チェンマイでタイ語勉強中

ビエンチャンでタイ観光ビザ申請2016バスでウドンタニからラオスへ

ビエンチャンでタイ観光ビザ申請2016バスでウドンタニからラオスへ

タイの観光ビザは軍が政治に力を持つうようになってから発給が年々厳しくなってきました。

タイ観光ビザはタイ国外にあるタイ大使館やタイ領事館で申請することができますが、その中でもラオスは比較的審査が甘い国だと言われています。

今回はタイのウドンタニからラオスまでの行き方、さらに、ビエンチャンのタイ領事館でのタイ観光ビザ申請の方法をまとめました。

タイ観光ビザ申請書類の書き方(記入例)も併せて説明したのでこれからビザを取得されるかたに読んでいただけたら嬉しいです。

目次

ウドンタニ空港から市内バスターミナルへ

タイからラオスまでのルートはいくつかありますが、ラオスにはじめて行く人はコストが安く仲間がたくさんいる(心細くない)ウドンタニからバスに乗りタイ側の国境の街であるノンカーイを経由してラオスの国境の街であるビエンチャンまでの陸路国境越えルートがオススメです。

バンコクからバスでウドンタニバスターミナルに行く人はここは読み飛ばしてください。

飛行機でウドンタニーに行く人は、ウドンタニ空港からバスターミナルのある市内まで徒歩では厳しい距離なので、タクシーかトゥクトゥクを利用します。

  • 乗り合いタクシー80バーツ
  • 普通のタクシー200バーツ
  • トゥクトゥクは運転手との直接交渉(150バーツから300バーツ)

乗り合いタクシーはある程度人がそろわないと出発しないため30分以上待つ時があります。

200バーツのタクシーはすぐに出発します。

ウドンタニー空港の空港出口すぐ横にタクシーやミニバンを手配する場所

空港出口すぐ横にタクシーやミニバンを手配する場所があります。

空港から直接ノンカーイやラオスに行く人はここでチケットを買います。料金は200バーツ。

ウドンタニー空港のノンカーイ ラオス行きのミニバン乗り場は空港を出てすぐ左手

ノンカーイ、ラオス行きのミニバン乗り場は空港を出て左手、写真の看板が目印です。

ウダンタニー空港からウドンタニ市内までの乗り合いタクシーチケット

ぼくはウドンタニで一泊したので市内へ向かいました。

ケチって乗り合いタクシーを選んだら30分以上待たされ、しかも、途中で他の客が降りるので市内中心のセンタラホテルに着くまで1時間以上かかりました。

帰りはトゥクトゥクを利用しました。センタラホテルから空港まで200バーツでした。

ウドンタニバスターミナル

宿泊したセントラルプラザ隣のセンタラホテルからウドンタニバスターミナルまで徒歩6、7分の距離でした。

ウドンタニバスターミナルはその他のホテル、トップマンションや@ホームウドンからでも徒歩10分です。

グーグルマップを見ながら歩けば問題なくたどり着けます。

ラオス行きチケットの買い方

ウドンタニバスターミナルのビエチャン行きチケット売り場

チケット売り場は緑色の看板にTHAIーLAOSと書いてあるのですぐに見つけられます。

必要なもの

  • パスポート
  • 平日80バーツ|祝祭日85バーツ

出発前日に下見を兼ねてバス停まで行ったのでついでにチケットを買おうとしたら、チケット購入にはパスポート原本が必要と言われました。

翌日の朝7時、今度はパスポートを持ってバスターミナルへ行きます。

11:30発のチケットを買おうとしたら事前予約はできない。チケットは次に出発するバスしか販売しないと言われました。

11:30発のチケットを買いたいなら10:30発のチケット販売が終わってから来てくだい。

って、前日に言ってくれよと思いました。一度ホテルに戻ることにします。

ウドンタニからビエンチャン行きバス時刻表

ウドンタニからビエンチャン行きバス時刻表

ウドンタニバスターミナルのラオス行きバスの時刻表です。

  • 8:00
  • 9:00
  • 10:30
  • 11:30
  • 14:00
  • 15:00
  • 16:30
  • 18:00

ウドンタニからビエンチャン行きバス料金

10:30になりチケット窓口にパスポートと運賃80バーツを出すと、あと5バーツ払えといいます。

別に5バーツくらいどうでもいいですが朝にチケットを売ってもらえなかったので、

何でですか?

