チェンマイでタイ語勉強中

パスポートの読み方とタイのビザ番号・出入国スタンプの見方

パスポートの読み方とタイのビザ番号・出入国スタンプの見方

ビザ申請書類を書く際、パスポート(旅券)やvisa(査証)の見方・読み方について悩む方も少なくないと思います。

今回は日本のパスポートと筆者が実際に取得したタイのビザ各種及び出入国スタンプの見方について詳しく解説します。

パスポート(旅券)の見方

パスポートは旅券とも呼ばれ、海外に渡航する際、外国で身分を証明する公的書類です。

パスポートの顔写真のページには以下の情報が記載されています。

  • 旅券のタイプ
  • 旅券の発行国
  • 旅券番号
  • 氏名
  • 国籍
  • 生年月日
  • 性別
  • 本籍
  • 発行年月日
  • 有効期間満了日
  • 直筆のサイン
  • 発行官庁

パスポートの写真のページ

  • Type|パスポートの場合はP(見本番号①)
  • 発行国 Issuuing country|日本はJPN(見本番号①)
  • 旅券番号 Passport No|パスポートの番号(見本番号①)
  • 姓 Surname|名字(見本番号②)
  • 名 Given Name|名前(見本番号②)
  • 国籍 Nationality|日本はJAPAN(見本番号③)
  • 生年月日 Date of Birth|生年月日(見本番号③)
  • 性別 Sex|男性はM・女性はF(見本番号④)
  • 本籍 Registered Domicile|日本の場合は出生地(見本番号④)
  • 発行年月日 Date of Issue|パスポートを発行してもらった日付(見本番号⑤)
  • 有効期間満了 Date of expiry|パスポートの有効期間(見本番号⑤)
  • 所持人自署 Signiture|パスポートを作った時のサイン(見本番号⑥)
  • 発行官庁 MINISTRY OF FOREIGN AFFAIRS|英語で外務省と記載(見本番号⑦)

査証(ビザ)の見方

ビザ(査証)とは渡航先の国に入国しても差し支えないと示す証書です。

タイは30日以内の滞在ならビザは必要ありません。

延長を希望する場合は、タイ国内のイミグレーションにて更に30日間の延長が可能です。

チェンマイでタイ観光ビザ、ノービザの延長方法と申請書類の書き方

60日以上タイに滞在したい場合は適切なビザを取得する必要があります。

いろいろなタイプのビザがありますが、筆者が今まで取得したEDビザ、観光ビザシングル、観光ビザダブル、ビザラン、出入国許可証、Privilege Entry Visaを順番にみていきましょう。

タイEDビザ

タイのEDビザ

タイ文部省が認可した教育機関からEDビザ発給に必要な書類を準備してもらい、タイ国外の大使館や領事館で手続きをします。

最長で1年の滞在が可能ですが、タイの大学が開講しているタイ語講座及びタイ語学校の場合、3カ月毎にイミグレに行って更新する必要があります。

*1カ月の延長しか認めないイミグレ職員もいます。

  • Type of visa|Non-Immigrant
  • Category |ED 
  • No.of entry |S *リエントリー無しの入国許可回数
  • Fee |Non-Immigrantは9000円
  • Issued at |ビザの発給場所

 *EDビザの場合はNon-Immigrantで入国し90日以内にイミグレーションにて手続きをします。

4年間無職の僕が在京タイ大使館でタイ観光ビザ取得に必要だった書類

タイ観光ビザ|シングル

観光ビザシングルの滞在期限は60日です。延長を希望する場合はタイ入国管理事務所にて30日の延長が可能です。

  • Type of visa|Tourist
  • Category |TR
  • No.of entry |S|
  • Fee |4500円(日本のタイ大使館)
  • Issued at |ビザの発給場所
  • Date issued at |ビザの発給日
  • Enter before |この期限内に入国しないと発給されたビザが無効なる
  • Remarks|観光ビザはタイで仕事は禁止と記載
  • ビザ番号|マークの下

*観光ビザのビザ番号はガルーダ(赤い鳥のマーク)の下の番号です。

タイ観光ビザ|ダブル

観光ビザシングルを一度に2回分発給。

最長で180日間タイに滞在ができます。90日(60日+30日)×2回

  • Type of visa|Tourist
  • Category |TR
  • No.of entry |2 |*リエントリー無しで入国2回までOKという意味
  • Fee |2000バーツ(ラオスのタイ領事館)
  • Issued at |ビザの発給場所(ラオスのビエチャン)
  • Date issued at |ビザの発給日
  • Enter before |この期限内に入国しないと発給されたビザが無効になります。
  • Remarks|観光ビザなのでタイで仕事は禁止と記載されています。

