チェンマイでMacBook Airのバッテリーを交換したら費用は?

チェンマイでMacBook Airのバッテリーを交換したら費用は?

5年前に購入したMacBook Airのバッテリーアイコンにバツ(×)が表示されるようになりました。

電源アダプタに接続すれば使用できますが、外での作業が不便なので、バッテリーを交換することに。

今回はチェンマイでMacBook Airのバッテリーを交換したらいくらかかるのか?費用についてまとめました。

MacBook Airのバッテリー状況の確認

MacBook Airのバッテリー残量に×(バツ)が表示

バッテリーの状態は『option』を押しながらメニューバーのバッテリーアイコンをクリックすると以下のいずれかのメッセージが表示されますので、消耗が早くなったと感じたら確認してみてくだい。

  • 正常
  • 間もなく交換
  • 今すぐ交換
  • バッテリーの交換修理
アップル公式サイト

MacBook Airのバッテリーを日本で交換する場合

一時帰国のついでに日本でバッテリー交換することも検討したので調べてみると、

AppleCareで交換した場合 12,800 円 公式サイト https://support.apple.com/ja-jp/mac/repair/service

アマゾンでバッテリーを注文して自分で交換した場合 7000円前後 でした。

自分で交換すると5000円ほどやすあがり!しかも、郵送で送ったり、ジーニアスバー(サポート窓口)に出向く手間が省けます。

*ただし、不具合が起きた場合は自己責任。

MacBook Airのバッテリーをチェンマイで交換する場合

チェンマイにはGenius Bar(Apple直営店に併設されてるサポート窓口)がないので、アップル正規サービスプロバイダーか修理専門店に持ち込みます。

アップル正規サービスプロバイダー

チェンマイのアップル正規サービスプロバイダーはこちらのアップル公式サイトから検索できます。

ぼくは2回ほどiCare(日本でいうところのGenius Bar)を利用したことがあります。

当時はタイ語ができなかったということもあり、価格が微妙でした。

関連記事

*2018年2月15日現在、ガードスワンゲードのiCareは閉店。(Studio7はやっています)

Apple製品の修理専門店

Apple製品の修理専門店はチェンマイ旧市街にたくさんありますが、今回は店員さんの感じが良く、目の前で作業してくれるCyberbattさんにお願いしました。

店名|Cyberbatt Chiang mai
座標|18.79689, 98.98122
連絡|090 406 4144
FB|https://www.facebook.com/cyberbattchiangmai/
営業|10:30 -19:30

Cyberbatt Chiang mai

チェンマイのアイコンスクエア入り口

Cyberbattはジェーンフアリム(旧市街のお堀の左角付近)のアイコンスクエア内にあります。

アイコンスクエアは日本でいう秋葉原の専門ビルのような感じで、外付けドライブ、キーボード、マウス、ウェブカメラ、スピーカーなどパソコンの周辺機器を取り扱っているお店が数店入っています。

MacBook Airのバッテリー交換の料金を尋ねると、工賃込みで3000バーツ。

一応、バッテリーの充放電回数を確認していました。

その日は在庫がなかったためバンコクから取り寄せ(15:00ごろ注文して翌日の昼過ぎ到着)

そして翌日

MacBook Airの裏蓋を外す

慣れた手つきでmacの裏蓋を外します。

MacBook Airのバッテリーをコネクターから外す

バッテリーをコネクターから外し、新しいバッテリーに交換。(所用時間5分)

MacBook Airの内部掃除

ついでにというか、5年使用した本体内はホコリがびっちりだったので、

エアーブロアーとブラシを使って内部掃除もしてくれました。(所用時間7、8分)

MacBook Airのファン

ファンの周りはホコリが塊になってたまっていました。

1年くらい前から『うぃーん』という音が頻繁に鳴っていましたが、この日を境になくなりました。

パソコンから異音がする人はiCare(Genius Bar)に持って行く前に修理専門店で内部に溜まったホコリをとってもらうことをおすすめします。

チェンマイで自分で交換する

ちなみに、チェンマイでバッテリーだけを買って、自分で交換した場合の料金は、lazadaで8400円でした。

Apple公式サイトのMacBook Air のモデルを識別するで部品番号を確認して、『部品番号+バッテリー』で検索。

MacBook Airの放熱


今回(ついでに)内部掃除をしてもらうまでは、MacBook Airの放熱に25サタンと50サタンを使っていました。

分解掃除後(無料サービス)、熱も音もなくなり快適に使えています!



About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイ生活6年目突入!

現地にいるからこそ知っているチェンマイの穴場スポットや、チェンマイで生活する上で必要な情報をコツコツ書いてます。

情報の鮮度と質にこだわり、タイ語メディアを使って情報収集しています。

➡︎詳しいプロフィール