時刻表を指差して80バーツって書いてありますよ!

と反撃!

君、タイ語読めるんなら、隣の紙に祝日はプラス5バーツって書いてあるだろう!

とけだるそうに言われました。

撃沈。。。

ウドンタニバスターミナルチケット売り場に書いてかる注意事項

確かに役所が休みの日(วันหยุดราชการ)、祝祭日(วันหยุดนักขัตฤกษ์)はプラス5バーツと書いてありました。

ウドンタニからビエンチャン行きのバス荷物超過料金

ついでいえば、その下には手荷物は1人1個まで

大きさは50cm×50cm×50cm

重さは20kg

超過分は1個につき30バーツと書いてあります。

でも、荷物に関してはとくに検査もありませんでした。

座席表

ウドンタニからビエンチャンの行きのバスチケット

座席をリクエストすると座席表を見せてくれました。

一番後ろの席をリクエストしましたが、窓口のおやじが最前列の方がいいというので素直に変更しました。

でも、乗車するとあとから荷物売りのおばちゃんたちが乗ってきて最前列付近は最悪でした。

チケット売り場の係は知っていたのですかね。

タイ人って、こういう地味な仕返しをするときがありますから。

バスターミナルの手荷物預り所

ウドンタニーバスターミナルの手荷物預り所

チケット売り場の端に手荷物預かり場があります。

料金は20バーツで利用できます。(PM18:00まで)

利用する人は貴重品やパソコンは抜いて預けるようにしましょう。

中では子供たちがテレビを見ています。

バス乗り場

ウドンタニーバスステーション5番に停車しているラオス行きのバス

ラオス行きのバス乗り場は5番です。

念のため乗車前にLAOと書いてあるか確認してください。

ウドンタニバスターミナルのまとめ

長くなるので簡単にまとめます。

  • チケット購入にはパスポートが必要
  • バスのチケットは予約できない(次の運行しか購入できない)
  • 祝祭日はプラス5バーツ
  • 荷物の超過料金は1個につき30バーツ
  • バスの座席はリクエストすると座席表を見せてくれる
  • 荷物を預ける部屋で子供たちがテレビを観ている

タイ側国境ノンカーイでの出国手続

タイ側の国境の街であるノンカーイのイミグレーション

ウドンタニから1時間ほどバスに揺られると、タイ側の国境の街であるノンカーイに到着します。

ここでタイの出国手続きをします。

ノンカーイのイミグレーション窓口に並んでいる外国人

イミグレーション窓口の列に並び、順番がきたらパスポートをわたしてタイ出国スタンプをおしてもらいます。

ノンカーイで押されたタイの出国スタンプ

パスポートを返してもらったらすぐに日付を確認しましょう。

バスにもどると、問題があったのか西洋人とラオス人が帰ってこなくて30分も待たされました。

出国カード

出国カード

タイ出国カードがないと面倒なことになるので、パスポートにホッチキスでとめてあるDEPARTURE CARDを失くした人は事前に空港で再発行しておきましょう。

ちなみに、チェンマイだと空港二階にあがり国際線入り口で紛失したことを伝えると手荷物検査後にリエントリーと同じ場所で出国カードを再発行してくれます。(経験済み)

