チェンマイの交通手段と交通事情・チェンマイ空港からホテルへのアクセス等

 2019年2月13日
チェンマイの交通手段と交通事情・チェンマイ空港からホテルへのアクセス等

チェンマイ国際空港から市内ホテルへ空港タクシー・市内循環スマートバス・シャトルバス・ソンテウ・レンタカーを利用したアクセスと、

チェンマイ市街地中心部の交通手段・移動手段をチェンマイの交通事情を交えてご紹介します。

この記事は2019年1月19日現在の情報です。運行状況や料金など変わることもありますので、あらかじめご了承ください。

チェンマイ空港からの交通手段

空の玄関口となるチェンマイ空港はチェンマイ中心市街地から5km〜8kmと近く、空港タクシー、シャトルバス、スマートバス(チェンマイ市街地中心部循環バス)、乗り合いタクシーなど交通手段も充実しています。

いずれの方法でも20分〜30分でチェンマイ市街地中心部に着くことができます。*渋滞時プラス15分

渋滞ピークの時間帯は平日8時〜9時と16時〜18時です。だたし、バンコクと違って全く動かないというほどではありません。

2019年1月現在、チェンマイ空港から中心市街地へのアクセスは、

  • 空港タクシー
  • エアポートシャトルバス
  • スマートバス(チェンマイ市街地中心部循環バス)

などが利用できます。

運賃や乗車方法を順番にみていきましょう。

空港タクシー

日本のタクシーは走行距離に応じて運賃が決まりますが、チェンマイの空港タクシーは予めエリアごとに運賃が決まっています。

旧市街内(お堀の内側エリア)150バーツ
旧市街外(お堀の外側エリア)200バーツ
ハイシーズン(ソンクラン)300バーツ

わかりやすく言うと、黄色エリアが150バーツでそれ以外のアリアは200バーツです。

*大型車はプラス100バーツ、ハイシーズンは値上げする年としない年があります。
タクシーの配車受付は到着ロビーを出て、正面や左手に数社あります。

運賃は各社一律ですが、乗車前に受付で払う会社と降車時に直接運転手に払う会社があります。

定額料金なので、渋滞による停車でメーター料金が上がることや、法外な運賃を請求される心配がなく、旅行者の方でも安心して利用できます。

1人から3人のチェンマイ旅行なら空港タクシーが一番オススメです。

営業時間は24時間。

スマートバス

2018年4月よりチェンマイに新しい交通システムが導入され、全長12mの大型バス(定員55名、座席数25席)がチェンマイ空港を起点として市街地中心部を循環するようになりました。

運行時間は6:00〜24:00。

運賃はわずか20バーツですので、乗り方さえマスターすれば、チェンマイ空港 – チェンマイ中心市街地間のアクセスはスマートバス一択でしょう。

現在、2路線(赤色のバス・黄色のバス)が概ね20分間隔で運行しています。

チェンマイ空港出発して右回りのルート赤いスマートバス▲チェンマイ空港を出発して右回り(時計回り)のルートをとって中心市街地へ向かう赤色のバス。
▲チェンマイ空港を出発して左回り(反対時計回り)のルートをとって中心市街地へ向かう黄色のバス。

チェック!

ニマンヘミン、ヒルサイドプラザ、チャンプアック門付近のホテルを予約している方は赤色のバス。

カルチャーセンター、ナイトバザー、ターペ門付近のホテルを予約している方は黄色のバスの方が早く到着します。

▲乗り場は到着ロビーを出て左手のゲート1を直進、

▲タクシー乗り場を通りすぎると右手にあります。

▲チェンマイ空港スマートバス乗り場

シャトルバス

チェンマイ国際空港のAirport Shuttle Busの写真チェンマイのシャトルバスは大型の乗り合いタクシーのようなマイクロバスで、ドライバーに自分が泊まるホテル名を告げ、そこに行くことを確認してから乗車します。

*2019年1月現在、旧市街地(お堀の内側)のホテルにしか行かなくなりました。

運賃は1人40バーツとタクシーより安いですが、乗客が8人集まるまで出発しないため、ローシーズンは30分以上待たされる事もあります。

また、複数のホテルを回るので、自分の順番が後の方だとかなり時間がかかることは覚悟しておきましょう。

ただし、300バーツを払えば1人でもすぐに出発してもらえますので、家族旅行や団体旅行ならシャトルバスが一番オススメです。

乗り場は空港タクシー乗り場の逆側、国際線ターミナル到着ロビーを出て右側にあります。

レンタカー

チェンマイ空港内のレンタカー屋
アクディクに行動される方ならレンタカーも検討されてみてはいかがでしょうか

空港内のレンタカーを利用すれば貸出しも返却も空港で完了しますのでとても便利です。

レンタル料金は一泊二日で3000円〜

チェック!

