チェンマイでタイ語勉強中

チェンマイのサンカムペーンにあるムアンオン洞窟

チェンマイのサンカムペーンにあるムアンオン洞窟

サンカムペーンのムアンオン洞窟 (Mueang On Cave)

ムアンオン洞窟は2億4500万年前の地層に形成された多層構造の鍾乳洞です。出所:http://www1.plala.or.jp/CUE/caveF_Thailand_Ch.html

壁や天井から垂れ下がった鍾乳石の装飾が幻想的で、何か別世界に足を踏み入れてしまったような非現実的な気持ちにさせられます。

最大の見どころは洞窟の中央にある石灰質を含んだ水がしたたり落ちて固まり積もってできた石筍で、その神秘的なたたずまいは思わず「うぉー!」と声がでてしまいそうになります。

ムアンオン洞窟のアクセス

ムアンオン洞窟はチェンマイ市内から東に30キロ、車で40分の距離にあります。サンカムペーン温泉がすぐ近くにあるので、温泉ついでに是非よってみてください。

洞窟では汗だくになるので、帰りより行きによったほうがいいと思います。

アクセスはワローロット市場からはサンカムペーン温泉行きのソンテオが、チャンプアック門のバスターミナル1からはミニバンがでているので、途中で降ろしてもらうように頼むか、ウーバーを利用してください。

サンカムペーンへソンテオやバスで行く人→チェンマイ市内近郊の温泉への行き方

サンカムペーンへウーバー(Uber)で行く人→チェンマイ旅行では料金トラブルがないウーバーが便利

サンカムペーンへレンタルバイクで行く人→タイで有効な免許証とレンタルバイクの借り方

ムアンオン洞窟の様子

それでは洞窟探検へ。

ムアンオン洞窟の売店と駐車場

ムアンオン洞窟の売店と駐車場

ルート1317から左手の脇道に入りゆるやかな坂を登っていくとムアンオン洞窟の駐車場と売店があります。

ムアンオン洞窟の猿

売店に寄って見ると、なんと、お猿さんが5、6匹います。

ムアンオン洞窟のの売店の焼き鳥

お猿さんのお目当は店先で焼いている焼き鳥です。

ムアンオン洞窟のサル

この後、悪さをして売店のおばちゃんに追っ払われましたw

話が脱線しましたが、売店のおばちゃんに洞窟の入口まで187段の階段があり飲み物はここでしか買えない。と言われました。そう言われるとなんか買いたくないので飲み物無しで洞窟へ向かいます。

ムアンオン洞窟のチケット売り場

登り口脇にチケット売り場があり、お参り用の線香と花が売っています。後で知ったのですが、お参り用の線香と花を買った人は入場無料で、みているとタイ人はだいたいこのスタイルでした。

ぼくは、ここでチケットを買わずに洞窟入口で20バーツ払いました。

ムアンオン洞窟の階段

ムアンオン洞窟の階段

階段の登り口です。毎月参拝に行っているドイステープ寺院の300段に比べたら187段なんてたいしたことないと思っていましたが、

ムアンオン洞窟の階段の様子 2

ムアンオン洞窟の階段は角度が急で結構きつかったです。

ムアンオン洞窟の階段の様子 3 ムアンオン洞窟の階段の様子 4

途中にサーラー(壁のない屋根と柱だけの建物)があったので一休みです。お約束の銅鑼をなでるタイ人

洞窟の入り口

さらに進んでいくと洞窟の入り口に到着です。チケットを買わなかった人はここで20バーツ支払います。

Sri Wichai高僧の像

横にはシーウィチャイ高僧の像がたてまつられていています。

シーウィチャイ高層はステープ山のふもとからドイステープ寺院まで道路をつくったことで有名ですが、ムアンオン洞窟への道もシーウィチャイ高層によってつくられました。

シーウィチャイ高層はトゥドン(ธุดงค์)と呼ばれるタイの13苦行中にこの洞窟を発見し、全仏教徒が巡礼しやすいように村人を説得して道と階段、そして洞窟の入り口をつくらせました。

同時に、もとのドーイシラー(タイ語で石の山という意味)という名前にから現在のムアンオンに変更しました。

ムアンオン洞窟の入り口

ムアンオン洞窟の入り口

ムアンオン洞窟の入り口です。

ムアンオン洞窟の入り口の写真 1

写真だとわかりずらいですが、かなり狭いです。

ムアンオン洞窟の入り口の写真 2

反対側から撮った写真です。大柄な男性は入るのに一苦労すると思います。

ムアンオン洞窟の中

ムアンオン洞窟の地下に降りて行く階段

石の階段で地下深く降りていきます。

ムアンオン洞窟のルーシー像 ムアンオン洞窟の涅槃像

洞窟内を歩くと涅槃像とルーシー像があります。入り口からは想像できないほど、大きな洞窟の空間が広がります。

ムアンオン洞窟の鍾乳石

天井や壁からは鍾乳石と呼ばれる氷柱状の石灰岩がどころどころ垂れ下がっていてライトをあてるとキラキラ光ます。

ムアンオン洞窟の石筍

ムアンオン洞窟の石筍

洞窟中央まで進むとこの洞窟の目玉であるプラターツゥノムパーと呼ばれる石筍があります。

ムアンオン洞窟の石筍のアップ

石筍は1センチ成長するのに約130年かかると言われています。ムアンオン洞窟の石筍ほど大きくなるには何十万年かかったんでしょうか。ちょっと計算しきれません。一見の価値があると思います。

チェンダオ洞窟は暑さとジメジメ感で汗が止まらなかったですが、 ムアンオン洞窟はひんやり涼しかったです。

ムアンオン洞窟からの風景

“HIRO”
喉がカラカラで帰りに売店でジュースを飲みました。売店からの風景もなかなかです。
sponsored link
Facebookページからも更新情報をお届けします

Monthly Ranking