チェンライで絶対に行ったほうがいいおすすめ寺院8選

2019年8月5日




チェンライで絶対に行ったほうがいいおすすめ寺院8選

チェンライの定番観光地といえば、白い寺と青い寺があげられますが、

巨大観音像や伝説の珍獣が祀ってあるお寺など、他にも魅力的な寺院が点在しています。

今回はチェンライで絶対に見に行って欲しい見どころ満載の寺院を8寺ご紹介します。

ワットロンクン(白い寺)

ワットロンクンの礼拝堂
ワット・ロンクン(通称:ホワイトテンプル)はチェンライ出身の芸術家であるチャルーンチャイ・コーシピパット氏が独特の世界観で天国をイメージしてデザインしたお寺です。
ワットロンクン橋の下にいる邪気
チェンライの観光名所として知られるスポットで、連日多くの参拝者や観光客が訪れます。

インスタ映えする写真がたくさん撮れますよ。

名称 ワット・ロンクン
通称 ホワイトテンプル
タイ語 วัดร่องขุ่น
参拝時間 08:00〜17:00(土日は30分延長)
参拝料 50バーツ(外国人)

ソンテウと専用バスの乗り場はこちらの記事に詳しくまとめてあります。

【ワットロンクン】チェンライの白い寺への行き方と見どころ

ワットロンスアトン(青い寺)

チェンライブルーテンプルーワットロンスアトンの入り口
ワットロンスアトン(ブルーテンプル)はチェンライの芸術家プッター・ガープゲーオ氏(サラーノックさん)によって建築されました。

チェンライブルーテンプルーワットロンスアトン
サラーノックさんはチェンライラチャバット大学で美術を専攻、

在学中の2001年から2003年までの2年間、白い寺の建築にも携わっていました。

そのせいか、青い寺も他のお寺とは一線を画す独特な世界観をもつ寺院です。

チェンライブルーテンプルーワットロンスアトンの仏像
白い仏像が青い光でライトアップされていて幻想的です。

チェンライブルーテンプルーワットロンスアトンの壁画
壁画は青を基調としたなジャータカが描かれていて、クリスチャンラッセンを彷彿させるアート感があります。

チェンライの青い寺【ワットロンスアテン】幻想的なブルーの世界

ワットプラケーオ(エメラルド仏)

チェンライのエメラルド仏
タイでもっとも重要な仏像である「エメラルド仏」が安置されていた由緒ある寺院です。

「エメラルド仏」は1434年にチェンライで発見され、ランパーン、チェンライを経て1784年にバンコクのワットプラケーオに移されました。

現在、チェンライのワットプラケーオある「エメラルド仏」は1991年にシーナカリン故母后の90歳の誕生日を祝うため、カナダから翡翠を取り寄せてつくられたものです。

IMG 1982
博物館も併設されているので歴史が好きな方におすすめです。

名称 ワットプラケーオ(チェンライ)
タイ語 วัดพระแก้ว
場所 1 19 Trairat Rd, Tambon Wiang, Amphoe Mueang Chiang Rai, Chang Wat Chiang Rai 57000
連絡 053 711 385
公式HP http://www.watphrakaew-chiangrai.com/

ワットプラタートドイトゥン(亥年のお寺)

ワットプラタートドイトゥン
911年に建立されたワットプラタートドイトゥンの2連の仏塔にはお釈迦様の右の鎖骨が納められています。

十二支仏塔巡礼の亥年にあたるお寺でもあるの、亥年の方はぜひ訪れてみてください。

タムルアン洞窟、メーファールアンガーデンの近くですので一緒にまわるのがおすすめです。

【メーサイ観光】国境の街メーサイの穴場観光スポット10選


名称 ワットプラタートドイトゥン
タイ語 วัดพระมหาชินธาตุเจ้า
英語 Wat Phra Maha Chin That Chao
参拝時間 7:30〜17:30

ワット プラタート ドーイカオクワーイ(伝説の珍獣)