ラオスのビエンチャンでタイ観光ビザを申請

タイ観光ビザ|トリプル

タイの観光ビザトリプル

観光ビザシングルを一度に3回分発給。

観光ビザトリプルの滞在期間は最長で90日×3回=270日間。

  • Type of visa|Tourist
  • Category |TR
  • No.of entry |M |リエントリー無し入国許可3回までOKという意味
  • Fee |22000円(東京のタイ大使館)
  • Issued at |ビザの発給場所(東京)
  • Date issued at |ビザの発給日
  • Enter before |この期限内に入国しないと発給されたビザが無効になります。

ビザにおされているCANCELLEDの赤いスタンプはこのビザは無効という意味です。

筆者は東京のタイ大使館にて観光マルチを申請しましたが、審査の結果却下されました。申請料の22000円と申請書類は返却されません。

ビザ発給条件は年々厳しくなってきていますので、観光ビザマルチの場合は申請がはじめての方以外は厳しいかもしれません。

Privilege Entry Visa(特権ビザ)

タイランドエリートクラブの特権ビザ

タイランドエリートとは観光立国を目指すタイ政府が外国人富裕層の誘致を目指し発足した制度で、メンバーには様々な優遇制度が用意されています。

タイランドエリートに入会すると20年、10年、5年の数次ビザ(有効期間中であれば何度でも出入国可)を得ることができます。

  • PRIVILEGE ENTRY VIZA|PE|特権ビザ
  • MULTIPLE |数次ビザ(毎回の入国で1年滞在可能)
  • Issued at |スワンナプーム空港・日本のタイ大使館・チェーンワッタナーで受取可
  • Date of Expiry |ビザの有効期限はメンバーにより異なり20年数次、10年数次、5年数次があります。

入会で受けられる特典や料金などはこちらの公式ホームヘージ(日本語)をご覧ください。

リエントリー出入国許可証の見方

リエントリーをせずにタイから出国すると残りのビザの有効期限に関係なくビザは失効してしまいます。

失効させないためには出国前に出入国許可証を取得する必要があります。

出入国許可証はビザの有効期限内に一度だけ出国できるシングル(1000バーツ)と、何回でも出国できるマルチプル(3800バーツ)があります。

  • Valid Until|リエントリーの有効期限
  • Number of Entries|リエントリーの回数

*リエントリー(再入国許可書)を取得した方が入国カードに書くビザ番号は黄色の箇所です。
USEDと書かれたタイの使用済みのリエントリー

USEDと書かれたタイの使用済みのリエントリー

リエントリーの書き方とチェンマイ空港とスワンナプーム空港の申請場所

出入国スタンプの見方

出国時と入国時におされるスタンプです。

職員が押したスタンプは日付が間違っていても後から訂正できませんので、その場で必ず確認しましょう。

ノービザの入国スタンプ

タイノービザの入国スタンプ

                     
  • 入国場所
  • ビザの種類
  • タイに入国した日
  • タイに滞在できる期限

タイEDビザの入国スタンプ

タイEDビザの入国スタンプ

タイ観光ビザの入国スタンプ

タイ観光ビザの入国スタンプ

タイ出国スタンプ

タイ出国スタンプ

ラオスビエンチャンの入国出国スタンプ|2015年

ラオスビエンチャンの入国出国スタンプ|2015年

ラオスから入国した場合、陸路・空路問わず30日間滞在期限が延長されます。

第4友好橋でタイとラオス陸路国境越え!チェンコーン〜フアイサーイ編

ミャンマータチレクの入国出国スタンプ|2012年

ミャンマータチレクの入国出国スタンプ|2012年
タチレク(ミャンマー)から陸路にて入国した場合、14日間滞在期限が延長されます。

チェンマイからミャンマーへ陸路国境越え【メーサイ→タチレク編】

滞在期間延長のスタンプの見方

滞在期間を延長を希望する場合、タイ入国管理事務所にて延長ができます。

滞在期間延長のスタンプの見方

2012年8月9日に入国し滞在期限が11月8日だったところを2012年10月12日に申請をして2013年2月4日まで滞在可能に延長。

滞在期間の延長は申請日から30日間延長されるわけではなく、いつ延長申請してもはじめの滞在期限からプラス30日です。



最新情報をお届けします

About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイ生活6年目突入!

現地にいるからこそ知っているチェンマイの穴場スポットや、現地での生活を通して得た節約テクニックなどを紹介。

情報の鮮度と質にこだわりタイ語メディアを使って情報収集しています。

➡︎詳しいプロフィール