待ってました!チェンマイのドイサケット温泉がリニューアルオープン

待ってました!チェンマイのドイサケット温泉がリニューアルオープン

チェンマイ在住者から絶大な支持を得ている、ドイサケット温泉が長い改修工事期間を経て、2018年6月、ついにリニューアルオープンしました。

個室には浴槽の他に、大きな水瓶が設置されたので、温泉と水風呂のコンボが楽しめます!

ドイサケット温泉基本情報

  • 名称:ドーイサケット温泉
  • 英語:Doi Saket Hot Spring
  • タイ語:น้ําพุร้อนดอยสะเก็ด
  • 住所: ชม.3005 Pa Miang, Amphoe Doi Saket, Chang Wat Chiang Mai 50220
  • 連絡:092-802-0001
  • 営業:8:00~18:00
  • 入場料: –
  • 入浴料:50・100バーツ
  • 源泉78℃
  • アルカリ性単純温泉(ph8.5)
  • 座標:18.90984, 99.24564
  • HP:http://xn--12c1bbra3a4af0e0ac2br9f7fveuae5e.com/
  • FB:https://www.facebook.com/chiangmaihotsprings/
  • アクセス:チェンマイ中心市街地よりソンテウ、ミニバンで30~40分。
  • 2018年6月にリニューアルオープン

ドイサケット温泉への行き方

ドイサケット温泉へ向かう3005号線の入り口にある標識

レンタルバイク

チェンマイ中心市街地より118号線を東に走行(チェンライ方面)、小さな峠を超え、ドイサケット温泉の標識を目印に右折、3005号線を2kmほど南下。

チャーターソンテウ

赤いソンテウを往復で貸切。*600バーツ〜800バーツが相場。

ニマンヘミン・メーヤ・チャーンプアック門・ターペ門に外国人観光客向けチャーターソンテウ乗り場があります。

グラムタクシー

配車アプリでドイサケット温泉までの運賃を調べたところ、ニマンヘミンから片道450バーツ。

Uber撤退後のチェンマイでタクシー配車アプリGrabを使う注意点

路線ソンテウ

バスターミナル1から郊外に向かう路線ソンテウが3005号線入り口に停まります。*要タイ語

チェンマイの郊外・他県へ行くソンテウ全7種類の運行ルート

ドイサケット温泉の様子

ドイサケット温泉の看板
まだ、工事中の箇所もありましたが、とりあえず、温泉に浸かることができました。

ドイサケット温泉の足湯ゾーン
▲足湯ゾーン (無料)

ドイサケット温泉の温泉卵ゾーン
▲温泉卵ゾーン

ドイサケット温泉の温泉卵をつくる源泉
▲温泉たまごは受付で売っています。

温泉卵をつくる源泉の温度は78度。

ドイサケット温泉の温水プール
▲温水プールゾーン *要水着着用

大人:100バーツ 子供:50バーツ

ドイサケット温泉のマッサージエリア
▲マッサージエリア

ドイサケット温泉のマッサージ料金表

  • フットマッサージ:100バーツ(30分)
  • ヘッド・ショルダーマッサージ:200バーツ(1時間)
  • タイマッサージ 150バーツ:(1時間)
  • オイルマッサージ:200バーツ(1時間)
  • スパトリートメント:300バーツ(1時間)

ドイサケット温泉の受付
こちらの受付で先に入浴料を払います。

  • 湯浴み着:10バーツ
  • バスタオル:10バーツ

が、レンタルできるので手ぶらでも大丈夫です。

肝心な湯船の方は、

ドイサケット温泉の大浴場
男女別の大浴場 50バーツ 30分 *先客がいたので写真なし

ドイサケット温泉のバンガロー
▲個室(バンガロー) 30分100バーツ

ドイサケット温泉の個室の浴槽
▲浴槽は大人3人が入って足を伸ばせるサイズです。

ゆったりできる点は良いですが、

浴槽サイズに対して蛇口が小さいので、湯を張るまで20分くらい待った気がします。

泉質はPH8.6のアルカリ性単純温泉です。

ドイサケット温泉の大きな水瓶
個室には首まですっぽりつかれる大きな水瓶もあるので、こちらに水をはると、温泉と水風呂のコンボが楽しめます。

まとめ

リニューアルして良かった点

リニューアルしたばかりということもあり、綺麗で清潔感は抜群!

温泉と水風呂のコンボ最高!

湯と水を入れ替えたりする必要がなく、そのまま水風呂に飛び込めるって、サウナ好きにはたまりません!

フルちんで温泉と水風呂のコンボが楽しめるのは、たぶん、チェンマイでここだけのような気がします。

リニューアルしなかった方が良かった点

個室が、たったの2部屋。

これは、少なすぎる。。。

*リニューアル前は20バーツの部屋が4部屋、40バーツの部屋が4部屋、80バーツの部屋が2部屋の計10部屋ありました。

一人用の温泉(大きな水瓶に湯をためる)が5つありますが、水着着用、プライベート感なし。

個人的にはもう少し値上げしてもいいので、個室を増やして欲しいと思いました。

色々なアクティビティも建設中でしたので、これから楽しみなエリアですが、

旅行者の方には、交通アクセスが充実しているサンカムペーン温泉の方が利用しやすいと思います。

サンカムペーン温泉の泉質・効能と行き方(6つの交通手段)



About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイ生活6年目突入!

現地にいるからこそ知っているチェンマイの穴場スポットや、チェンマイで生活する上で必要な情報をコツコツ書いてます。

情報の鮮度と質にこだわり、タイ語メディアを使って情報収集しています。

➡︎詳しいプロフィール