【ポーン・ブア・バーン温泉】喧噪を忘れる癒しのひなびた温泉

チェンマイ県プラーオ郡ののどかな田園風景の中にある「ポーン・ブア・バーン温泉」をご紹介します。

ひなびた温泉愛好家の方、

静寂をもとめて静かな場所でゆっくり過ごしたい方、

個室温泉にとにかく安く浸かりたい方におすすめな温泉です。

道中の山間の景色が素晴らしいので、ツーリングが好きな方に特におすすめです!




ポーン・ブア・バーン温泉 営業時間

名称ポーン・ブア・バーン温泉
タイ語名น้ำพุร้อนโป่งบัวบาน
英語名Pong Bua Ban Hot Springs
所在地Googleマップでひらく
営業時間10時00分〜20時00分
入浴料露天風呂10バーツ、個室貸切20バーツ・40バーツ
アクセスチェンマイ市街地からソンテウ・ミニバンで1時間30分

ポーン・ブア・バーン温泉へのアクセス

ポーン・ブア・バーン温泉はチェンマイ中心市街地から国道1001号線を北に80km、車で1時間半の場所にあります。

レンタルバイク

DJI 0256 MP4 2020 01 03 17 43 06 726

国道1001号線は交通量が少なく道路も整備されているので、日本で原付バイクを運転したことがある人にはレンタルバイクがおすすめです。

山間部に入るとご覧の通り、めったに車も通ることのない静か〜な道が続きます。

DJI 0250 MP4 2020 01 04 14 27 02 363

北タイの自然を感じながらバイクで疾走できますよ!

ポーン・ブア・バーン温泉の5km手前にあるガソリンの自販機
ポーン・ブア・バーン温泉の5km手前にあるガソリンの自販機

山間部にはガソリンスタンドはありませんが、自販機や売店で燃料補給できます。

チャーターソンテウ

往復で500バーツ〜1000バーツが相場です。せっかくなら、道中にあるブアトーン滝と伝説の七色の泉も一緒にまわってもらいましょう。

ミニバン

PREMPRACHA TRANSPORTのミニバン(13人乗り)
PREMPRACHA TRANSPORTのミニバン(13人乗り)

チェンマイ第2ターミナルからPREMPRACHA社のミニバンが毎日運行しています。サンサーイ、プラーオ郡方面は運賃150バーツ。

温泉近くの国道1001号線下車、徒歩12分です。*温泉から帰りの足がありません。

路線ソンテウ

チェンマイ第1ターミナルとワロロットバス停から濃赤色の路線ソンテウが出ています。運転手に確認をしましたが、温泉まで行ってくれるそうです。運賃は50バーツ。*温泉から帰りの足がありません。

行きに利用した運転手に、(プラーオバス停の)帰りに寄ってもらうという交渉もできますが、旅行者の方には再現性が低いです。

関連記事:チェンマイ郊外観光の交通手段

温泉の入り口

DJI 0250 MP4 2020 01 04 14 26 33 209

国道1001号線から外れた1本道を5〜6分走ると左手に鳥居のようなゲートがあります。

DJI 0236 MP4 2020 01 06 08 06 20 976

ゲートをくぐり道なりに100mほど進むと温泉に到着です!*国道1001号線から徒歩12分

ポーン・ブア・バーン温泉の施設

ポーン・ブア・バーン温泉の無人の受付
温泉の入り口わきにある無人の受付

入場料および駐車料金は無料です。

ポーン・ブア・バーン温泉の売店

入り口の反対側に売店があるので、飲み物などは用意して行かなくても大丈夫です。

ポーン・ブア・バーン温泉の看板
ポーン・ブア・バーン温泉の看板

敷地内には貸切風呂の小屋が2棟、露天風呂、足湯、東屋などがあります。

ポーン・ブア・バーン温泉の露天風呂

水着着用の露天風呂は入浴料10バーツです。

ポーン・ブア・バーン温泉の露天風呂を楽しむ地元の方々
露天風呂のまわりにベンチを設けて談笑している地元の人々

地元の方々の憩いの場という感じです。

ポーン・ブア・バーン温泉の足湯
ポーン・ブア・バーン温泉の足湯

露天風呂の横には無料の足湯もあります。

ポーン・ブア・バーン温泉の個室温泉施設
ポーン・ブア・バーン温泉の個室温泉施設

全裸で温泉を楽しみたいは個室がおすすめです。

敷地の奥にある2つの小屋が個室温泉施設で、左の棟には1人用のクレイドル浴槽の個室が廊下を挟んで6部屋あります。

右の棟には2人〜3人用の円形タイル浴槽の個室が2部屋あります。

個室使用料はクレイドル浴槽が20バーツ、円形タイル浴槽が40バーツです。

使用時間は特に決まっていません。

筆者は円形タイル浴槽の個室を利用させていただきました。

ポーン・ブア・バーン温泉の個室の鍵
ポーン・ブア・バーン温泉の個室の内鍵

個室は内鍵がかかるので女性でも安心して利用できます。

ポーン・ブア・バーン温泉の個室のベンチ
ポーン・ブア・バーン温泉の個室のベンチ兼荷物置き場
ポーン・ブア・バーン温泉の個室の鏡
ポーン・ブア・バーン温泉の個室の鏡
ポーン・ブア・バーン温泉の冷水シャワー
冷水シャワー
ポーン・ブア・バーン温泉の天井にある扇風機
天井にある扇風機
ポーン・ブア・バーン温泉の個室の円形タイル浴槽
円形タイル浴槽

肝心の浴槽の方は大人3人が入れる大きさで、深さは首まですっぽりと浸かれます。

左側の赤いコックが温泉で、源泉の温度は我慢すれば直接さわれるので、おそらく50℃前後だと思います。

円形タイル浴槽の冷水

右側の水色のコックが冷水です。

かなり水圧が高いので、温泉を楽しんだ後に一度水を全部抜いて水風呂が楽しめます。

東屋
ポーン・ブア・バーン温泉のあずま屋

敷地内には東屋も4軒設置されているので、吹き抜ける涼しい風に癒されることもできます。

少しさびれていますが、外国人でも優しく受け入れてくれる心も体もあたたかくなる温泉です。

関連記事:チェンマイの日帰り温泉20選!露天風呂から秘境温泉まで