ラオス側国境での入国手続き

再びバスに乗り込むとバスは友好の橋を渡りラオスに向かいます。

ここでは入国審査があります。

バスの中でラオスの出入国カードが配られます。

途中でカードが足りなくなってもらえない人もいますが、イミルレーション前のブースに置いてあるので心配しなくても大丈夫です。

ラオスの入国出国カードの書き方|記入例

ラオスの入国カード

ラオス入出国カードの表面です。

写真を撮るために2枚に分けましたが、本来は細長く一枚です。

ラオス入国カード記入例 CHIANGIMAI43

  • Entry point:入国ポイント(友好の橋 Friendship Bridge)
  • Family name:姓
  • Name:名前
  • Place of birth:出生地
  • Nationality:国籍
  • Occupation:職業
  • Passport No:職業
  • Expiry date:有効期限
  • Date of issue:発行日
  • Place of issue:発行場所
  • Viza No:ビザを所有していればビザ番号
  • Date of issue:発行日
  • Place of issue:発行場所
  • Pupose of entry:入国目的にチェック
  • Traveling by:バスチケットに書いてあるBus no
  • Traveling in package tour:ツアーか個人かyes,noにチェック
  • Intented address in Lao PDR:ラオスでの滞在先、ホテルの住所
  • Tel:ホテルの電話番号
  • Date:入国日
  • Signature:パスポートと同じサイン

見本の通りラオスの入国カードに記入すればOKです。

パスポートの発行日、発行場所、ビザ番号がどの箇所かわからないかたはこちらのパスポートの見方をご覧ください。

ラオスのイミグレーションでの流れ

ラオスのイミグレーションに並んでいる写真

入国カードに記入が終わったらイミグレーションチェックイン窓口に並びます。

パスポートに押されたラオスの入国印

今度はラオス入国のスタンプをもらいます。

手続きは5分もかかりませんでした。

入国自動ゲートが

押してもらったスタンプの日付を確認して前に進むと目の前に自動ゲートがあります。

そのまま通り抜けようとしてもバーが上がらずあたふたしていると、ゲートの向こう側にいるタクシー運転手にone way ticketを買ってこいと言われました。

ラオスの入国チケットone way ticket売り場

イミグレーションチェックイン窓口を逆走して入国チケット(one way ticket)を45バーツで購入しました。

ゲートにもどり、チケットを入り口に入れるとバーが上がり無事入国です。

先ほどチケットを買うように教えてくれたタクシー運転手が俺のタクシーに乗れと言ってきます。

あれ?ここが終点なの?と思いましたが、

バスにもどって運転手に確認するとバスはビエンチャンのバスターミナルまで行くと言っています。

プチ騙されるところでした。

危なかったです。

ここでも西洋人とラオス人が入国に引っかかり30分以上待たされます。

結局1人は戻ってきませんでした。

バスは走りだし、こいつの荷物はどうなるんだろう、なんて考えているうちにビエンチャンのバスターミナルに到着です。

ビエンチャンのバスターミナルのトゥクトゥクやバイクタクシーの客引き

バスがラオスのバス停に到着すると、待ち構えていたトゥクトゥクやバイクタクシーの客引きがすごい勢いでハイ!ハイ!ハイ!と手を挙げてきます。

タイからラオスへバスで国境超えのまとめ

ウドンタニからビエンチャンまでは3時間ほど。

出入国ではイミグレで引っかかる旅行者もいるのでスケジュールは余裕を持って組んでおきましょう。

出入国手続きのとき、バスにパソコンを置きっぱなしにしている外国人がいましたが面倒でも持ち歩いたほうがいいと思います。

 

タイ観光ビザ申請に必要なもの

みなさん、ラオスのビエンチャンに無事到着したと思います。ここからはタイ大使館でのビザ申請の流れについて説明します。

タイ観光ビザに必要なものはパスポートの最新のラオス入国印のページのコピー以外は日本で揃えることができます。

個人的には時間と気持ちのある日本でそろえておくことを勧めます。

  • 申請書
  • パスポートコピー
  • タイの滞在場所(緑枠)
  • 顔写真
  • 申請料
  • パスポートの原本                
  • (タイの居住証明書)

それでは順番にみていきましょう。

ビエンチャンタイ領事館ビザ申請用紙ダウンロード方法

申請用紙はラオスのタイ大使館のHPよりダウンロードできます。

すべてタイ語ですがこの記事の説明通り進めば簡単にダウンロードできるので安心してください。

1、まずはラオスのタイ大使館のHPへアクセスします。

2、一番下にあるvizaをクリック。左から3列目の上から3段目です。

タイ大使館HPビザ申請用紙ダウンロード手順−1

3、タイ語のดาวน์โหลดแบบฟอร์มをクリック

タイ大使館HPビザ申請用紙ダウンロード手順−1

*用紙はビエンチャンのタイ領事館にもおいてあります。

パスポートのコピー

コピーするページはパスポートの顔写真のあるページと最新のラオス入国印のページそれぞれ2枚づつです。

コピーにはサインと申請日を記入します。

顔写真のページは日本でコピーできますが、最新のラオス入国印のページは日本でできないためホテルにチェックインしてパスポートをわたした時についでにコピーしてもらいました。

