メーリム観光ガイド!タイガーキングダムや象乗りの周辺観光情報

2019年11月14日




メーリム観光ガイド!タイガーキングダムや象乗りの周辺観光情報

タイガーキングダムやメーサーエレファントキャンプなど、人気アトラクション施設が密集しているメーリムエリアへの行き方と、一緒にまわれる周辺の観光スポット&地元民に人気の穴場カフェをご紹介していきます。

タイガーキングダム・チェンマイ

園内−2
  • 予算:800バーツ〜4000バーツ
  • 滞在時間の目安:30分

タイガーキングダム・チェンマイは鎖に繋がれていない虎とのふれあい体験や一緒に記念撮影ができる場所です。

日本の動物園では味わえない少しスリリングな体験ができますよ!

タイガーキングダム:虎単体の料金表
タイガーキングダム:虎単体の料金表

虎とふれあえる時間(撮影時間)は10分〜15分で、料金は赤ちゃんタイガーからジャイアントタイガーまで成長過程によって異なります。

IMG 4728
ミニタイガー

他の観光スポットと比較すると、結構良い値段がしますので、料金や突発的な事故が少しでも気になる方は、各コースと園内施設について詳しく紹介しているこちらの記事を読んでみてください。

メーサー・エレファント・キャンプ

メーサーエレファントキャンプ
  • 予算:入場料250バーツ 象乗り1500バーツ
  • 滞在時間の目安:1時間30分〜2時間 

メーサー・エレファント・キャンプは森林伐採が禁止されて働く場所を失った象と象使いに仕事の場を提供するために設立された施設(象キャンプ)で、約80頭の象とカレン族の象使いが暮らしいています。

記念写真ゾーン
象と一緒に記念写真
IMG 4139
象の膝に座って記念写真

膝に座らせてくれたり、帽子をのせてくれたり、ほっぺにキスをしてくれたり、象によって写真のポーズはまちまちです。

デモンストレーション2
ダンスショー
象の親子
赤ちゃん象に餌あげ体験

入場料の250バーツだけで象ショーや象の水浴びを見ることができるコスパの良いスポットです。

もっと象とふれ合いたい方は1500バーツで象に乗って山道をトラッキングすることもできますよ。

Ban Tong Luang

Ban Tong Luang
  • 予算:500バーツ+お土産代
  • 滞在時間の目安:40分

Ban Tong Luangはメーサー・エレファント・キャンプで働くカレン族、周辺で農業を営むラフ族・モン族・リス族などの山岳民族を支援するために2003年にチュチャート・ガンマー・ピチット氏によって設立された施設(トライバルビレッジ)です。

カレン族
モン族

こちらの場所では山岳民族と一緒に写真を撮ったり、彼女たちが手作業で作ったお土産を買うことで生活支援をすることができます。

(時期によっては)稲刈り、かかし作りなどの様子を見ることができます。

名称Baan Tong Luang 
タイ語บ้านโต้งหลวง
営業時間8時30分~16時00分
所在地Mae Raem, Mae Rim District, Chiang Mai 50180
HPhttp://www.baantongluang.com/th/about.php
入場料500バーツ

メーサー滝

メーサーの滝
  • 予算:入場料200バーツ 
  • 滞在時間の目安:2時間

メーサー滝は市街地からのアクセスがよく、手軽に自然を満喫できる場所として地元民にも観光客にも人気のスポットです。

メーサー滝のハイキングコース

清流にそって1.5kmの遊歩道が整備されているので、年配の方や子供連れファミリーでも安心して滝ハイキングを楽しめます。

駐車場に併設している食事処でご飯を購入して川沿いや森の中の好きな場所で食事が楽しめます。

IMG 2289

家族連れやカップルが多く、子供たちは川に入って元気いっぱい水遊び、カップルは川沿いでまったり二人の時間を楽しんでいます。

マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュできますよ!

