メーカンポン村へのアクセスとおすすめ観光スポット7選

 2019年5月29日




メーカンポン村へのアクセスとおすすめ観光スポット7選

昔にタイムスリップしたかのような街並みと大自然を満喫できるメーカンポン村は今チェンマイで一番ホットな観光スポットです。

一昔前までは知る人ぞ知るという感じのメーカンポン村がなぜ突然ブレイクしたのか?今回は人気の秘密についてご紹介します。

名称 メーカンポン村
英語 Mae Kam Pong
タイ語 แม่กำปอง
住所 4074 Tambon Huai Kaeo, Amphoe Mae On, Chang Wat Chiang Mai 50130
座標 18.86581, 99.35314
アクセス ソンテウ、ミニバンで90分
宿泊 数年前からエコツーリズムに力を入れはじめ、積極的にホームステイを受け入れている

メーカンポン村アクセス


メーカンポン村へは以下の交通手段が利用できます。

  • ソンテオチャーター
  • レンタルバイク
  • ミニバス

ソンテオチャーターで行く

チャーターソンテウ
チャーター料金は交渉になるので一概にいくらとは言えませんが、500バーツ〜800バーツが相場です。

中心市街地を流し営業している赤いソンテウもチャーターできますが、悪い運転手もいますので、旅行者の方は観光客向けチャーターソンテウ乗り場から乗ることをおすすめします。

ミニバス

チェンマイバスターミナル1からメーガンポン村へ向かうバスの運行ダイヤ表

メーカンポン村がブレイクしたことにより、チェンマイ第一ターミナルからロットゥーと呼ばれるミニバスが1日4本運行するようになりました。

チェンマイ第一ターミナル、(通称チェンプアックバスターミナル)→サンカムペーン温泉→メーガムポン

  • バスステーション1発
    • 07:30発
    • 11:30発
    • 15:30発
    • 18:10発
  • ワローロット乗り場発
    • 07:40発
    • 11:40発
    • 15:40発
    • 18:20発
  • メーカポン(帰り)
    • 09:20発
    • 13:20発
    • 14:00発
    • 16:10発

運賃は大人1人120バーツ。所用時間90分。

朝一の便ならサンカムペーン温泉に寄ってから行くこともできます。

レンタルバイクで行く

日本で原付を運転したことがある方ならレンタルバイクが一番オススメです。*雨季を除く

チェンマイからメーカンポン村へレンタルバイクで行った時の風景1
筆者は車で3回、バイクで2回行ったことがありますが、交通量が少なくとても走りやすい道です。

広い一本道は左端を走っていれば危なくありません。

チェンマイからメーカンポン村へレンタルバイクで行った時の風景2
▲田園風景

チェンマイからメーカンポン村へレンタルバイクで行った時の風景3
▲真夏でも森の中は肌寒いので、何か羽織るものが必要です。

メーカンポン村人気観光スポット7選

メーカンポン村
チェンマイ中心市街地から東へ約50km、車を90分程走らせると海抜1,300mの山あいにひっそりと佇むメーカンポン村があります。

タイ王室が推進する農民支援プロジェクトで栽培されたコーヒー豆と茶葉以外はこれといった産業がなく、

働き口も限られている村では、何とか活気に満ちた集落にできないかと数年前より村全体で民泊に取り組みました。

すると、現地の人と話してみたい、暮らしを体験してみたい、という若者が訪れはじめSNSがきっかけとなり大ブレイク!

現在ではチェンマイを代表する人気観光スポットの一つになっています。

メーカンポン村のメインストリート

メーカンポン村のメインストリート 1
100m程のメインストリート沿いには飲食店やお土産屋さんが並んでいます。

メーカンポン村のメインストリート 2
偶然テレビを観ていたら特集が組まれていたので、混雑するとは思ってましたがまさかここまで!

