タイ産マンゴー10品種食べ比べ 味の特徴と旬の食べ頃

タイ産マンゴー10種類の味の特徴と旬の食べ頃をご紹介します。

日本で一個数百円、数千円もする高級マンゴーがタイの市場では一個30円~60円と驚くほどの安さです!

この記事を参考に、タイ旅行ではいろいろなタイ産マンゴーを食べて比べてみてください。

品種

タイのマンゴーはタイに古くからある地方種、世界各国から導入された品種、品種改良によって生み出された新品種などを含め170種類以上あり、現在もなお品種改良が重ねられ毎年新しい品種が生まれています。

旬の時期

タイのマンゴーの旬は品種やその年の気候によっても異なりますが、一般的にタイ中部地方は3月から4月、タイ北部とイサーン(タイ東北部)地方は5月から6月頃です。一年中流通していますが、特にこの時期のマンゴーは香りが良くおいしいです。

関連記事:タイ産ドリアン3種食べ比べ 味の特徴と食べられる時期




代表的なタイ産マンゴー10種類一覧表

品種名特徴タイ語名英語名
1ナムドークマイタイで最も多く生産されている品種มะม่วงน้ำดอกไม้Namdokmai
2マハチャノック独特の香り มะม่วงมหาชนกMahacharnok
3チョークアナン小ぶりで濃厚な甘さมะม่วงโชคอนันต์ Chok Anan
2オグロン小ぶりで甘酸っぱいมะม่วงอกร่องOkrong
6キイアオサウェイ未熟でも完熟でも美味しいมะม่วงเขียวเสวยKiew Savoey
7デーンチャックラパット超高級マンゴー「太陽のタマゴ」と同じ品種มะม่วงแดงจักรพรรดิ์Deen Chakraphat
8アートゥーイートゥーソフトボール大の丸い実อาร์ทูอีทูArtuItu
9ジンホン台湾マンゴーの品種改良จินหงchinhog
10マンシィウィチャイフローラルな芳香と濃厚な甘みを持つ新品種มันศรีวิชัยSriuichai

ナムドークマイ

ローカル市場に並ぶナムドークマイ
ローカル市場に並ぶナムドークマイ(1kg20B〜25B)

タイで最も多く生産されているマンゴーで、現在タイ国内では以下の6品種が栽培されています。

人気の品種はナムドークマイ4号とナムドークマイシートーンで、特にチャチューンサオ県バーンクラー郡で栽培されたものが高級品として取引されています。

品種名タイ語名英語名品種番号
ナムドークマイน้ำดอกไม้Namdokmai00074
ナムドークマイタワイน้ำดอกไม้ทวายNamdokmai Thawai00075
ナムドークマイ 4 号น้ำดอกไม้เบอร์ 4Namdokmai No.400076
ナムドークマイ 5 号น้ำดอกไม้เบอร์ 5Namdokmai No.500077
ナムドークマイプラプラデーンน้ำดอกไม้พระประแดงNamdokmai Phrapradaeng00078
ナムドークマイシートーンน้ำดอกไม้สีทองNamdokmai Sithong00079
ナムドークマイスパンน้ำดอกไม้สุพรรณNamdokmai Suphan00080

出所:タイ農業振興協会(http://www.kasetporpeang.com/

熟したナムドークマイ
熟したナムドークマイ

果皮は黄色、熟すにつれ鮮やかなレモンイエローへと変わります。

形状は細長くヘタ側は丸く、反対側の先端は尖った形をしています。

水がしたたり落ちるしずくの形に似ていることから、タイ語で花のしずくという意味のナムドークマイと呼ばれています。 

カットしたナムドークマイ

果肉は繊維質が少なく舌触りが滑らかで、とろけるような食感があります。  

味にクセがなくコクのあるまろやかな甘みと程よい酸味が特徴です。

日本人に人気のカオニャオマムアン(もち米とマンゴーのデザート)や、マンゴーチーズケーキの材料としても使われます。

マハチャノック

ローカル市場に並ぶマハチャノック(1kg30B〜35B)
ローカル市場に並ぶマハチャノック(1kg30B〜35B)

マハチャノックは日本への輸出も行われているマンゴーです。

サンセット種とナングランワン種が偶然交配して生まれた品種で、故プミポン国王に献上したところ「マハーチャノック」と命名されたそうです。

熟して食べごろのマハーチャノック
熟して食べごろのマハーチャノック

果皮は緑色とオレンジ色に染まり、熟すにつれ赤みを帯びできます。

形状は細長い楕円形で先端部は丸みを帯びています。

IMG 6624

果肉は繊維質が少なくとろけるような食感があります。

ナムドクマイ種よりも甘味は少ないですが、桃とプラムあわせたような上品な香りが特徴的で、マンゴーを食べている間ずっと良い香りをかいでいる状態です。

香りを楽しみたい方におすすめのマンゴーです。

チョークアナン

ローカル市場に並ぶチョークアナン(1kg10B〜20B)