モンチェム

  • 予算:100バーツ(ドリンク代80バーツ+記念写真のチップ20バーツ)
  • 滞在時間の目安:1時間〜2時間

標高1350mの山肌に張り付くように集落や棚田が点在している「モンチェム」ではタイ北部の壮大な山の景色を堪能できます。

山の斜面を削って建てられたわらぶき小屋

こんな場所で食事したら最高ですよ!

モン族の子供たち

周辺に暮らしているモン族の子供たち一緒に記念写真を撮ることができます。

木の車レースを楽しむタイ人
ガーベラの花畑で記念写真を撮るカップル

プープーペーパーパーク

Elephant POOPOOPAPER Park Chiang Maiの入り口
Elephant POOPOOPAPER Park Chiang Mai
  • 予算:100バーツ
  • 滞在時間の目安:30分

プープーペーパーパークはアジア象のうんこから紙を作るテーマパークで、タイガーキングダムのすぐ隣にあります。

紙すき

パーク内ではガイドさんの案内で象のうんこから紙ができるまでの工程を学んだり、紙すき体験、オリジナルのアクセサリー・ うちわ・ ノートなどが作れます。

クラフトコーナーの担当

象のうんこと聞くと動物園の臭いを想像する方も多いと思いますが、パーク内のうんこは生うんこじゃない(処理済みうんこ)なので臭いは全くありません。

プープーペーパーパークのショップ
Elephant POOPOOPAPERのショップ

Elephant POOPOOPAPERのショップも併設しています。

パーク内は清潔感があるので臭いや衛生面に敏感な方でも大丈夫です。

Eagle Track Hipline

  • 予算:1200バーツ〜1800バーツ
  • 滞在時間の目安:

イーグルトラックジップライン(Eagle Track Zipline)はチェンマイ最大級のジップラインアドベンチャーパークで、森の中に張り巡らされたワイヤーを滑車で滑り降りながらスリルと美しい自然の風景を楽しめます。

森の中に設置されている「プラットフォーム」

イーグルのように森を飛ぶをテーマにしたジップラインコースは以下の全3コース。

  1. Bronze package(15プラットホーム) THB 1,195
  2. Silver package(20プラットホーム)THB 1,495
  3. Gold package(35プラットホーム)THB 1,785
大自然の空中散歩

筆者は高いところが苦手なので未経験ですが、送迎付きで3000円程度ならコスパの良いアクティビティだと思います。

シリキット王妃植物園

シリキット王妃植物園
  • 予算:100バーツ
  • 滞在時間の目安:2時間

シリキット王妃植物園にはタイ国内最大級の規模を誇る12の観覧温室があり、世界中から集められた珍しい植物を鑑賞することや、森を遮るように造られたスカイウォーク(キャノピーウォークウェイ)で空中散歩を楽しめます。

シリキット王妃植物園(サボテン&多肉植物の観覧温室)
シリキット王妃植物園(サボテン・多肉植物の観覧温室)
シリキット王妃植物園(蘭の観覧温室)
シリキット王妃植物園(蘭の観覧温室)
全長400mのスカイウォーク

シリキット王妃植物園のもう1つの目玉が標高800メートルの森を遮るようにつくられた長さ400mのスカイウォーク(キャノピーウォークウェイ)です。

スカイウォークの一部は透明なガラス張りになっていて、地上20メートルの高さから森の山肌が見下ろせます。

足がすくむってほどではありませんが、結構スリリングですよ。

みどりに囲まれた美しい景色を楽しみながら本当に気持ちがいい場所です。綺麗な空気を吸いながら森の中を歩くとかなりリフレッシュしますよ!

