【タイ ゲテモノ料理】チェンマイで食されているゲテモノ料理10選

 2019年4月5日
【タイ ゲテモノ料理】チェンマイで食されているゲテモノ料理10選

タイのチェンマイでは一般的に食されているけど、日本人なら誰もがびっくりするようなゲテモノ料理を10品ご紹介します。

食べられる場所も併せて紹介していますので、勇気のある方はぜひチャレンジしてみてください!

幼虫スナック(竹虫スナック)

チェンマイのワロロット市場に売っている芋虫の素揚げ

  • タイ語|ロットドゥアン
  • 英語|バンブーワーム
  • 日本語|タケツトガ(竹虫)

幼虫スナックはチェンマイの特産品なので、マーケットや大型ショピングセンターで手軽に買うことができます。

日本では竹虫と呼ばれている竹を食べる蛾の幼虫を素揚げにしたもので、

香ばしくビールのおつまみによくあいます。

http://www.thaiarcheep.com/หนอนเยื่อไผ่-รถด่วนแซงท.html
▲竹虫が寄生した竹を割った写真

見た目は気持ち悪いですが、食べてみると美味しいですよ。

大型スーパーや市場で購入できます。

チェンマイ地元民のワロロット市場の歩き方

赤蟻の卵

蟻の卵
赤蟻の卵はタイ北部、タイ東北部のローカル市場では普通に売っている食材です。

チェンマイでは北部郷土料理店で卵焼きやスープの具材として使われています。

IMG 0222
味の方は納豆と白子を合わせたような感じで、卵を噛んだときに、とろっとクリーミーな味わいがします。

辛くないので辛いのが苦手な方でも食べられますが、たまに孵化したアリんこさんもいます。

チェンマイのローカル市場ではおちょこ一杯分30バーツほどで売られています。

北タイ郷土料理店では女子大生が普通に食べています。

北タイ料理店『ハーントゥンチェンマイ』に女子大生が押し寄せる理由

サワガニのわた(卵巣・中腸腺)

サワガニ味噌
沢カニの甲羅のをはずして中にあるオレンジ色の部位を集め、

卵、醤油、調味料で味付けし、カニの甲羅に戻して焼く。なんとも手間のかかる料理です。

タイ北部(チェンマイ)では昔から伝わる郷土料理で、昔は貧しい人の食べ物だったようです。

味は塩気の強いウニと言った感じで、もち米や野菜と一緒に食べます。

サワガニ味噌のパスタ-1

チェンマイにはパスタにして提供しているお店もあります。

サワガニ味噌のパスタ-2

チェンマイの台所タニン市場で買うことができます。

チェンマイの台所『タニン市場』おすすめ人気グルメ&スイーツ30選

カエルの姿焼き

串焼きしたカエル

カエルの串焼きは美味しそうですが、まだ、チャレンジしたことがありません。

チェンマイのローカル市場では活きたカエルを売っています。食用カエルかそこらへんにいるカエルか知りません。

旧市街お堀の右上ムアンマイ市場で買うことができます。

『ムアンマイ市場 』チェンマイで生鮮食品を扱う市場としては最大級

孵化直前のゆで卵

孵化直前のゆで卵

孵化前のアヒルの卵を茹でて串焼きにしたものです。

東南アジア、特にフィリピン(バロット)とベトナム(チュヴィロン)ではわりと一般的みたいです。

孵化直前のゆで卵の串焼き

チェンマイのローカル市場でゆで卵の串焼きだと思って注文したら、

どっちがいい?みたいなことを聞かれたので、

よーく見たら、雛の姿がほぼ出来上がっちゃってる!

雛の羽根が見える!

卵は手前から奥に行くにしたがって徐々に雛の姿になっていきます。

おばちゃん曰く、味が違うとのこと。

雛の姿になるにつれてお肉の味がするんでしょうか?

食指が動いた方はトンガーイの定期市へ

蜂の子

チェンマイのローカル市場で売っている蜂の子

チェンマイ中心地から少し離れた定期市場では蜂の幼虫、蛹、成虫が売っています。

ローカル市場では外国人が珍しいこともあり、お店のおばちゃんたちによく味見を勧められます。

チェンマイのローカル市場で売っている蜂の子

写真を撮ろうとしたら、わざわざ、穴から成虫を引っ張り出して並べてくれました。

甘露煮とかフライなら食べれますが、ナマ食はちょっと無理です。

蜂の子は健康や美容に良いみたいで、日本では高級珍味として缶詰や瓶詰で売られているそうです。

食指が動いた方はトンガーイの定期市へ

バッタ・コオロギの素揚げ

ゲテモノ扱いされる昆虫食ですが、今、ぼくが住んでいるタイではわりと日常的に昆虫を食べている方がいます。

かく言うぼくも、バービアで飲むときの定番つまみはバッタの唐揚げです。ビールにあいますよ!

ナイトマーケットでバッタ、コオロギ、タガメ、芋虫など、昆虫の唐揚げが40円ほどで売っています。


こちらはコオロギ。個人的にはバッタのほうが好きです。

食指が動いた方はロイクロ通りへ

淡水海老の踊り食い

タイ式エビの踊り食い

活きた淡水海老と唐辛子、ナンプラー、ライム、コブミカンの葉などをまぜて食べるタイ式エビの踊り食いです。

パヤオ県やチェンマイの湖や貯水池近辺に、このグンテン(タイ式エビの踊り食い)を提供するお店が多くあります。

お店によりまちまちですが、チェンマイのお店では蓋つきのお椀ででてきます。

グンテンにいれる唐辛子は2種類あり、プリックソット(小粒生唐辛子)かプリックヘーン(一味唐辛子)を選べます。

殺菌作用のため唐辛子とお酢が必ず入るので辛いのが苦手な方は無理かも。

生は怖いという方は、ボイルしてもらいましょう。味はゆで桜海老を酸っぱ辛く和えた感じです。

食レポはこちらチェンマイの隠れた観光名所!市内から20分のフワイトゥンタオ湖

もみじラーメン(鶏足)


鶏足をゲテモノに分類するかどうかは微妙ですが、はじめて目にする方はグロいかもしれません。


味の方はコラーゲンたっぷり、ぷるぷるしてかなり美味しいですよ!

チェンマイには美味しいタイラーメンのお店がたくさんありますので、ぜひ食べてみてください。

黒鳥ラーメン

チェンマイのローカル市場で売っている真っ黒な鶏の肉
チェンマイやチェンラーイ県のローカル市場では真っ黒な鶏の肉が売っています。

真偽のほどは定かではありませんが、奇跡のニワトリと言われているインドネシアジャワ島原のアヤムセマニという話も。

黒鳥のタイラーメン
味の方は、身が締まっていて弾力があり、噛むと口の中に旨味がジュワッと広がる感じです。

毎週金曜日の朝に開催する金曜朝一で食べることができます。

雲南ムスリム市場

“HIRO”
ゲテモノ料理は自己責任でお願いします。