海外のホテルではチェックインのさい必ずパスポートのコピーはとられますよね。

ビエチャンタイ領事館前のコピー屋の看板

領事館前のお店でもコピーと写真を撮ることができます。

顔写真

  • 写真のサイズは3.5 x 4.5 cmのカラー写真を2枚
  • 写真の背景は白
  • 一ヶ月以内に撮影されたもの等

申請料

観光ビザシングルは1000バーツです。

支払いに使える通貨はバーツのみです。

その他の申請料金については、ビエンチャンタイ大使館のHPに掲載されているので確認してください。

パスポートの原本

ビザのことで頭がいっぱいになり、当日パスポートの原本を忘れないように!

タイの居住証明書

タイの滞在先を書く箇所は、東京のタイ大使館でタイ観光ビザ申請をしたときに、タイの居住証明書をもとめられたので、一応持っていきましたが、ビエンチャンのタイ領事館では必要ありませんでした。

個人的には、年々、ビザ発給は厳しくなってきているのであったほうがいいと思います。

タイ観光ビザ申請書の書き方

申請用紙は先ほど紹介したビエンチャン大使館のHPよりダウンロードするか、ビザ申請するタイ領事館内にあります。

このサイトを見ながら書けばはじめてのかたでも5分かからないので、時間と気持ちに余裕のある日本で申請書類を書いておくことをおすすめします。

それでも心配な方は領事館前にいる代書屋さんに有料で書いてもらってください。

ただ、代書屋さんに書いてもらっている間に列はどんどん人が並んでいきますよ。

  • 性別と名前
  • パスポート情報
  • ラオスでの滞在場所
  • 入国及び申請するビザの情報
  • タイの滞在場所(緑枠)
  • サイン(オレンジ枠)

1、性別と名前 一番上の性別の欄に✓(チェックマークをいれます)first nameに名、family nameに姓を書きます。middle nameは僕はないので空欄にしておきます。

2、パスポートの情報

パスポート情報を赤枠に書きます。国籍、本籍、生年月日、パスポートの発行日、パスポートの有効期限などです。

3、ラオス滞在場所 、宿泊先のホテルの住所を書きました。

4、入国及び申請するビザの情報

Day of Arrival Thailand|タイ入国日を記入します。

Travelling by|入国手段を記入します。飛行機で入国したのでPLANEと書きました。

Duration of Proposed Stay |ぼくは観光ビザの申請なので、Travelingと書きました。

ダブルの申請希望なのでTouristの欄に✓を入れてNumber of Entries Requestedを2にしました。

5、タイの滞在場所 タイの滞在場所の住所を書きます。タイとラオスの保証人はいないので空欄にしました。

6、サイン ローマ字でサインと、タイ観光ビザを申請する日を書きます。 この箇所にサインを忘れている人が結構いました。

あとは写真を右上の枠に2枚貼ればOKです!