フイトゥンタオ貯水池

貯水池の周りに立ち並ぶ小屋
  • 予算:100バーツ(入場料50バーツ+コーヒ代60バーツ)
  • 滞在時間:1時間〜3時間

フイトゥンタオ貯水池はニマンヘミンから車で20分、美しい山の景色とのどかな田園風景に癒される場所です。

収穫後の稲わらを使って制作された巨大な「キングコング」のオブジェをバックにインスタ映えする写真を撮ったり、貯水池に浮かんだ藁小屋で食事を楽しむことができます。

のどかな田園風景を眺めながらコーヒータイムを楽しんり、

フワイトゥンタオ湖水辺に浮いている小屋

水辺に浮いている藁小屋で飲食ができます。

カフェ:コーヒー一杯60バーツ〜80バーツ・飲食店:一皿80バーツ〜150バーツ

平日はガラガラですが、週末は地元民で激混します。

Cowboy Army Riding Club

  • 予算:飲食代200バーツ
  • 滞在時間:2時間

ヤギや馬へのエサやり体験が楽しめるレストランカフェです。*ヤギは近くで見ると汚いです。

広大な敷地が各種イベント(コムローイ祭りや熱気球祭り)に利用されることもあります。

名称Cowboy Army Riding Club
所在地Don Kaeo, Mae Rim District, Chiang Mai 50180
連絡099 448 9992
営業時間10時00分~21時00分
FBhttps://www.facebook.com/farmcowboy

ワット パー ダーラーピロム

ワット パー ダーラーピロムの本堂
ワット パー ダーラーピロムの本堂
  • 予算:無料
  • 滞在時間の目安:30分

パーダーラーピロム寺院はチェンマイに7寺しかない王室の認定を受けた寺院の1つで、第3級ウォラウィハーンの格付けがされています。

すぐ裏がDARAPIROM MUSEUM(ダーラーラッサミー王妃博物館)なので、一緒にまわるのがおすすめです。

名称ワット パー ダーラーピロム
タイ語วัดป่าดาราภิรมย์ พระอารามหลวง
格付け第3級ウォラウィハーン
所在地Rim Tai, Mae Rim District, Chiang Mai 50180
参拝時間8時00分〜18時00分
FBhttps://www.facebook.com/watphadarabhirom/

DARAPIROM MUSEUM

http://oan99.blogspot.com/2015/05/blog-post.html

ダーラーラッサミー王妃がラーマ5世の死後、チェンマイに戻って暮らしていた時の調度品やドレスなどが展示されている博物館です。

ダーラーラッサミー王妃はチエンマイ王朝第7代目君主インタウィチャヤーノン公の娘で、ラーマ5世の沢山いた側室の一人です。

名称ダーラーラッサミー王妃博物館
英語名Darabhiromya Royal Mansion Museum
タイ語名พิพิธภัณฑ์พระตำหนักดาราภิรมย์
所在地Rim Tai, Mae Rim District, Chiang Mai 50180
連絡053 299 175
営業時間9時00分~17時00分

