サッカーゲームやダーツ対決がいちばん近くで観れ、舞台袖で待機している象が真横にいるからです。

象乗りコース

メーサー・エレファント・キャンプの料金表:象乗り
料金表:象乗りコース

象に乗って山道をトレッキングするコースです。

コース料金時間
ミニコース800バーツ15分
ショートコース1000バーツ25分
ロングコース1500バーツ45分
長族の村に行くコース4000バーツ45分

のっしのっしと歩く象の背中に乗って森の中を歩く象のトレッキングは日本ではまず体験できないのでオススメです。

象の背中は想像以上に高くかなり揺れるので、はじめは少し怖いですがすぐに慣れます。

個人的にはショートコース1000バーツ(3000円)25分がおすすめです。

象使いコース

IMG 4177
料金表:象使いコース

象の接し方やコマンドの講習を受けた後、約2時間のゾウ使い体験ができるコースです。

大人2500バーツ、子供1500バーツ

  • 09:00〜11:00
  • 11:30〜13:30
  • 14:00〜16:00

象が好きな方なら絶対にオススメです。

*筆者は未経験です。

象飼育コース

IMG 4180
料金表:象飼育コース

象の餌やりやからだにブラシをかけるなど象の世話を体験できるコースです。

1日コース2000バーツ
半日コース1300バー

筆者は未経験です。

園内MAP:メーサー・エレファント・キャンプ

メーサー・エレファント・キャンプの園内MAP
メーサー・エレファント・キャンプの園内MAP

メーサー・エレファント・キャンプはメーサー川に隣接するメーサー渓谷を切り開いてつくられた施設で、園内には象のトレッキングコースや象の水遊び場、赤ちゃん象の飼育場などさまざまな施設があり、自由に見学することができます。

メーサー・エレファント・キャンプの象と象使いの名簿
メーサー・エレファント・キャンプの象と象使いの名簿

2019年9月現在、78頭の象とカレン族の象使いが暮らしています。

入り口
メーサー・エレファント・キャンプの入り口

左わきの窓口で購入したチケットを入り口の係りに渡すと半券がもぎられて返ってきます。

IMG 4172 4
メーサー・エレファント・キャンプの橋

川にかかる橋を渡り右に曲がると象の水遊び場と記念写真を撮る場所があります。

象の餌売り場

IMG 4163
象の餌売り場

園内には所々に象の餌売り場があります。バナナ・砂糖きびが一房40バーツ。

餌を持っていると象が欲しがるので象使いが優先してくれます。象と仲良く写真を撮りたい方はマストアイテムです。

象の水遊び場

象の水遊び場
象の水遊び場

ショー直前だったので象がいません。

記念写真を撮る場所

IMG 4134
餌を待っている象

象使いの指示のもと象がいろいろなポーズを取ってくれます。餌を持ってうろうろしていると象使いに呼ばれます。

記念写真ゾーン
象と一緒に記念写真
IMG 4139

象をひざまずかせて膝に座らせてくれたりします。

膝に座らせてくれたり、帽子をのせてくれたり、ほっぺにキスをしてくれたり、象によって写真のポーズはまちまちです。

象のショーグラウンド

ショーの時間は1時間、開始前に英語・中国語・日本語でメーサー・エレファント・キャンプの成り立ちや運営状況の説明があります。

メーサー・エレファント・キャンプのエレファントパレード
エレファントパレード
デモンストレーション
デモンストレーション
デモンストレーション2
ダンスショー
サッカー
サッカーゲーム
メーサー・エレファント・キャンプの象のお絵かき
お絵かき

象が描いた絵は売店で販売しています。

象のマッサージ
マッサージ
メーサー・エレファント・キャンプのダーツゲーム対決
ダーツゲーム対決
運搬
伐木搬出
餌やり

ショーが全て終わると餌やりと記念撮影です。

象の餌やり−1
象の餌やり

先ほどもふれましたが、炎天下でなければ(正面向かい側)屋根がない席がお勧めです!*特に右端。

メーサー・エレファント・キャンプお土産屋

メーサー・エレファント・キャンプお土産屋
メーサー・エレファント・キャンプのお土産屋

観光地のお土産屋さんは少し高いイメージがありますが、 メーサー・エレファント・キャンプのお土産屋は安くて種類が豊富です。

ばらまき用のお土産や象グッツを集めている方はぜひのぞいてみてください。

メーサー・エレファント・キャンプお土産屋で売っているカレン族の象使いのキーホルダー
カレン族の象使いのキーホルダー
メーサー・エレファント・キャンプお土産屋で売っているノート
ノート:150円
メーサー・エレファント・キャンプお土産屋で売っている象のアカスリ
アカスリ:240円
メーサー・エレファント・キャンプお土産屋で売っている象のティッシュケース
ティッシュケース:150円
メーサー・エレファント・キャンプお土産屋で売っている象のキーホルダー
キーホルダー:60円
メーサー・エレファント・キャンプお土産屋で売っている象のマグネット
マグネット:100円

赤ちゃん象の飼育エリア

メーサーエレファントキャンプの赤ちゃん象の飼育エリア
メーサーエレファントキャンプの赤ちゃん象の飼育エリア

エレファントショーのグラウンドから西に400m歩くと赤ちゃん象の飼育エリアがあります。

赤ちゃん象はちゃっかりしていて、バナナを持っていないと近くに来ません。

メーサーエレファントキャンプの象の赤ちゃん

バナナをあげると鳴きますよ!

メーサーエレファントキャンプの象の赤ちゃん

柵越しに赤ちゃん象に餌をあげるなんてなかなかできない経験なんで、ぜひ。

鼻とかなでても大丈夫です!*一応、係の方に許可を得てください。

象の親子
赤ちゃん象にあげた餌を横取りする親象

ただ、人間と違ってほとんどの餌を親が横取りします。

象が好きな方におすすめの記事。

チェン・ダーオ 象の訓練センター 穴場の象キャンプ!象を独占したい方向け

タイ・象の保護センター ラムパーン県森林機構 象の飼育センターが有名

チェンマイの木彫り象博物館【Baan Jang Nak】 木彫りの象をお探しの方

その他のメーリムエリアの観光スポットはこちらをご覧ください。