ラオス・ビエンチャンのタイ領事館について

ラオス ビエンチャンのタイ領事館

ビエンチャンのタイ領事館|開館時間と休館日

ビザ申請|午前8時30分から正午まで

ビザ受取|午後1時30分から午後3時30分まで (月曜日から金曜日) ただし、タイとラオスの役所関係が休みの日は領事館も休みになります。

ビエンチャンのタイ領事館に貼ってある開館時間と休館日のお知らせ

ビエチャンの領事館には休館日の張り紙が貼ってあります。

近づいてみます。

ビエンチャンのタイ領事館に貼ってある開館時間と休館日のお知らせ

領事館に着いてこのような休館日の張り紙があったら悲しいですよね。

事前に必ずビエンチャンのタイ領事館の開館時間と休館日|2017年を確認しておきましょう。

時間に余裕がある人は金曜日申請月曜日受け取りがオススメです。

金曜日にビザ申請すると受け取りが月曜日になるのでビザ取りツアーの団体客がいないからです。

ビエンチャンのタイ領事館|行き方

申請前日に下見にビエンチャンのバス停からタイ領事館まで歩きましたが僕の足で40分でした。

グーグルマップが使えるようにヴィエンチャンに到着したらすぐにsimカードを購入しておきましょう。

ただ、早朝(朝7時ごろ)は野犬がいるので怖い人はバイクタクシーやトゥクトゥクを利用しましょう。

トゥクトゥクも利用しましたがバス停から領事館まで7分です。

タイを含めアジアの代表的な交通手段であるトゥクトゥクは交渉によって値段がきまります。

片道3万キープならOKな値段だと思います。

行き先は「ビザ タイランド」で通じます。

タイ領事館で観光ビザ申請の流れ

一日目ビザ申請|開館前列に並ぶ

当日は早く目が覚めたので散歩も兼ねて歩いていくことにしました。

4車線の大通りNongbone Roadをとぼとぼ歩いていると、

いきなり、野良犬が!

過去にタイで野犬に噛まれて半日つぶした経験があるぼくはダッシュで逃げました。

そして、バス停(タラートサオ)からツゥクトゥクに乗ってタイ領事館へ。

ビエチャンタイ領事館の門

ゆっくり歩いて8時ごろタイ領事館に着くつもりでしたが、野良犬がいてトゥクトゥクにのったので7時15分に着いちゃいました。

まだ、門は閉まっていましたが100人ほど雑に並んでいました。

ビエチャンタイ領事館の前に雑に並ぶフィリピン人の団体

領事館の前に並んで10分もすると列が動きだしました。

横の小さな通用口が開き順番に中に入っていきます。

時間は7時30分くらいです。

ビエチャンタイ領事館内のベンチに座って申請待ちをする外国人 jpg

領事館の中に入ると係員の指示に従い順番に椅子に着席していきます。

僕は前から4列目でした。

フィリピンから団体でビザ取りにきていたかもしれませんが、7時30分でこの人数ですよ。

待っている途中、申請書類の記入についての注意事項がありました。

「重要なことですからよく聞いてください!申請書類のラオスの滞在先(説明の黄枠)タイの滞在先(緑枠)(オレンジ枠)にはサインと日付を必ず記入してください。」

やばっ、(オレンジ枠)にサインと日付を記入するの忘れてた!

