チェンマイでタイ語勉強中

初めてナーン県に行くならここは行かないと後悔する観光スポット5選

初めてナーン県に行くならここは行かないと後悔する観光スポット5選

北タイの山々に囲まれた豊かな自然と素朴さが残るナーン県にこれから初めて訪れるという方のために、ここは押さえておきたいという中心部の観光スポットをまとめました。

ランナーのモナリザ【ワットプーミン】

プ ー ミ ン 寺 院の壁画

プーミン寺院はナーン県を訪れたタイ人観光客が必ず訪れる観光スポットです。

タイを旅行したことがある方ならTシャツや置物にプリントされているこの絵を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

タイで最初に建てらてたチャトラムックの寺院

タイで最初に建てらてたチャトラムック様式の寺院

プーミン寺院は西暦1596年にナーンの統治者プラチャオ・ジェッタブットプロミンによって建立されました。

本堂はタイではじめて建築様式にチャトラムックを用いた寺院と言われています。

チャトラムックとは4つの妻壁をもった建物です。(4方向に出入り口がある)

階段両脇の蛇神ナーガ

階段両脇の蛇神ナーガは本殿のプラプラターンチャトラパック仏を護っています。

4方向を向いている仏像

ナーン県にあるプーミン寺院のプラプラターンチャトラパック仏

本堂中央に鎮座しているプラプラターンチャトラパック仏は互いに背をあわせ4方向を向いています。

有名な壁画

プーミン寺院の壁画「大地に共鳴する愛のささやき」

タイルー族の男性が女性の耳に手を当て愛をささやく姿が描かれた『ささやく人』『大地に共鳴する愛のささやき』はランナーのモナリザと呼ばれています。

この壁画をバックに記念撮影をするタイ人がたくさんいるので、人が写り込まないように写真を撮るには少し待ちます。

プーミン寺院の壁画昔のナーンの人々の暮らしぶり 1 プーミン寺院の壁画昔のナーンの人々の暮らしぶり 2

壁画には他にも昔のナーンの人々の暮らしや、

プーミン寺院の壁画昔のジャータカ

『ジャータカ』という仏教でいう前世の物語が描かれています。

仏教経典には、さまざまな前世の因縁物語が説かれ、主には釈迦仏の前世による因縁を明かし、現世や来世を説いている。これをジャータカというが、広義には釈迦のみならず、釈迦の弟子や菩薩などの前世の因縁も含めてジャータカ、あるいは本生譚と呼ぶ場合もある。

名称|วัดภูมินทร์
座標|18.77457, 100.77163

ナーン県のランドマーク【ワットプララートカオノーイ】

ナーン県のランドマークワットプララートカオノーイ

ワットプララートカオノーイはカオノーイ山の上にあり、ナーン県のランドマークにもなっています。

高台からの眺めは素晴らしくてナーンの街全体が見渡せます。

ワットプララートカオノーイの仏像

台座から頭のてっぺんまでは9メートル、螺髪には(パンチパーマのような丸まった髪の毛部分)、本物の金が405グラム使われています。

ナーン県のランドマークワットプララートカオノーイの仏塔

ランナーとビルマの建築様式が融合したスタイルの仏塔には仏舎利が安置されています。

名称|วัดพระธาตุเขาน้อย
座標|18.7694, 100.75057

うさぎ年のお寺【ワットプラタートチェーヘーン】

ナーン県ワットプラタートチェーヘーン

ワットプラタートチェーヘーンは1348年、スコータイから譲り受けた仏舎利を安置するために建立されました。ランナーの仏教信仰の1つであるプラタート・プラジャムピークゥートのうさぎ年のお寺です。

ナーン県ワットプラタートチェーヘーン

ナーンの人々にとってきわめて重要なお寺で、今回紹介したお寺の中で一番参拝者が多かったです。

黄金に輝く仏塔は高さ55.5メートル、幅22.5メートルです。

ナーン県ワットプラタートチェーヘーン のうさぎ

昔のタイのラーンナー王朝(チェンマイ王朝ともいいます)の領土では、プラジャムピークートという信仰があり、ワットプラタートチェーヘーンはうさぎ年のお寺です。

プラジャムピークートとは人の運命は生まれた年の十二支に支配されており、自分の属する十二支の仏塔にお参りするという信仰のことです。
“HIRO”
ちなみに来年2018年、戌年のお寺はチェンマイのワットゲットガーラムです。
名称|วัดพระธาตุแช่แห้ง
座標|18.75829, 100.79171

ナイトバザール

ナーン県のナイトバザール

ナーンナイトバザールは週末(金土日)の夕方5時からプーミン寺院の前で開催されます。

田舎街なので寂れていると思っていましたが、人がたくさんいてびっくりしました。

ナーンナイトバザールの屋台

食事系の屋台が充実していました。

ナーンナイトバザールのTシャツ屋

壁画柄がプリントされたTシャツ屋には人だかりができていました。

人気の撮影スポット【ナーン国立博物館】

ナーン国立博物館

ナーン国立博物館の並木通り

国立博物館前の並木通りは人気の撮影スポットなっています。

ナーン国立博物館の並木通りのタイ人

タイ人の若者がたくさんいました。インスタにUPする写真を撮っているのでしょうか?

名称|พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติ น่าน
座標|18.77623, 100.77082
sponsored link
(最終更新:2017年10月28日)