チェンマイの遺跡群にあるタイ北部料理レストラン

2019年10月6日




チェンマイの遺跡群にあるタイ北部料理レストラン

ランナー建築様式の趣がある木造ホテル「Lanna Rice Barn」に併設しているワンランク上のタイ北部料理レストラン「ローンカオラム」をご紹介します。

料理のレベルが高く雰囲気が抜群、そのうえ値段もお手頃と文句のつけようがないタイ北部料理レストランです。

周辺一帯がウィアン クム カーム遺跡群なので、観光の際に立ち寄るのがおすすめです。

Lanna Rice Barn(Lhong Kao Lum)の場所

Lanna Rice Barnホテルに併設しているタイ北部料理レストラン「Lhong Kao Lum」はチェンマイ中心市街地から南東6kmの場所にあります。

ターペー門から15分、グラブタクシーで100バーツ程度。

バイクの方はチェンマイとランプーンを結ぶ幹線道路(通称ゴム街道)を南下し、通り沿いにある遺跡を目印に右手の脇道に入ると、案内標識が出ていますので、それに従えばたどり着けます。

店舗詳細

店舗名หลองข้าวลำ
英語名Lhong Kao Lum
営業10時30分~16時00分(水休み)
Lhong Kao Lum前のワット ファノーング遺跡
ワット ファノーング遺跡

お店の目の前にあるワット ファノーング遺跡。

この付近はチェンマイ創都以前の1294年にマンラーイ王が最初に都を築いた場所で、史跡や名所が多数点在しています。遺跡観光の際にぜひ。

お店の雰囲気

IMG 1549
レストランの入り口
IMG 3434
ウッドデッキを通って店内へ
IMG 3435
脇にある不思議なオブジェ
IMG 3439
店内

木造建築の店内は趣があって落ち着きます。

IMG 3440
庭の眺め

開放感のある店内はどこに座ってもゆったりとくつろげるので、ゆっくりとタイ北部料理を楽しみたいという方にもおすすめです。

店内席もありますが、冷房ガンガンで長時間は厳しいです。

IMG 3433
お土産屋

店内にある売店では民族衣装など販売しています。

IMG 1551

中庭には衣食住にまつわる昔の道具が展示されています。

IMG 1552
昔の道具

記念写真を撮ったり、あれこれ見ながら料理を待てます。

Lanna Rice Barnのメニュー

メニューは全品写真付き、英語併記なので注文に困ることはありまん。

価格帯は200円〜300円が中心です。

はじめてお店に行った時、店構えから値段が高いと思っていたので、この安さは意外でした。

IMG 3432
1ページ:ドリンクと前菜盛り合わせ
IMG 3430
2ページ:タイ北部のスープ各種
IMG 3429
2ページ:タイ北部ソーセージ、揚げ豚、酸味のあるタイの発酵ソーセージなど
IMG 3428
3ページ:ナムプリックとタイ北部カレー
IMG 3431
4ページ:炒め物、ご飯

食レポ

チェンダー・パックカイ

IMG 1535
料理名:เชียงดาผักไข่

伝統ハーブであるギムネマの葉と卵の炒め物。

ギムネマの葉は生活習慣病に良い食べ物ということなので、あれば必ず注文するタイ北部料理の1つです。

山菜特有のクセがなく万人向きの味です。

ゲーン・ノーンマーイ

IMG 1542
料理名:แกงหน่อไม้

たけの、キノコ、山菜が入ったたけのこスープです。

他店と比較するとかなり薄味ですが、それぞれの食材の持ち味が引き出されて美味しくいただけます。

年配の方にオススメです。

ゲーン・ホ

IMG 1576
料理名:แกงโฮะ

春雨、たけのこ、スズメナスビ、インゲン、季節の野菜、レモングラスなどをカレーペーストで炒めたランナーカレーとも呼ばれる料理。

こちらのお店のゲーン・ホは辛さ控えめなので辛いものが苦手な人でも大丈夫です。

ご飯もビールもすすむ1品です。

ゲーン・オーム・ムー

IMG 3507
料理名:แกงอ่อมหมู

豚肉を生姜、レモングラス、コブミカンの葉などの香草と一緒に柔らかくなるまで煮込んだカレースープ。

豚の内臓が入っているお店も多いですが、こちらのお店は入っていません。

IMG 3437
野菜はセルフサービス

まとめ

チェンマイにあるタイ北部料理レストランの中でもトップレベルの減塩でやさしい味、毎日食べたくなるおふくろの味です。

年配の方にも、子供連れにも、カップルにもオススメできるお店です。

チェンマイ在住7年、食べ歩きが趣味の筆者がタイ北部料理&ご当地グルメの紹介と実食できるお店をご紹介した記事はこちら。
これを読めばチェンマイグルメ通!現地在住7年が自信を持っておすすめする30選