いつ何が起きるかわからないのでボールペンは持ち歩きましょう。

一日目ビザ申請|受付開始

さらに待つこと1時間。

書類を受取る係の人が領事館の中から出てきました。

8:30受付開始です。

パスポートに書類を挟んで提出すると係員はパスポートは閉じたまま開かず(書類に目を通さず?)受取番号をくれます。

所用時間は1人につき20秒です。

「はやっ!」

「あれ!お金は?」

受け取り表をもらっただけでお金はまだ払っていません。

東京のタイ大使館だと先にお金を払うので心配になり、次はどうすればいいですか?と係員に尋ねると、

今日は終わりです。明日お金を払ってくださいと言われました。

ラッキー!まだ9時前です。

8時50分、僕が帰るときにはタイ領事館はものすごい数の人が並んでいました。

ビエチャンのビザ申請でタイ領事館の外にまでできている列 2

中のベンチに座れない人が列を作っています。

さらに、

ビエチャンのビザ申請でタイ領事館の外にまでできている列 1

列は門の外まで続きます。

開館前の30分って大きでしょ。

大切なことなのでもう一度いいます。

書類は領事館に着くまえに全部準備しておいたほうがいいですよ。

コピーや写真、代書屋さんに書類を作ってもらっている間にどんどん列は長くなっていきますからね。

そして翌日

二日目ビザ受取|領事館近くで時間をつぶす場所

ビザ受取は午後1時30分から午後3時30分までです。

12:00にホテルをチェックアウトします。

タイ観光ビザをもらったら領事館からそのままウドンタニーに戻るつもりでいたのでバス停にチケットを買いに行きました。

15:00発があります。

チケットを購入しようとすると、パスポートを持っていないからダメと言われました。

今、ビザ申請でタイ領事館に預けているから返却してもらってバスに乗るときに見せると言ってもダメの一点張りです。

ダメなものはダメなのでその場を後にしました。

なんか、ウドンタニーのバス停でもそうでしたが、次に発車するバスのチケットしか売ってくれないんですかね。

時間もあるのでゆっくり歩いて領事館にいくことにします。

お昼なので野犬も怖くありません。

日中はぐったりしていますからね。

少し歩くと、トゥクトゥクが後ろから声をかけてきます。

領事館まで行くけど、急いでないからと断るとトゥクトゥクの方から往復でどうだ?と提案してきました。

門の外でビザを受取るまで待機してすぐにバス停まで送ってくれるというのです。

好条件だったのでOK!

注)往復で交渉した場合、トゥクトゥクの運賃は必ず帰る時に支払いましょう。

往復代金先払いすると待っている間になくなる悪い奴もいますからね。

ビエチャンのビザ受け取り1時間前にタイ領事館の外で待っている数人の外国人jpg

領事館に到着したのは12:15です。

まだ10人程しか並んでません。

領事館から徒歩5分圏に5、6件飲食店があるのですがTHEPIZAAで食事をすることにしました。

ビエチャンのTHEPIZAAで食べたパスタとサラダ

外で待っている人がいたので食事を終えて領事館の隣のカフェへ移りました。

ビエチャンのタイ領事館の隣のカフェ

雰囲気がゆったりしていて美味しそうなパンがありました。

はじめからこちらのカフェにきていれば良かったです。

*Wifiもありました。げき遅でしたけど。

二日目ビザ受取

5分前になり領事館に行くと結構な人が椅子に座って待っています。

ビザの受取は前日にもらった番号順です。

時間になると掲示板に番号が表示されます。

ビエチャンのタイ領事館で観光ビザを受け取る外国人

15分で僕の順番になりました。

係員は前日に提出した書類を見せます。

YESと言って料金を支払うとパスポートが返却されました。

ビエチャンで発給されたタイ観光ビザダブル

すぐにパスポートのビザのページを確認すると無事に観光ビザを取得しました。

帰りのバズビエンチャンからタイへ

帰りは観光ビザを却下されメコン川に飛び込む人、

そのままバンコク、ウドンタニー観光を楽しむ人、いろいろな人がいると思います。

バンコクでもウドンタニーでもタイにもどる場合は、ラオスで出国手続きをしてタイ側の国境であるノンカーイで入国手続きをします。

ウドンタニからラオス入国の逆の手続ですね。

陸路、バスで帰る方はチケット売り場はバスターミナル(タラートサオ)の近くにあります。

ビエチャンバスターミナル タラートサオ

プレハブの前に常に人がいるのですぐにわかります。

バンコクへは1日1本、

ウドンタニーへは1日8本運行しています。

ラオスビエンチャンのバスステーションの時刻表を順にみていきましょう。

ビエンチャンからウドンタニ行きバス時刻表

ビエンチャンからウドンタニバス時刻表

  • 8:00
  • 9:00
  • 10:30
  • 11:30
  • 14:00
  • 15:00
  • 16:30
  • 18:00

運賃|22000キープ日本円で330円くらいです。

時間に余裕のある方はウドンタニー観光なんてどうでしょう

ビエンチャンからバンコク行きバス時刻表

ビエンチャンからバンコク行きバス時刻表

  • 18:00

運賃|248000キープ日本円で3700円くらいです。

ビエンチャンからノンカーイ行きバス時刻表

ビエンチャンからノンカーイバス時刻表

  • 7:30
  • 9:30
  • 12:40
  • 14:30
  • 15:30
  • 18:00

運賃|15000キープ日本円で220円くらいです。

ビエンチャンからコンケーンバス行き時刻表

ビエンチャンからコンケーンバス時刻表

  • 7:15
  • 14:45

運賃|5000キープ日本円で70円くらいです。

最速ビザラン!タイとラオス陸路国境越え【フアイゴーンーネグン編】

sponsored link

Monthly Ranking