チョークアナンは1年に2回実がなる二季なり性のマンゴーです。

2016年に日本への輸出が解禁されています。

熟して食べごろのチョークアナン

果皮は黄色、熟すにつれ黄色みが強くなり食べ頃になるとレモンイエローになります。

果皮に少ししわが入るくらいが食べごろ(完熟)です。

形状はころっとかわいいたまご型。少し小ぶりで200g程度です。

果肉はカットすると鮮やかなオレンジで、トロピカルフルーツのような甘い香りが漂います。

食感はとろけるというよりは、なめらかなメロンの食感(メルティング質)にちかいです。

食味は申し分なく、豊かな香りと蜜のような芳醇な甘みに爽やかな酸味が加わったバランスがとれたマンゴーです。

完熟すると糖度は20度を超え、まったりとした甘味と適度な酸味がほどよくマッチし、なめらかな舌触りをしています。

タイのローカル市場では1kg60円〜120円で売っていますので、マンゴー好きなら、現地で果物ナイフを買ってでも、絶対に食べておきたいマンゴーの1つです。

オグロン

ローカル市場に並ぶオグロン(1kg35B)
ローカル市場に並ぶオグロン(1kg35B)

オグロンはタイに古くからある地方種で、現在タイ国内では以下の11品種が栽培されています。

品種名タイ語名英語名品種番号
オグロンอกร่องOkrong00161
オグロンカティอกร่องกะทิ Okrong Kati00162
オグロンカーオอกร่องขาวOkrong Khao00163
オグロンキイアオอกร่องเขียวOkrong Khiao00164
オグロントーンอกร่องทองOkrong Thong00165
オグロントーンカムグラーンパンอกร่องทองดำกลายพันธุ์ Okrong Thongdamklaiphan00166 
オグロンサイヨーックอกร่องไทรโยกOkrong Saiyok00167
オグロンピクトーンอกร่องพิกุลทองOkrong Phikunthong00168
オグロンポンティップอกร่องภรณ์ทิพย์Okrong Phonthip00169
オグロンマンอกร่องมันOkrong Man00170 
オグロントーン อกร่องหอมทองOkrong Homthong00171
IMG 2464
熟して食べごろのオグロン

果皮はやや緑味を帯びた薄い黄色、熟すにつれてレモン色へと変わります。

形状は細長いまる石のような形をしています。

IMG 2478

果肉は白っぽく、フォークを刺すとその段階で果汁が湧きでてくるほどのみずみずしさが特徴です。

豊かな甘さだけでなく、 酸味がかなりあるので爽快感があります。

レモンシャーベットに蜂蜜をかけたような味です。

甘酸っぱい食べ物が好きな人におすすめなマンゴーです。

デーンチャックラパット

タイのローカル市場に並ぶデーンチャックラパット
タイのローカル市場に並ぶデーンチャックラパット(1kg20B)

デーンチャックラパットは日本国内で超高級品として名を馳せている宮崎の『太陽のタマゴ』と同じ品種(アーウィン種)です。 

宮崎産太陽のタマゴは1個4000円くらいしますが、タイのローカル市場では1個40円ほどです。

熟して食べごろになったデーンチャックラパット
熟して食べごろになったデーンチャックラパット

果皮はリンゴのように赤と緑に染まり、熟すにつれ鮮やかな赤紫へと変わります。

形状は卵型で大きさは約1kg、他のマンゴーと違いずっしりとした重量感があります。

タイ語で赤い皇帝という意味のデーンチャックラパットと呼ばれていますが、 まさにその名にふさわしく、ただただひたすらに美味いだけのマンゴー です。

IMG 2450

果肉はカットすると鮮やかなオレンジで、爽やかな香りが漂います。

IMG 2454

タネが小さくて果肉がたっぷりなのでかなり食べ応えがあります。

IMG 2457

果肉はみずみずしくジューシーで食感はやわらかいけれど程よい硬さの歯ごたえあります。

酸味がほとんどなく、繊維質も少ないので、糖度15度以上の濃厚な甘さをダイレクトに堪能できます。

タイのスーパーに並ぶデーンチャックラパット

ローカル市場の店主曰く、綺麗に色付いたものは良い値段で高級スーパーに出荷するから、市場には不細工なものしかないけど味は一緒だよ。とのことです。

超高級マンゴーをお腹いっぱい食べてみたいという方におすすめのマンゴーです。

アートゥーイートゥー

ローカル市場に並ぶアートゥーイートゥー
ローカル市場に並ぶアートゥーイートゥー(1kg20B)

