チェンマイの金曜朝市!雲南ムスリム朝市で食べ歩きグルメを楽しむ

2019年7月23日




チェンマイの金曜朝市!雲南ムスリム朝市で食べ歩きグルメを楽しむ

チェンマイに移り住んだ中華系雲南民族が毎週金曜日の朝に開催する金曜朝市(雲南ムスリム朝市)をご紹介します。

市内の市場とはちがった独特の雰囲気とここでしか食べられない名物グルメを楽しんでください。

雲南ムスリム市場とは

毎週金曜日の朝に開催される雲南ムスリム朝市は、チェンマイに移り住んだ雲南系中国人たちがハラル通りの広場に集まり、自分たちの家で作った野菜や果物を売り始めたのがはじまりです。

そのため、地元ではガードバーンホー(雲南家市場)と呼ばれています。

ガード=タイ北部の方言で市場(กาด)
バーン=家(บ้าน)
ホー=タイ北部の方言で雲南省(ฮ่อ)
名称 金曜朝市(雲南ムスリム朝市)
タイ語 กาดบ้านฮ่อ(ガードバーンホー)
営業時間 5時00分~12時00分
座標 18.78643, 99.00147
アクセス ハラル通り(チャルンプラテート通りソイ1)
市場で野菜や食料品を売っている行商のおばちゃんたちの顔つきや飛び交う言葉はタイ人と異なるので、市内の市場とはちがった雰囲気を肌で感じることができますよ。

雲南イスラム朝市の場所


チャンクラン通りからハラル通り(チャルンプラテート通りソイ1)に入って5メートルくらい歩くと右手に市場の入り口があります。(左手にモスク)
チェンマイハラル通りの入り口
この通りはチェンマイのイスラム横丁とよばれていて、イスラム教の戒律に従った食べ物が提供されているお店が並んでいます。

雲南カオソーイ、カオソーイイスラムを食べることができます。

雲南朝市で売っているもの

●新鮮な野菜

雲南朝市で売っている野菜

雲南朝市の筍

●香草・薬草

●四季折々の果物

雲南朝市のいちご

雲南朝市で売っている生ナツメ

旬のくだものを買って帰ってホテルで食べるものいいですね。

●日本の食材(納豆・湯葉・お餅)


山岳民族の手作り納豆も売っています。

日本の納豆と違ってネバネバしてません。

それほど美味しくありませんが、まずくもなかったです。


湯葉は豆の味がしっかりと濃く、美味しかったです。


お餅はここで調達しています。

●お米

雲南市場で売っているお米

●漬け物

雲南朝市の漬物
●羊の肉

雲南ムスリム朝市おすすめグルメ

チェンマイの雲南ムスリム朝市に来たら日本では食べることのできないグルメに挑戦してみましょう!

●とうもろこしのパンケーキ

雲南イスラム朝市のとうもろこしのパンケーキ

焼きたてがたべれます。

とうもろこしのパンケーキを焼いている写真

薄力粉とコーンスターチをまぜた粉(筆者予想)をプライパンで焼きます。

雲南ムスリムのトウモロコシのパンケーキ 2

食感はふわふわもちもちで、うっすらとトウモロコシの甘みがあります。

で、す、が、超〜油ギッシュです!

●あんこ餅

雲南ムスリム朝市のあんこ餅 1jpg

あんこ餅もこれまた油がすごくてギットギトです。

雲南ムスリム朝市のあんこ餅 2

中のこしあんは美味しいのに、とにかく油ギッシュで、2品続けての完食はきつかったです。

●とうもろこしもち

雲南ムスリムのとうもろこしの加工品

とおもろこしもち

鳥の餌?

一口食べて、こっそり捨てました(´・_・`)

●黒ごまもち

雲南ムスリム朝市の黒ごまもちを焼いている写真

平らにのばした黒もちの中に胡麻餡が入っています。

焼きたてはかなり熱いので注意してください。

雲南ムスリム朝市の黒ごまもち 1

個人的には作りおきしてあるほうが好きです。

バナナの葉の香りがいいかんじになじんで、よもぎ餅のような風味が味わえます。

黒ごまもちは自信をもっておすすめです!

