チェンマイでタイ語勉強中

ランパーンの断崖絶にそびえる寺!タイ政府観光庁絶景ベスト10選出

ランパーンの断崖絶にそびえる寺!タイ政府観光庁絶景ベスト10選出

チェンマイの隣県、ランパーン県にある断崖絶壁にそびえたつ寺院を見に行ってきました!

外国人観光客が訪れない場所なのであまり知られていませんが、タイ政府観光庁のタイの絶景ベスト10に選ばれるほどタイ人には人気のある観光スポットです。

ワットプラプッタバートプーパーデーン

プラプッタバートプーパーデーン寺院、通称ドーイプーヤックはランパーン県ジェーンホム郡、標高815mの断崖絶壁にそびえたつお寺です。

もともと山頂にはお釈迦様の足跡を象った仏足石しかありませんでしたが、険しい崖を登って参拝にくる人が増えたことから、2004年10月18日、寺院も建立されました。

崖の上へ仏塔や鐘を運びこむのに10年の歳月を費やしたそうです。

正式名称|ワットチャルンプラギヤットプラジョムグラーオラーチャヌソーン
通称|ドーイプヤック
座標|18.74214, 99.54349

ワットプラプッタバートプーパーデーンへのアクセス

ワットプラプッタバートプーパーデーンがある山の麓

まずは、ランパーン駅から60km離れた山の麓を目指します。車で約1時間。

路線バスは通っていないので、ランパーン駅またはチェンマイからソンテオ貸切チャーターかウーバーを利用します。

関連記事
 

山の麓に着いたらピックアップトラックに乗り換えて中継地点を目指します。

中継地点

ドーイプヤック中継地点

チケットは登りと下りセットで100バーツです。外国人観光客が訪れない場所なので二重料金はありません。タイ人も同じです。

ドーイプヤックを登るトラック
お正月に行ったので激混みでしたが、チケットを買った時にどの列に並べばいいですかと尋ねたら、

ドーイプヤック中継地点の並んでいるタイ人

中から係のおばさんが出てきて、出発直前のトラックの助手席に乗せてくれました。

かなりワープして申し訳なかったですが、外国人だから仕方ない。みたいなあたたかい空気でした。

ドーイプヤックの下
ピックアップトラックで急な坂を3km登ります。

登り口(ここから徒歩)

ワットプラプッタバートプーパーデーンのカフェからみる絶景
登り口からは頂上まで歩いて1km。

その前に休憩所でコーヒータイムです。

頂上を目指すまえにすでにこの景色ですよ!もう、テンション上がりっぱなしです。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上までの道中 1

頂上までの道はきちんと整備されていました。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上までの道中 2

階段にある手すりはぐらぐらする箇所もあったので要注意です。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上までの道中 3

階段が延々と続きけっこうきつかったです。

頂上

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂に並ぶタイ人

頂上に到着するとさらに上に展望台があり、20人ずつ上がれるようになっています。

しんどかったですが、若い子は平気な顔してるんですよね。どういう訳か女子率8割です。

60、70歳のおばあちゃんもいたので僕が運動不足なだけなんですかね。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上の釣鐘

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上の塔

一番高い場所にある塔です。

断崖絶壁からの絶景

ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景 1

雲に手が届きそうってこういう風景をいうんだなって思いました。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景 2

只々、何も考えずにぼーと眺めていました。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景 3

ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景 4

よくここまで鐘と仏塔運んだと関心しました。ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景を見る人々

“HIRO”
ここを訪れる観光客は100%タイ人なので、タイの祝祭日を外すと空いているとのことでした。(チケット売り場のおばちゃん談)

その他のランパーン観光記事一覧へ

この記事が気に入ったら
"いいね"しよう!