Jungle De Cafe

IMG 3367
Jungle De Cafeのゴロ寝席

メーリムには自然を満喫できるカフェが沢山あります。イマドキのタイ人女子に大人気のカフェを4店舗ご紹介します。

はじめにご紹介するのは、滝の目の前でゴロ寝しながら食事やドリンクを楽しむことができる夢のようなカフェ「Jungle De Cafe」です。

IMG 1529

岩肌を流れる滝を眺めながら最高に贅沢なカフェタイムを過ごすことができます。

筆者はいつもぼっち席を利用していますが、カップルの方は滝の前のゴロ寝席がおすすめです。

滝せき
目の前が滝のネット席。

滝の前でゴロ寝デートなんて日本ではまずできない経験だと思うでチェンマイにいらしたらぜひ。

週末は混雑しますが、平日はそうでもないです。

Zombie Cafe

Zombie Cafeの前を流れる小川
Zombie Cafeの前を流れる小川

ゾンビカフェはカントリー調の店内席、川沿いのテラス席、ツリーハウス席と3つの座席スペースがあり、いろいろなロケーションでカフェタイムを楽しめます。

IMG 1487
カントリー調の店内
Zombie Cafeの川沿いに設けられたテラス席
川沿いに設けられたテラス席

川のせせらぎをききながらのんびりカフェタイムを過ごしたい方は川沿いに設けられたテラス席がオススメ。

3階建てのツリーハウス
3階建てのツリーハウス

山の景色を眺めながらのんびりカフェタイムを過ごしたい方はツリーカフェ席がおすすめです。

IMG 1495

気分転換にいろいろなロケーションで過ごせるのでノマドさんにもおすすめです。勉強している学生さんもちらほらいますよ。

The Ironwood

IMG 2949
ツタに覆われたお店の入り口

The Ironwoodはテレビや雑誌で度々紹介されるメーリムの人気カフェレストランです。

IMG 2918
開放感あふれる店内

入り口、店内、テラス席、どこを切り取っても絵になるおしゃれなお店です。

IMG 2937
人気メニューカオクルックカピ

こちらのお店の人気メニューはカオクルックカピです。

IMG 2944
エディブル・フラワー

シュリンプペーストで炒めたご飯のまわりにタイのさまざまなハーブ、唐辛子、オニオンフライ、はっさく、錦糸卵、甘辛く煮込んだ豚肉などが添えてあり、それらを混ぜていただきます。

IMG 2108
カフェラテとケーキ

スイーツメニューも充実しています。

サーラーカフェ

サーラーカフェは古い木造建築と緑に癒されるカフェレストランで、自然豊かな庭を眺めながら美味しいタイ料理やスイーツがいただけます。

室内席、テラス席、ギャラリー席など色々な席から中庭を眺めることができます。

ドリンクの価格帯は50バーツ〜80バーツ。

料理の中心価格帯は80バーツ〜110バーツ。

一番高いステーキでも200バーツとお値ごろなお店です。

大人気カフェなので、週末はタイ人ファミリーやカップルで混雑します。

座席数のわりに駐車スペースが少ないので離れた場所に路駐して歩くこともあります。

名称サーラーカフェ
タイ語名ศาลากาแฟ
英語名Sala Cafe
営業8時00分~17時00分
FBhttps://www.facebook.com/mysalacafe

メーリムへのアクセス

今回ご紹介したメーリム郡の観光スポットはチェンマイ市街地から北に伸びる107号線と、107号線から西へ向かって山間を縫うように走る1096号線沿いにあります。

チェンマイ中心市街地からの移動時間は30分〜60分で以下の交通手段があります。

交通手段運賃
ソンテウチャーター300バーツ〜600バーツ
タクシー配車アプリ600バーツ〜1000バーツ
路線ソンテウ20バーツ〜30バーツ
レンタルバイクガソリン代
ツアー1500バーツ〜2000バーツ

ソンテウ乗り場

メーリム郡は多くの観光客が訪れるメジャースポットなのでソンテウの運転手も慣れています。

チェンマイ市街地に数カ所あるチャーターソンテウ乗り場(RED CAR STATION)から乗車すれば、エレファントキャンプ・首長族の村・タイガーキングダムなどの人気スポットを2箇所まわってもらって300バーツです。

定番コース以外の場所、例えばメーサーの滝やスカイウォークなども一緒にまわりたい方はプラス200バーツ〜300バーツが相場です。

代表的なチャーターソンテウ乗り場は以下の7箇所です。

地図NO場所
ニマンヘミン
MAYA入口の左手
チェンマイバスターミナル 1
ワットマハーワンの前
Ginger & Kafeの前
スワンドーク門付近
チェンマイ門付近
ソンテウチャーターできる場所(ニマンヘミン)
チャーターソンテウの行き先と料金表

タイ語や英語ができなくてもソンテウ乗り場にある写真を指させばOKです。*乗車前に何人分の料金か必ず確認しましょう。

グラブタクシー

限られたチェンマイの滞在時間、少しでも時間を節約したいという方にはタクシー配車アプリ(グラブタクシー)がお勧めです。

レンタルバイク

国道107号線は少し混雑する箇所もありますが、日本で原付に乗ったことがある方なら全く問題ありません。

路線ソンテウ

メーリムエリアはチェンマイで路線ソンテウが一番多く運行しているエリアですが、旅行者の方には再現性が低いです。

時間を気にしない、メンタルが強い、タイ語が話せる方はチャレンジしてみてください。

運賃は20バーツ〜30バーツです。

まとめ

メーリムエリアはアクセスが良く、アトラクション施設が密集しているので個人でプランを立ててあちこちまわっても充分に楽しむことができます。