チェンマイでタイ語勉強中

タイ旅行でパスポート紛失前にすべきこと、紛失してからとるべき行動

タイ旅行ではパスポートを紛失しないよう注意が必要です。ホテルにチェックインするまでの移動中は肌身離さず携帯し、ホテルにチェックインしてからはセーフティーボックスに大切に保管しておきましょう。

ですが、どんなに気をつけていても盗難など、思わぬアクシデントがあります。今回はパスポートを紛失する前にしておきたいこと、紛失してからとるべき行動をまとめました。

タイでパスポートを紛失したら

紛失を立証する書類を作ってもらう

日本大使館、日本領事館へ行く前に紛失届が必要になります。警察署が発行する紛失を立証する書類、又は消防署が発行する罹災証明書等です。

警察署では紛失あるいは盗まれた場所と日時、あなたの宿泊先、日本の住所、生年月日を聞かれます。この時、警察官はお役所仕事なので、あなたの向かった警察署が紛失または盗難にあった場所の管轄エリアではないと受け付けてもらえません。

これは僕のケースですが、タイチェンマイで自宅近くの警察署に紛失届を出しに行ったら、ここではなく、無くした場所の管轄エリアの警察署に行くよう指導されました。

移動が大変だったので記憶違いだったと言い直すと、担当官は、暗黙の了解というか、融通を利かせてくれました。あらかじめ向かう先の警察署の該当エリア内で紛失、盗難にあったことを伝えられるようにしておきましょう。

現地の日本大使館、日本領事館での手続き

Screenshot外務省 在外交官リスト

外務省の在外交官リスト一覧

紛失証明証をもって日本大使館に行きましょう。日本大使館についたら、パスポートを紛失した理由と再発行の書類を記入します。

紛失の手続きは二つの方法があります。短期旅行者とビザをもっている人とでは異なります。具体的にいうと、紛失の届けと同時に新しいパスポートの申請をするか、帰国するための渡航書を申請するかです。旅行者は時間的に厳しいと思うので、とりあえず渡航書を申請し発行してもらいます。

帰国を急ぐ旅行者で渡航書を申請する場合

帰国のための渡航書は必要書類が揃っていれば、申請の当日又は翌日以降に交付されます。

A.渡航書発給申請書 1通 大使館窓口にあります。

B.戸籍謄本か戸籍抄本 1通 または運転免許証など日本国籍が確認できる書類。

C.パスポートの写真 1枚 

D.航空チケット スケジュールが確認できるもの。

*パスポートに代わる「帰国のための渡航書」発給は日本への直行便又は経由便でも経由地に入国しない(空港の外に出ない)便で帰国する方に限ります。

*渡航書には有効期限があるのでかならず大使館で確認してください。

新たにパスポートを作成する場合

パスポートの再取得には年末年始を除き原則、約1週間を要します。

A.渡航書発給申請書 1通 大使館窓口にあります。

B.戸籍謄本か戸籍抄本 1通

C.パスポートの写真

*戸籍謄本(又は抄本)及び住民票の写しは申請日前6カ月以内のもの、また、写真は6カ月以内に撮影されたものに限ります。

戸籍謄本、戸籍抄本をタイに取り寄せるのは大変

日程が決まっている旅行者が渡航書を発給する場合、最大のネックはBの戸籍謄本か戸籍抄本を用意することです。

戸籍謄本の原本を持ってタイ旅行される人は少ないと思います。というか、そんな人いませんよね?

外務省のHPで確認すると、渡航書を申請する場合、日本国籍であることを確認できる書類、つまり本籍地の入った住民票、本籍地の入った日本の運転免許証でも可とあるので、運転免許書などもタイ旅行に持っていき別々に保管しておくことをつよくすすめます。

まとめ

紛失したときのことを考えて、パスポート番号と発給年月日はメモして控えておきましょう。

渡航書発給申請書に必要な戸籍謄本を日本から取り寄せるのは大変なので、タイ旅行に運転免許証などの日本国籍が確認できる書類を持っていきましょう。

タイは原則、パスポート原本の携帯義務がある国ですが、紛失したときのリスクを考えると外出時は原本ではなく、パスポートの顔写真のあるページをコピーして持ち歩いたほうがいいと思います。

パスポートの原本をセーフティボックスにいれておいても安心できるホテルにしか宿泊しないことも重要です。

sponsored link
Facebookページからも更新情報をお届けします

Monthly Ranking