ひと昔前までは、出発客を空港まで送って来た赤いソンテウと交渉するという手段もありましたが、

スマートバスが登場して以降、利用する旅行客の姿を見かけなくなりました。

チェンマイのホテルから空港へのアクセス

宿泊したホテルに送迎サービスがなければ、ホテルから空港へのアクセスは以下の移動手段が考えられます。

タクシーコールセンター

連絡:(053)27131 , (053)016500-1 , 081-2897579

待ち時間:10分〜30分(流しのタクシーと連絡が取れれば早いが、取れなければ空港から直行)

料金:お堀の内側150バーツ,ニマンヘミン200バーツ。+出迎え料金50バーツ。

ソンテウチャーター

100バーツから150バーツが相場。空港内まで乗り入れてくれます。

スマートバス

20バーツ。 ホテルがバス停の近くなら一択でしょう。

GrabTaxi(タクシー配車アプリ)

注意事項

チェンマイ空港では無許可のタクシー営業(白タク行為)の取り締まりを強化していますので、GrabTaxiは空港へは行きません

チェンマイバスターミナルからの交通手段

チェンマイバスターミナル3バンコク、他県を出発したほとんどの高速バスはこのバスターミナル3に到着します。

格安運賃のLCCが世界的に普及していますが、タイ北部においては、まだまだバスでの移動が主流です。

チェンマイバスターミナル3から中心市街地へは以下の4つの移動手段があります。

  • ソンテウ
  • トゥクトゥク
  • GrabTaxi
  • スマートバス

ソンテウ(赤い乗り合いタクシー)
バスターミナルの車寄せに横付けしている赤いソンテウはチェンマイ中心市街地まで50バーツ。(貸切にすると100バーツ〜150バーツ)