テレビの力ってすごいですね。

メーカンポン村のメインストリート 3
*混雑はメインストリートだけです。

ルンプッドパーペン


メーカンポン村ルンプッドパーペンカフェ
ルンプッドパーペンは村の中央に位置し、野趣味あふれる木造建築がメーカンポン村のランドマーク的存在です。

飲食、宿泊もできます。

屋台

メーカンポン村の屋台 1

食べ物屋台もでていますので、ちょっとつまんで小腹を満たすことができます。

メーカンポン村の屋台2

ちなみにタイでは屋台で買った食べ物を他店に持ち込んで食べてもKO!

メーカンポン村の屋台の北部ソーセージ サイウア
▲北部ソーセージ「サイウア」

メーカンポン寺(ワットガンタープルックサー)

メーカンポン
メーカンポン村で唯一のお寺です。


メインストリートは駐車禁止になっているのでこのお寺が駐車場代わりになっています。

メーカンポン寺の猫

可愛い猫たちがいます。

メーカンポン村のカフェ

メーカンポン村のカフェは自然と一体化した非日常空間を満喫できます。

喧騒を離れてしっぽり過ごしたい人は、これから紹介するメインストリートから離れたカフェを訪れてみてください。

テドゥカフェ

メーカンポン村テドゥカフェの猫

滝と小川のせせらぎを聞きながらマイナスイオンをたっぷり浴びれるカフェです。

テドゥカフェ

看板で想像つくと思いますが可愛い猫がいます。

メーカンポン村のッカフェ

カフェへはうっそうとした森の中を50m程歩いていきます。

目と鼻の先(50m)がメーカンポン村のメインストリートになるため、立ち寄る人がいないので穴場ですよ。

IMG 3674

カウンター席の真下には小川が流れて、

降りて近くに行くことができます。

リゾート気分が満喫できるカフェです。


二匹の猫と贅沢な時間を過ごしました。

名称 Teddu cafe
営業 8:30~18:30
連絡 090 236 1419
FB https://th-th.facebook.com/Tedducoffee/
フォトジェニックポイント 滝と猫
メインストリートから歩いていけます。

パーナームロート

メーカンポン村のカフェ パーナームロートの店内
迫力ある大きな岩がゴロゴロしている森の中のカフェ

メーカンポン村のカフェ パーナームロートの入り口

入口は小さいので見落とさないように!(筆者はグーグルマップを見ながら走っているにもかかわらず通り過ぎちゃいましたw)

入口を入ったらわくわくしながら好みの席を見つけてください。(注文時にテーブル番号を聞かれるので卓番を覚えておきましょう。)

メーカンポン村のカフェ パーナームロートの橋

オーダーはカウンターに行って飲み物(食事)を注文します。

ドリンクだけの人は店員さんにもってきてもらうより、待っていてその場で受け取ったほうがいいですよ。

二人なら岩を背もたれにして小川を眺めることができる席がおすすめです。

メーカンポン村のッカフェ パーナームロート

小川に足を投げ出して一人で座われるカウンター席もあるのでぼくみたいにぼっちには嬉しいです。

名称 Pha Nam Lod
営業 7:00~18:00
連絡 090 236 1419
フォトジェニックポイント カフェの脇を流れる小川
メインストリートから歩きでは厳しい距離です。

サワンカーター

メーカンポン村のカフェ サワンカーター

滝のステージをバック記念写真

インスタフォロワーが嫉妬する写真が撮れますよ。

メーカンポン村のカフェ サワンカーター 1

手作り感満載のこじんまりしたカフェです。

名称 สว่างคาตา
営業 9:00~18:00
連絡 081 164 5984
フォトジェニックポイント
営業終了しているかもしれません。
レンタルバイクやソンテウをチャーターして行かれる方は、ドイサケット温泉→メーカンポン村→巨大ツリーカフェ『The Giant Chiangmai』の順番でまわると効率がいい日帰り観光ができますよ。

チェンマイのドイサケット温泉がリニューアルオープン

メーカンポン村のまとめ

1.メインストリートは歩くだけで癒されます。勾配があるのでサンダルではなく歩きやすい靴がおすすめです。

2.どのカフェも小川や滝が流れていてマイナスイオンたっぷり、街中のカフェとはスケールがまったく違います!!

3.飲食店のスタッフはちびっこ(小学生)が多く、不慣れですが小走りで一生懸命配膳している姿に感動します。