チェンマイでタイ語勉強中

チェンマイの隣町ランパーンには断崖絶壁にそびえる絶景な寺があった

チェンマイの隣町ランパーンには断崖絶壁にそびえる絶景な寺があった

ランパーン県の断崖絶壁にそびえたつ息をのむほど美しい寺院を見に行ってきました!

外国人観光客が訪れない場所なのであまり知られていませんが、タイ国政府観光庁の未だ見ぬタイの絶景ベスト10に選ばれるほどタイ人に人気のある観光スポットです。

山頂からの大絶景は必ずあなたに感動を与えてくれます。

ワットプラプッタバートプーパーデーン

プラプッタバートプーパーデーン寺院、通称ドーイプーヤックはランパーン県ジェーンホム郡、標高815mの断崖絶壁にそびえたつお寺です。

もともとここには仏足石があり信仰する村人が険しい崖を登って礼拝する場所でした。

その後、拝礼者が増えたこともありラーマ4世生誕200年を機に2004年10月18日にこの崖にお寺を建立することになりました。

崖の上にある仏塔や鐘は10年以上の歳月を費やして村人達によって運ばれました。

お寺へのアクセスは山の麓から3kmの離れた中継所までソンテオやトラックで行き、そこから頂上まで約1キロ徒歩になります。

でこぼこ道を想像していましたが、意外にも階段はきちんと整備されていて、自然の美しさを楽しみながら登ることができました。

頂上は思わず息を飲む 360度の大パノラマが広がります!

動画を撮りましたが、ドローンのカッコイイ映像があったのでこちらをご覧ください。

ワットプラプッタバートプーパーデーン

タイ語|วัดพระพุทธบาทปู่ผาแดง

正式名称|ワットチャルンプラギヤットプラジョムグラーオラーチャヌソーン

タイ語|วัดเฉลิมพระเกียรติพระจอมเกล้าราชานุสรณ์

通称|ドーイプヤック

タイ語|ดอยปู่ยักษ์

ワットプラプッタバートプーパーデーンへのアクセス

寺院はランパーン市内から60km離れた場所にありランパーン駅から車で約1時間です。

ランパーン駅へはチェンマイから電車とバスが運行しています。

チェンマイから直接行った場合は車で2時間30分くらいです。

ワットプラプッタバートプーパーデーンがある山の麓

山の麓にある中継地点まで行ったらでソンテオやトラックに乗り換えます。

中継地点

ドーイプヤック中継地点

チケットは登りと下りセットで100バーツです。外国人は来ないのでタイ人も同じ料金です。

お正月に行ったのでかなり混んでいました。

しかーし、チケットを買った時にどの列に並べばいいですか?と丁寧なタイ語で尋ねたら、

ドーイプヤックを登るトラック

中から係のおばさんが出て来て運転手にこの子(ぼく)日本から来たからよろしくね。って、助手席に乗せてくれました。

ドーイプヤック中継地点の並んでいるタイ人

かなりワープして申し訳なかったですが、外国人だから仕方ない。みたいなあたたかい空気がありました。

ドーイプヤックの下

ソンテオに乗って3km急な坂を登っていきます。

登り口(ここから徒歩)

麓からトラックで3km、お寺の下部に到着します。

ワットプラプッタバートプーパーデーンのカフェからみる絶景

休憩所でコーヒータイムです。頂上を目指すまえにすでにこの景色ですよ!もう、テンション上がりっぱなしです。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上までの道中 1

頂上までの道はきちんと整備されていました。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上までの道中 2

階段にある手すりはぐらぐらする箇所もあったので要注意です。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上までの道中 3

階段が延々と続きけっこうきつかったです。

頂上

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂に並ぶタイ人

頂上に到着するとさらに上に展望台があり、20人ずつ上がれるようになっています。

しんどかったですが、若い子は平気な顔してるんですよね。どういう訳か女子率8割です。

60、70歳のおばあちゃんもいたので僕が運動不足なだけなんですかね。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上の釣鐘

ワットプラプッタバートプーパーデーンの頂上の塔

一番高い場所にある塔です。

断崖絶壁からの絶景

ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景 1

雲に手が届きそうってこういう風景をいうんだなって思いました。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景 2

只々、何も考えずにぼーと眺めていました。

ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景 3

ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景 4

よくここまで鐘と仏塔運んだと関心しました。ワットプラプッタバートプーパーデーンの絶景を見る人々

写真で分かると思いますが、ここを訪れる観光客は100%タイ人です。タイの祝祭日を外して行くと空いているとのことでした。(チケット売り場のおばちゃん談)

チェンマイからワットプラプッタバートプーパーデーンへのアクセスはチェンマイから国鉄かバスでランパーンまで行き、ランパーンについたらソンテオと交渉になります。

関連記事

チェンマイから日帰りできるランパーンの観光スポットと交通アクセス

HIRO
チェンマイ、ランパーンを訪れる機会のある人は日帰りできるので是非行ってみてください。
sponsored link

Monthly Ranking