IMG 0803
ワットプラタートドーイカオクワーイは外国人観光客にはあまり知られていませんが、チェンライに古くから伝わる伝説の珍獣シーフーハーターが祀ってある地元では有名なお寺です。

チェンマイ第一バスターミナルから南西方向に車で15分、小高い丘を登った場所にあります。

IMG 0798
5月に行ったので煙害で視界が悪かったですが、本来ならチェンライ市内が見渡せる場所です。

IMG 0799
シーフーハーターは耳が4つ目が5つある日本でいうヤマタノオロチ的存在。

チェンライ第一バスターミナル、ホワイトテンプルなどいろいろな場所でマスコットキャラとして親しまれています。

IMG 0790
仏塔には仏舎利が納めてあると云われています。

名称 ワット プラタート ドーイカオクワーイ
タイ語 วัดพระธาตุดอยเขาควายแก้ว

ワットタムプラー(猿寺)


ワットタムプラーは地元で『猿寺』という愛称で親しまれている人気のお寺です。
チェンラーイワットタムプラーのサル04
猿の群れや鍾乳洞

チェンラーイワットタムプラーの地獄絵巻-1
地獄の世界を描いた「地獄絵巻」など見所満載のお寺です。

ワットフゥアイプラーカン(巨大観音菩薩)

チェンライ県ワットフアイプラガンの本堂と観音像と9重塔
ワットフゥアイプラーカンはチェンライ市内の小高い丘から穏やかな表情でチェンライを見守る高さ69mの巨大観音と中国とランナーの建築様式が巧みに融合した九重塔が見どころのお寺です。

巨大観音

チェンライ県ワットフアイプラガンの観音像
高さ69mの巨大観音像の内部はエレベーターで登ることができチェンライの街並みを一望できます。

チェンライ県ワットフアイプラガンの観音像の23階の彫刻 2

チェンライ県ワットフアイプラガンの観音像の23階の彫刻 3
壁には美しい彫刻が施されています。

九重塔

チェンライ県にあるWat Huay Plakang 9 Tier Templeの階段の龍 1
九重塔の各階には中国、ミャンマー、インドから取り寄せた香木仏像が配してあります。

一階 大きな観音菩薩坐像
二階 観音菩薩立像
三階 観音菩薩立像
四階 チャチューンサオSothon仏
五階 千手観音像
六階 ルアンプハット像
七階 ナーガ上の仏陀坐像
八階 迦旃延
九階 シヴァ像

【ワットフゥアイプラーカン】チェンライの巨大観音像と9重塔

ワットムアンプッタメータークンナラム(巨大布袋)

チェンライのワットムアンプッタメータークンナラム
ワットムアンプッタメータークンナラムは、タイでは珍しい日本と同じ大乗仏教のお寺です。

日本の仏教は中国、チベット、朝鮮半島などの北方を経由して伝わった「大乗仏教」。
タイの仏教はスリランカ、カンボジア、ラオス、ビルマなどの南方を経由して伝わった「上座部仏教」。

チェンライのワットムアンプッタメータークンナラムの布袋像
のどかな田舎にぽつんと迫力ある巨大な布袋さんが鎮座しています。

チェンライのワットムアンプッタメータークンナラムの弥勒如来三尊
中に入ると、脇侍を従えた弥勒如来を中尊とする三尊仏が祀ってありました。

チェンライののどかな田舎風景 2
チェンライ市内から40キロ、車で1時間弱の距離です。交通量が少ないので景色を楽しみながらのバイクツーリングがおすすめです。

絵葉書みたいなのどかな田舎風景に癒されます。

名称 ワットムアンプッタメータークンナラム
タイ語 วัดหมื่นพุทธเมตตาคุณาราม
参拝時間 7時〜17時
連絡 093 138 8363
座標 20.16416, 99.99553

まとめ

ワットプラケーオを除いては、徒歩で行くのは厳しい場所にあります。

ソンテウやトゥクトゥクをチャーターして他の観光スポット一緒にまわるのがおすすめです。