ハリプンチャイ国立博物館とランプーン博物館の場所と営業時間

ハリプンチャイ国立博物館とランプーン博物館の場所と営業時間

旅先の歴史を知ることで旅行が数倍楽しくなります。今回は手っ取り早くランプーンがわかる!ハリプンチャイ国立博物館とランプーン博物館を紹介します。ランプーンを代表する寺院、ワットプラタートハリプンチャイのすぐ裏なので、観光コースに加えてみてはいかがでしょうか。

ハリプンチャイ国立博物館

ハリプンチャイ国立博物館

ハリプンチャイ国立博物館はハリプンチャイ時代からあった寺院の跡地(ワットプラタートハリプンチャイのすぐ裏)に1927年に開館しました。

博物館1階の副展示ホールには30余りの石碑が展示されており、石碑に刻まれていてるモーン語、ランナー語の碑文から文字の歴史をたどれます。

博物館2階の主展示ホールにはドヴァーラヴァティー様式、ハリプンチャイ様式、ランナー様式の塑像(そぞう)、壺、彫刻、仏像などを粘土で型を抜き焼成した塼仏(せんぶつ)が展示されています。

1階の副展示ホール(石碑)

ハリプンチャイ国立博物館1階の副展示ホール入り口

一階の副ホールは主展示ホールの裏手(駐車場の前)になるので気づかずスルーしてしまう人も多いかもしれません。

ハリプンチャイ国立博物館1階の副展示ホールの石碑-1
ハリプンチャイ国立博物館1階の副展示ホールの碑文

ランプーンのワットチャムテーウィーで発見された12世紀のモン語の碑文

ハリプンチャイ国立博物館1階の副展示ホールの石碑-2
ハリプンチャイ国立博物館1階の副展示ホールの石碑-3ハリプンチャイ国立博物館1階の副展示ホールの石碑-4

お寺や仏塔の写真と一緒に30余りの石碑が展示されていました。

2階の主展示ホール(塑像、壺、彫刻)

ハリプンチャイ国立博物館2階の主展示ホール

2階主展示ホールにはハリプンチャイ以前(ドヴァーラヴァティー王国)ハリプンチャイ、ランナー王朝、3時代の出土品が展示されています。

外国人は入場料20バーツです。

ハリプンチャイ国立博物館2階の塑像の顔

ハリプンチャイ国立博物館2階の塑像の顔

I

ドヴァーラヴァティー、ハリプンチャイ王国時代の塑像の顔立ちが今のタイの仏像とかなり違うのが印象的でした。

IMG 6230

ランナー王朝になると普段よく目にする仏像に近い顔立ちになります。同じ場所なのに時代ごとに仏像の顔立ちがちがうのは興味深かいです。

ハリプンチャイ国立博物館2階別館の陶磁器ハリプンチャイ国立博物館2階別館の陶磁器

順路に沿って隣の別館に歩いていくと、陶磁器などが展示されています。

休館日|月曜日・火曜日
営業時間|9:00~16:00
座標|18.57713, 99.00669
連絡|0 5351 1186
入場料|20バーツ(一応外国人100バーツとなっていますが)
Facebook|https://www.facebook.com/พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติ-หริภุญไชย-ลำพูน-110673672467426/

ランプーン博物館

ランプーン博物館の入り口

ランプーン自治体は文化的に重要な木造建築物を良好な状態で次世代に継承するためにローカル建築保存プロジェクトを施行しており、100年前の建物内部には昔のランプーンの人々暮らしぶりがうかがえる写真や日用品が展示されています。

ハリプンチャイ国立博物館の裏(裏口の目の前)にあるので、こちらの博物館にもぜひ足を運んでみてください。

ランプーン博物館の受付

入館無料ですが受付で記帳を求められます。(国と名前)

展示スペースは3つに分かれいて、1階部分は王室の歴史やランプーン人々の暮らしぶりがわかる写真や古い日用品などが展示されています。

ランプーン博物館の展示物の古い日用品-1

ランプーン博物館の展示物の古い日用品-2

古い日用品はおぼろげに覚えているものがありました。

ランプーン博物館の展示物の古い文房具

コンパスや鉛筆削りなどの文房具は懐かしかったです。

1968年以降のタイ政府発行の古い宝くじ

1968年以降の政府発行の古い宝くじ。

ランプーンの街並み(東にクワン川が流れ、その周りは城壁と城門に囲まれている)が一目でわかる写真、

ランプーン博物館のハリプンチャイ寺院の復旧の写真

ハリプンチャイ寺院の復旧の様子がわかる写真、

ランプーン博物館の当時の人々の暮らしぶりがうかがえるような写真

当時の人々の暮らしぶりがうかがえるような写真、

ランプーン博物館のミスランプーンの写真

ミスランプーンの写真などが展示されていました。

ランプーン博物館の教室のレプリカ

建物の裏側には昔の教室を再現した部屋があり、子供のころを思いだしました。(ここまで古くないですが)

ランプーン博物館の二階-1

さらに、建物のきしむ音に懐かしさを感じながら二階に上がっていくと、昔のままの雰囲気が感じられる部屋があります。

ランプーン博物館の二階-2

年配の方ならタイムスリップしたような気持ちになれますよ。

休館日|なし
営業時間|9:00~16:0
座標|18.57753, 99.00591
連絡|0-5351-1500
入場料|無料

博物館の前がミニバンの停留所になっているのでチェンマイからアクセスが良いです。他にもソンテオや鉄道などの移動手段があります。

関連記事

チェンマイからランプーンへのアクセス情報

ランプーン記事一覧へ(6記事)



About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイ生活6年目突入!

現地にいるからこそ知っているチェンマイの穴場スポットや、チェンマイで生活する上で必要な情報をコツコツ書いてます。

情報の鮮度と質にこだわり、タイ語メディアを使って情報収集しています。

➡︎詳しいプロフィール