●カオフンイェン(冷たいカオフン)

チェンマイの冷たいカオフン

カオフンとはタイ北部とミャンマーの国境近くで暮らすタイヤイ族 タイルー族が好んで食べるソウルフードです。

チェンマイでカオフンを提供するお店はいつもタイヤイの子たちでいっぱいです。

カオフンは冷たいものとあたたかいものがあります。

チェンマイ雲南朝市で売っているカオフンのかたまり

まずは冷たいカオフンから紹介します。

豆から作る豆腐のような寒天のような黄色い固まりを棒状に切ります。

カオフンを棒状に切っている写真

切ったカオフンのうえに高菜と野菜をのせ調味料を加えてできあがりです。

カオフン

舌ざわりがよく、とてもなめらかで噛まずにスーッと口の中から消えていきます。

豆の甘みと甘酸っぱいタレがいい感じにマッチしています。

見た目はわるいですがかなり美味しいです!

●カオフンウン(温かいカオフン)

チェンマイ雲南朝市のカオフンウン 温かいカオフン

雲南麺に温かいカオフンがかかっています。

温かいカオフン

片栗粉でとろみをつけたポタージュみたいな感じです。

温かいカオフンの中に入っている麺
中には麺が入っています。

高菜入りカオフン
辛子高菜をいれるとまた味が変わって美味しいですよ。

金曜日に来れない方は、ワロロット朝市のカオフンも美味しいのでおすすめです。

●雲南そば

チェンマイの雲南朝市のいろいろな麺

雲南朝市ではだいたいどこのお店もカオフンの他に5〜6種類の麺を用意しています。

  • もち米からつくった麺
  • 米でつくった米線
  • 普通の麺
  • 現在調査中の麵

注文方法は、食べたい麺を指差せばOKです!

汁あり、汁なしはジェスチャーで頑張ってください。

麺だけ指さして何も言わないと、この写真の雲南そばができています。

チェンマイ雲南朝市の米麺

上にのっている赤いペースト状のものはミートソースに似た味でトマトの酸味がきいています。

だしの効いたスープにあっさり味のトマトペーストが絶妙です。

チェンマイ雲南朝市の米麺−1

白い麺はもちもちした食感でタイそうめんよりコシがあり、個人的には好きな味です。

この味で30バーツ(100円)なら毎週食べにきたいです。

●一杯数千円!奇跡の鶏そば

チェンマイの黒い鶏

チェンマイや隣県のチェンラーイでは黒い鶏を飼育していて、雲南朝市ではその真っ黒な鶏の肉が売られています。

血液以外はすべて黒いそうです。

チェンマイで飼育されている黒い鶏

写真:http://www.kasetporpeang.com/forums/index.php?topic=12192.0

奇跡のニワトリと言われているインドネシアのジャワ島原アヤム・セマニにそっくりなんですが、

まさか本物(純血)!?

チェンマイ雲南朝市の黒鶏ラーメン

真偽の程はさておき、チェンマイの雲南朝市では黒鶏そばが食べられます。

だいたい雲南朝市のラーメンは一杯25バーツから30バーツ100円程度ですが、この黒鶏そばは50バーツと倍の値段です。

注文方法は白い麺を指差して、ガイダムと言ってください。

おまじないみたいですがタイ語で黒い鳥という意味です。

ガイ=鳥

ダム=黒

伝わらなかったら、このサイトの写真をみせれば確実です。

チェンマイ雲南朝市の一羽数万円 奇跡の鶏ラーメン

写真のとおり肉も骨も真っ黒です。

スープは透明で澄んでいるのに動物系のコクがあって本当においしいです。

お肉のほうですが身が締まっていてぷりっぷりっで、噛むと旨味がじゅわ〜と出てきます。

【チェンマイのご当地 グルメ25選】北タイ料理からB級グルメまで