バスターミナルの隅で待機している乗り合いソンテウは30バーツ。

乗り合いソンテウの場合、人数がある程度そろうまで出発しなので個人的にはおすすめしません。

トゥクトゥク

チェンマイバスターミナルから中心市街地まで、トゥクトゥクの運賃は100バーツ~〜200バーツが相場です。

GrabTaxi

チェンマイ空港では取り締まりにあうため、GrabTaxiを利用することは難しいですが、チェンマイバスターミナルは今のところ大丈夫です。

スマートバス

バスターミナルを経由するスマートバスは紫色・青色の2路線あります。運賃は20バーツ。

*バスターミナルから中心市街地へ向かうスマートバスは紫色です。

チェンマイ中心市街地からバスターミナル3へのアクセス

タイ人はバスターミナル3のことをアーケードと呼ぶので、運転手にはアーケードと言ったほうが伝わります。

運賃は乗る場所にもよりますが、ソンテウ(40バーツ〜60バーツ)、ツゥクツゥク60バーツ〜120バーツが相場です。

*チェンマイ中心市街地からバスターミナルに向かうスマートバスは青色です。

チェンマイ鉄道駅からの交通手段

国鉄チェンマイ駅

電車でチェンマイに来る方は少ないと思いますが、バスターミナル同様、トゥクトゥクかソンテウを利用します。

チェンマイ中心市街地での交通手段

メータータクシーや地下鉄がないチェンマイを遊び倒すなら街での移動手段も頭に入れておきましょう。

赤いソンテウの乗り方

チェンマイの赤いソンテウタイで広く普及している小型トラックの荷台を改造した乗り物です。ロットシーデーンとも呼ばれています。

ソンテウは大別すると以下の4種類です。

  • 乗合いソンテウ
  • 貸切ソンテウ(乗り合いソンテウをチャーター)
  • ドイステープ行きソンテウ
  • 郊外定期路線

乗合いソンテウ

乗合いソンテウとは中心市街地を流し営業している乗合形式のソンテウです。

乗車する前に運転手に目的地を告げて乗ります。

大まかな行き先は、先客によって決まっていますので、目的地が離れている時は断られることがあります。

行き先を伝えるのがストレスになる方は、スマホで目的地の写真を見せてもいいでしょう。

乗車したら自分が降りたい場所でソンテウの天井にあるブザーを押して降ります。

運賃は本来20バーツですが、40・60バーツという時もあります。

運転手がプチぼったくりしている時や、目的地が渋滞していて行きたくない時などは少し高くなります。

貸切ソンテウ

乗合形式のソンテウを貸切で乗るだけです。

行き先にもよりますが、チェンマイ中心市街地の移動なら100バーツ、郊外なら300〜500バーツが相場です。

団体や家族で湖やドイステープに行くときは便利です。途中でコンビニ寄ってくれとか、トイレに行きたいとか、自由度が高いです。

ドイステープ専用ソンテウ

観光客が多く訪れるドイステープ寺院へは、ドイステープ寺院とチェンマイの特定の停留所を行ったり来たり運行する専用のソンテウが用意されています。(運賃は40〜60バーツ)

郊外定期路線

チェンマイには7色のソンテウがあり、赤色を除いては行き先別に色が決まっています。

チェンマイの郊外・他県へ行くソンテウ全7種類の運行ルート

トゥクトゥクの乗り方

タイで普及している三輪自動車のタクシー

トゥクトゥクとはタイで普及している三輪自動車のタクシーです。

ホテルの前や寺院などの観光スポットには必ず客待ちのトゥクトゥクが止まっています。

また、歩いている時に流しのトゥクトゥクから声をかけられることも少なくないでしょう。

乗車運賃は交渉制なので相場はあってないようなものです。なので、心情的に値切りたくもなりますが、

値切った場合

トゥクトゥクの運転手が空港まで200バーツを提示してきたのに、あなたが100バーツまで値切って乗車したとします。

空港の車寄せまで行かず、空港入り口で100バーツだからここまでだ!降りろと!言われることがあります。

自分の中での相場

流しのドライバーに、前回利用した運転手は100バーツだったとか、いつもはどこどこまで100バーツで行ってるというのは通用しません。

しつこく食い下がるとキレられます。

*以上、チェンマイに来たばかりの頃の筆者の実話でした。

冗談はさておき、10〜20バーツ程度であれば値切ってもいいと思いますが、トゥクトゥクの提示額とあなたの相場があまりにも離れている場合はトラブルになるので違うドライバーを探しましょう。

スマートバス


2018年8月現在4路線が運行、バス乗り場は109ヵ所。

チェンマイ空港、バスターミナル、MAYAショッピングセンター、セントラルファスティバル、ターペー門、ワロロット市場、モン族市場、ニマンヘミン、チェンマイ大学、チェンマイ動物園など、主要観光スポットはほぼ網羅しているのでチェンマイ観光にもオススメです。

グラブタクシー

割高ですが、時間に限りがある旅行者の方には便利です。

チェンマイ中心市街地の移動なら今のとろこ問題なく利用できます。

アプリの使い方はこちらのチェンマイでタクシー配車アプリGrabTaxiを使う注意点をご覧ください。

チェンマイ交通事情のまとめ

チェンマイ空港から中心市街地へのアクセス

1人から3人での移動→空港タクシー

団体での移動→シャトルバス

ニマンヘミンや旧市街の城壁・城門付近のホテルなら→スマートバス

チェンマイ中心市街地でのアクセス

ソンテウ

トゥクトゥク

スマートバス(*スマートバスは主要観光箇所はほぼ網羅しています。)

GrabTaxi(*割高ですが、時は金なりです)

チェンマイ近郊へのアクセス

ソンテウ定期路線

路線バス

GrabTaxi

チェンマイの交通で注意して欲しいこと

最後に注意事項ですが、ソンテウやトゥクトゥクを利用される方は、親切なドライバーばかりでなくプチぼったくりされる時もあると思います。

そんな時は声を荒げて怒らずに冷静に言い値を払ってください。

たかが100円、200円多く請求されて運転手とやり合い暴行を受けてはわりに合いません。ぐっとこらえてやり過ごしビールでも飲んで忘れてください。

また、女性は夜間に一人でトゥクトゥクやソンテウに乗ることは避けてください。乗る必要がある場合は、スマホで誰かと会話をするふりなどして乗ってください。

みなさんのチェンマイ旅行が安全でたのしい旅でありますように

チェンマイの交通手段・移動手段(全12記事)