チェンマイでタイ語勉強中

感動の人生初マラソン!第12回チェンマイマラソンを走り終えて

感動の人生初マラソン!第12回チェンマイマラソンを走り終えて

昨日(2017年12月24日)に行われた「第12回チェンマイマラソン」に参加してきました!

世界55カ国から1万人以上が参加する大規模なマラソンで、街全体が一体となって盛り上がり、ソンクラーン(タイ最大のイベント)にも似た雰囲気でかなり良かったです。

来年はみなさんにも是非参加してもらいたい!

ということで、2018年に参加される方のためにチェンマイマラソンの申込からレースキッド受取までの流れレース当日の移動方法などをお伝えしたいと思います。

チェンマイマラソンはこんな大会

チェンマイマラソン参加国

外国人観光客誘致の一環としてはじまったチェンマイマラソンは今大会(2017年)で12回を数えます。

健康志向、空前絶後のマラソンブームで、大会参加者は回数を重ねるごとに増え、

  • 2012年第7回 32カ国
  • 2013年第8回 38カ国
  • 2014年第9回 39カ国 事前申込3,200名、うち外国人1,824名
  • 2015年第10回 52カ国 事前申込6,119名
  • 2016年第11回 53カ国 事前申込11,000名、うち外国人2,973名

2017年第12回の今大会は世界55カ国から1万人以上が参加しました。

現在ではタイで最も外国人ランナーが走るマラソン大会と言われています。(*主催者発表)

チェンマイマラソン申込方法

こちらのサイトhttp://payjogandjoy.com/より申込できます。

アカウント作成→個人情報を入力→レースの距離選択→支払いはPaypalか銀行振込→マイアカウントで支払確認

ちなみに僕は銀行振込でしたが、StatusがCompletedになるまで(支払済み)1週間ほどかかりました。(はじめてだったので心配しました)

レースの距離選択

チェンマイマラソンは楽しく走ることを目的としたレースなので、みなさんのレベルに合った距離を選びましょう!

人生で10km以上走ったことのない人がいきなりハーフマラソンに参加すると、翌日、とんでもないことになります。←ぼくですけど

  • フルマラソン(42.195km)締切人数4000人
  • ハーフマラソン(21.1km)締切人数4000人
  • ハーフマラソン(10km)締切人数5000人
  • スマイルマラソン(3km)締切人数700人
  • キッズマラソン(3km)締切人数300人

レース参加費用

参加費用は距離と申込月(6月、9月、10月、12月)によってことなります。

チェンマイマラソンのレースの距離と参加費

レース賞金

ぼくには無縁ですが賞金は以下の通りです。

  • フルマラソン|1位1万バーツ、2位8千バーツ、3位7千バーツ、4位6千バーツ、5位5千バーツ
  • ハーフマラソン1位7千バーツ、2位5千バーツ、3位5千バーツ、4位3千バーツ、5位2千バーツ
  • ミニマラソン1位3千バーツ、2位2千バーツ、3位1千バーツ

レース前日

レースキッド(ゼッケン)受け取り

チェンマイマラソンターペ門の特設会場

大会前の2日間のうちに特設会場に行ってゼッケンをもらう必要があります。これを忘れたら走れません。

今年2017年は22日(金)23日(土)、ターペ門の特設会場で10:00〜20:00でした。

*代理人でも大丈夫なようでした。(未確認)

受付で身分証明(パスポートorタイの免許証)を提示して引き換え券をもらいます。

*念のため支払明細も持って行きましたが必要ありませんでした。

引き換え券を持って参加レース(距離別)のブースへ行きレースキッドを受取ます。

チェンマイマラソンのマラソンキッド

  • 袋(ピンク)
  • ランニング
  • ゼッケン
  • コース紹介
  • 安全ピン(4本)