アートゥーイートゥーは、オーストラリアで(ケント種を品種改良して)生まれた品種で、タイへの入荷は1994年からはじまりました。

IMG 2429
熟して食べごろになったアートゥーイートゥー

果皮は黄色とオレンジ色、熟すにつれ赤色へと変わります。

形状は球形で普通サイズは300g(男性の拳)、大きいものは800g(ソフトボール)の大きさになります。

未熟・中熟・完熟で3つの違った味を楽しめるマンゴーです。

IMG 2430

中熟の果肉はカットすると鮮やかオレンジで、柑橘系の爽やかな香りが漂います。

IMG 2431

中熟の果肉は少し硬めで、しっとりもっちりした独特の食感があります。

糖度は低いですが、ふんわりとあっさりした甘みが口の中に広がります。

他の品種と比較すると肉厚(果肉割合81%)で食べ応えがあります。

IMG 2428
完熟したアートゥーイートゥー

完熟まで待つと、茶色がかった赤みの深い山吹色に色付きます。

IMG 2434

完熟の果肉は少しねっとりし、アボガドのようなパパイヤのような独特な食感になります。

もちろん、糖度はぐっと上がり、芳醇な甘みも楽しめます。

良い意味でマンゴーっぽくないマンゴーなので、マンゴーが苦手な方におすすめです。

ジンホン

ローカル市場に並ぶジンホン
ローカル市場に並ぶジンホン(1kg30B)

台湾マンゴー(金煌)を品種改良した新種のマンゴーです。

果皮は黄緑色、熟すにつれ黄色へと変わります。

形状は細長く、収穫時の重さは1kgを超えるものが多く、大きなものでは2kg以上になります。

IMG 2503
収穫から7日目のジンホウ(金煌)マンゴー

ジンホウ(金煌)マンゴーは追熟型のマンゴーで、食べごろは収穫から10日前後です。*2週間くらいが完熟。

IMG 2504

果肉をカットすると鮮やかな黄色で先端部は白みがかっています。

IMG 2510

多品種よりもやや酸味が強い部分もありますが、豊富な果肉と繊維が少ないことが特徴です。

お腹いっぱいマンゴーを食べたい方におすすめなマンゴーです。

キイアオサウェイ

ローカル市場に並ぶキイアオサオイ(1kg25B)
ローカル市場に並ぶキイアオサウェイ(1kg25B)

未熟(青マンゴー)の代表格として知られるキイアオサウェイですが完熟もかなり美味しいです。

IMG 2532

果皮は深緑、熟すにつれ黄色を帯びた黄緑色へと変わります。

指で軽く押して少しへこむようになると(完熟の)食べ頃です。

形状は細長いまる石のような形をしています。

果肉は淡い黄色です。

色からして固そうなイメージがありますが、果皮と果肉の間にペティーナイフを入れるとスーっと切れます。

鮮やかなレモン色

柔らかいけどもっちりとした弾力がある食感が特徴です。

豊かな甘みと青リンゴを思わせる爽やかな酸味がバランスよくまとまっています。

爽やかなマンゴーを食べてみたい方におすすめです。

マンシィウィチャイ

ローカル市場に並ぶマンシィウィチャイト(1kg20B)
ローカル市場に並ぶマンシィウィチャイ(1kg20B)

マンシィウィチャイは青々とした緑の果皮と、一度嗅いだら忘れられないフローラルな芳香を持つ新種のマンゴーで、未熟・完熟2つの味が楽しめます。

濃厚なマンゴーの甘みを楽しめるのはもちろんですが、このマンゴーの大きな特徴は皮ごと食べられることです。

IMG 2480

深緑の果皮が黄色みを帯びて黄緑色になったら食べ頃です。

手でさわると柔らかさを感じます。

IMG 2481

果肉をカットするとみずみずしい鮮やかオレンジ、フローラルな芳香が漂います。

IMG 2488

濃厚な甘さとなめらかな食感もさることながら、鼻から抜けるマンゴーらしからぬフローラルな香りがとにかく素晴らしいです。

一度嗅いだら忘れられないほど、印象のいい香りです。

IMG 2513

そして、このマンゴーは「皮ごと食べられる」ことも大きな特徴です。

ですので、このように皮付きのままカットしても美味しくいただけます。

IMG 2499

皮はエグみがなく、濃厚なマンゴーの甘さに金柑やオレンジピールのような爽やかな苦味が加わり美味しさが倍増します。

マンゴーマニアの方にオススメのマンゴです。

マンゴーを食べる時の注意点

市場で買ってきたマンゴーはまず洗いましょう。

買ってきてすぐに冷蔵庫で保存すると追熟が止まってしまいます。食べごろになるまで常温に置いて追熟させましょう。

指でツンツンして少しへこんだら食べごろです。

マンゴーは(漆)うるし科の植物なので、マンゴーを触った手で顔や体の部位を触るとかぶれる時があります 。

市場でマンゴーを選ぶ時(さわる時)は気をつけてください。

タイの市場でマンゴーを触っていたらよ翌日にマンゴー皮膚炎になった
マンゴー皮膚炎

マンゴー皮膚炎になるとかなり痒いです。筆者は赤い発疹だけでしたが、人によっては水ぶくれのようになるそうです。

薬局で処方された軟膏(ステロイド外用剤)を塗って4日〜5日で治りました。

まとめ

日本で一個数百円、数千円もする高級マンゴーが筆者が現在暮らしているチェンマイの市場では一個30円~60円と驚くほどの安さです!

タイ旅行ではぜひ色々な品種のマンゴーを食べて比べてみてください。