ランプーンのお寺巡りにおすすめ7選!有名どころから隠れた名刹まで

ランプーンのお寺巡りにおすすめ7選!有名どころから隠れた名刹まで

ランプーンはラーンナー(タイ北部)で最初に栄えたエリアであるだけに、格式高い仏塔や由緒ある寺院が多い県です。

今回は誰もが知っている有名なお寺から、隠れた名刹まで選りすぐりの7寺をご紹介します。

ワットサンパーヤーンルアン

ランプーンのワットサンパーヤーンルアン

日本人にはあまり知られていませが、タイで最も美しい寺院の一つに数えられています。

堂内はシルバーとゴールドを基調としたシックで神秘的な雰囲気です。

壁や柱には繊細な彫刻が施されています。

仏像のうえに翡翠の弥勒菩薩が祀られています。

ワットサンパーヤーンルアンのシルバーのナーガ像

シルバーのナーガ像。

鐘楼の脇に象や塔って珍しいですよね(ぼくははじめてみました)

ランナー王朝時代、最初に建立されたと言われており、タイ人には人気のあるお寺です。

細部にわたり細かな装飾が徹底していてイチオシの観光スポットです。

名称|วัดสันป่ายางหลวง
座標| 18.58548, 99.01181

ワットプラタートハリプンチャイ

正式名称ワットプラタートハリプンチャイウォーラマハーウィハーン、タイ北部を代表するタイ最高位の第一級王室寺院。

タイ北部(ラーンナー)で最も美しいと言われている仏塔以外にも22の独創的な建物があり見応えのあるお寺です。

関連記事

古都ランプーンを代表する寺院ワットプラタートハリプンチャイの見所

名称|วัดสันป่ายางหลวง
座標| 18.58548, 99.01181

ワットプラプッタバートタークパー

ワットプラプッタタークパー

読んで字の如く(タイ語)ブッタがこの場所に滞在した際、袈裟を干したと言い伝えがある寺院。

同時にランボー3でランボーが滞在していた寺院でもあります。

ワットプラプッタタークパーの本堂に祀られている仏像

本堂に祀られている仏像

ワットプラプッタタークパーの仏陀の足跡

本尊の下に小部屋というか1mくらいのくぼみがあり、
ワットプラプッタタークパーの仏陀の足跡

布団を一枚敷けるくらい大きい仏陀の足跡が2つあります。

ワットプラプッタバートタークパーの本堂から仏塔に向かう階段

長い長い階段の先に仏塔があります。

かなり離れているのでぼくは自家用車で登りましたが、(5分)。お土産売りのおばちゃんによると、バイクタクシーとソンテオもあるそうです。(料金はききませんでした)

仏塔は修繕中でした。

ワットプラプッタバートタークパーの山頂から望むランプーン市街

山頂からランプーン市街が見渡せます。

敷地が280000平方メートル(東京ドーム6個分)とかなり広いお寺です。

名称|วัดพระพุทธบาทตากผ้า
座標|18.45474, 98.92174

ワットプラユーン

ランプーンのワットプラユーン

バガンの仏塔をイメージさせるようなビラミッド型の塔には仏龕(小室)が設けられ黄金の仏像が祀られています。

ワットプラユーンの入り口

入り口では迫力あるヤック像がお寺を守っています。

右手の建物は女人禁制。

名称|วัดพระยืน 座標|18.57625, 99.02074

ワットドイティ

ランプーンのワットドイティの高層クルーバーシーウィチャイ巨大仏像-1

タイ北部の寺院復興に生涯を捧げた高層クルーバーシーウィチャイが小高い丘の上に鎮座しています。イーペン祭りでコムロイがあがる場所でもあります。

ランプーンのワットドイティの高層クルーバーシーウィチャイ巨大仏像-2

遠くからみると髭をはやしているようにみえますが、

ランプーンのワットドイティの高層クルーバーシーウィチャイ巨大仏像-3

近くでみると蜂が巣を作っていました。

ランプーンのワットドイティの巨大銅鑼

入り口左手(駐車場前)には巨大な銅鑼があります。ワットプラタートハリプンチャイの2倍くらいの大きさです。

ちなみに、世界最大の銅鑼はウボンラーチャターニーのワットタムクーハーサワンにあります。

本堂の周りには十二支が並んでいます。

ワットドイティ前のナコンチャイエアーのバス停

ランプーン中心部から少し離れていますが、目の前がナコンチャイエアーの停留所になっているのでアクセスはいいです。

http://eventsweekly-news.com/2016/11/15/ลำพูนจัดงานโคมยี่เป็งถ/

来年のイーペン祭りはワットドイティも検討されてみてはいかがでしょうか。

名称|วัดดอยติ
座標|18.54765, 99.05277

ワットチャーマテーウィー

ワットチャーマテーウィーのラミッド状の仏塔

ハリプンチャイ王国伝説の女王の名をとったワットチャーマテーウィーはラムプーン中心地より西に位置します。

見所はチャーマテーウィーの遺灰が納められているスワンチャンコートチェディーと称されるピラミッド状の仏塔(ワットクークット)です。

ワットチャーマテーウィーのラミッド状の仏塔

仏塔の高さは21m、ピラミッド状に4面5層構造になっており、各段それぞれ3つの仏龕(小室)が設けられ、計60体の立像が祀られています。

仏像の表情がすべて違い趣があります。

スワンチャンコート チェディーと礼拝堂

仏塔の奥には礼拝堂があり壁画には女王チャーマテーウィーの伝説が描かれています。

ワットチャーマテーウィーの仏像

壁画は現代風というか、新しく描かれたような感じがしました。

名称|วัดจามเทวี
座標|18.58173, 98.99624

クゥーチャーンクゥーマー

ランパーンのクゥーチャーンクゥーマー

クゥーチャーンクゥーマーはランプーンの人々にとって歴史的に重要かつ神聖な場所です。

ランパーンのクゥーチャーンクゥーマーの仏塔

ハリプンチャイ王国の伝説の女王チャーマテーウィーが戦の時に乗った象の牙(緑色)と馬が祀られています。

象の牙には不思議な力が宿っていて牙が向いた方向の敵の力を弱めてしまったそうな。

中心部から少し離れているにもかかわらずタイ人参拝客がたくさんいました。

名称|กู่ช้าง กู่ม้า
座標|18.58661, 99.01782

ランプーンのお寺巡りにおすすめ7選の地図

関連記事

チェンマイからランプーンへのアクセス、ランプーンのタクシー貸切チャーター情報

ランプーン記事一覧へ(6記事)



About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイ生活6年目突入!

現地にいるからこそ知っているチェンマイの穴場スポットや、チェンマイで生活する上で必要な情報をコツコツ書いてます。

情報の鮮度と質にこだわり、タイ語メディアを使って情報収集しています。

➡︎詳しいプロフィール