ゼッケンの裏に装着されているRTタグ 記録計測機

ゼッケンの裏にタグ(記録計測機)が装着されています。

チェンマイマラソンコース

チェンマイマラソンのコースはスタート地点がゴールになる往復コースです。

ターペ門をスタートしてお堀を4分3周したのちステープ通りを左折、121号線を南下しフルマラソン、ハーフマラソンそれぞれの折返し地点を経てゴールに向かいます。

基本的にほぼ平坦なコースで、知らなければわからない程度の高低差です。詳しく知りたい方は以下のリンクをたどってください。

関連記事

チェンマイ旧市街の城壁をグルッと1周かなり詳しく説明します

気温の方は、チェンマイの12月(早朝)は例年10度から16度くらいなのでマラソンには適温?で走りやすいと思います。ちなみに、2017年は16度でした。

レース当日

ホテルからの移動手段

レース当日、旅行者の方が一番心配なのはホテルからスタート地点(ターペ門)までの移動方法だと思います。

フルマラソンに出場する方はAM4時スタートなのでソンテオ(乗り合いタクシー)は走っていません。

多くの方がスタート地点近くのホテルに宿泊すると思いますが、ウーバーが利用できるので離れているホテルでも大丈夫です。

ぼくはコンドミニアム(ニマンヘミン)からスタート地点のターペ門までウーバーで50バーツでした。

2018年4月Uberは会社ごとGrabTaxiに売却しました。ドライバーなどそのままGrabTaxi(グラブタクシー)に譲渡したので利用方法はUBERと同じです。

関連記事

チェンマイでGrabTaxiを利用する方法と注意点

荷物預かり所

チェンマイマラソンの荷物置き場

特設会場の裏側に荷物預かり所、着替え、トイレなどがまとまっています。

今更ですが、貴重品とパスポートはバックに入れないように。

ぼくは鍵と小銭だけしか持って行かなかったのでランニングポーチを利用しました。

第12回チェンマイマラソンの様子

それでは、初マラソン(ハーフ)の様子をご覧ください。

マラソンのスタート時間はそれぞれ、

  • フルマラソン 4:00スタート
  • ハーフマラソン 5:00スタート
  • ミニマラソン 6:00スタート
  • キッズマラソン 7:00スタート

*ゴールは11:00に閉まるので、時間制限はフルマラソン7時間、ハーフマラソン6時間です。

当日ぼくは4時にウーバーに呼んで4:20ごろスタート地点につきました。ストレッチやアップをしている人が多かったです。

無料で飲食できると知っていたので朝から何も口にしていません。ジュースを3杯もらいました。

チェンマイマラソンスタート地点

4:40頃、スタートラインにいた人たちがぞろぞろ動き出しました。

たまたまスタートラインの近くでうろちょろしていたのでそのまま人の流れについていくと、かなり前方でのスタートに(汗)

ちょースローペース(1km7分)で走るつもりだったので、後方スタートでよかったのに。。。

興奮してというか、みんなにつられて普段よりだいぶ速いペースで走りました。

8kmくらいで足が動かなくなり、そこからスローペースに。

チェンマイマラソン沿道の応援

チェンマイマラソン沿道の応援-2
Iチェンマイマラソン沿道の応援-3

なんども歩こうと思いましたが、折り返しのランナーや沿道の声援に背中をおされ無事ゴールすることができました。

チェンマイマラソンのゴール

タイムは遅いですが一度も歩かずにゴールできました。

IMG 6386

ゴール横に記録計測機があるので、ゼッケンを読み込ませるとタイム、順位などが印刷された紙をもらえます。

無料のバナナ、ハンバーグ、ソーセージ、タイ料理などの飲食ブースが出展していました。

IMG 6388

フルマラソンとハーフマラソンの方はマッサージも無料です。

来年はフルマラソンにチャレンジしてみたいです。

チェンマイのイベント記事一覧へ

最新情報をお届けします



About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイで生活をしはじめて6年になります。

チェンマイ生活で体験したことやタイ旅行の情報を現地からお届けします。

➡︎See more profile