カオソーイ・クンヤーイ スパイシーな旨辛濃厚カオソーイならこのお店

ドカンとパンチの効いたスパイシーな旨辛濃厚カオソーイが人気の「カオソーイ・クンヤーイ」をご紹介します。

場所柄(チャンプアック門から徒歩3分)、ファランと呼ばれる欧米系の外国人観光客に絶大な人気を誇るお店です。




カオソーイ・クンヤーイの営業時間

1日4時間しか営業しないお店なのでお昼時は満席状態が続きます。

閉店間際の13時30にはカオソーイが売り切れていることもあるので気をつけてください。

日曜日は定休日です。

店舗名カオソーイ・クンヤーイ
タイ語名ร้านข้าวซอยคุณยาย
英語名KHAOSOI KHUN YAI
営業時間10時00分~14時00分(日曜日休)
座席数32席
場所Googleマップでひらく

カオソーイ・クンヤーイの行き方

チェンマイ旧市街の北側に築かれた城門、チャーンプアック門から徒歩3分です。

馬を祀ったお寺、ワット・クワンカーマーの隣にあります。

IMG 1494
ワット・クワンカーマー

余談になりますが、ワットクワンカーマーは、タイ語を直訳すると、馬の価値に値するお寺という意味で、ラーンナー王朝時代、この場所が馬の飼育場だったことに由来します。

店内の様子

IMG 6606

車やバイクで行くかたは、敷地内に駐車スペースがたっぷりあります。

カオソーイ・クンヤーイは、タイ語で「お婆さんのカオソーイ」という意味ですが、あたたかみを感じるほんわかした家族経営のお店です。

カオソーイ・クンヤーイのメニュー

IMG 1493

メニューは正面のカウンターにタイ語と英語の両方で書かれています。

外国人観光客も多いので注文は簡単な英語が通じます。

お店が混雑している時は、カウンターの脇に置いてある紙とペンで、オーダーと卓番を書いて店員さんに渡すとスムーズに注文が通ります。*英語OKです。

カオソーイ(鶏/豚)40B/50B
カオソーイ(鶏モモ肉)50B/60B
カオソーイ(牛)50B/60B
カノムチンナムギャオ25B
クワイティアオトムヤム40B/50B
クワイティアオナムサイ30B/40B
ラムヤイジュース20B
レンコクジュース20B

カオソーイクンアヤーイ実食レポート

IMG 4024 2

トッピングされている揚げ麺は、イスラム系のプリッツタイプでも王道系の太麺タイプでもなく、

細麺タイプで、サクサクした食感からスープを吸ってしんなりした食感まで楽しめます。

スープをひと啜りすると、ターメリック、カルダモン、コリアンダーシードなど、タイ北部の代表的なスパイスがビリビリと舌や喉を刺激しますが、

ココナッツミルクが入っているので、マイルドかつクリーミーな味わいでゴクゴク飲めちゃいます。

関連記事:タイ北部料理の代表的なスパイス(香辛料)一覧

IMG 4029

ウェーブを帯びた平打ち麺をリフトアップすると、計算されたものなのでしょうが、スパイシーな濃厚スープをよくまとってきます。

少しぷちょっとしていますが、パンチの効いたスパイシーなスープによくあいます。

IMG 4028

鳥のカオソーイに入っている鳥軟骨は、コリコリした食感が楽しく、

最後まで飽きずに頂けるクセになりそうな一杯です。

*付け合わせの高菜の漬物、紫玉ネギ、ライムは無料でお代わりできます。

クワイティアオトムヤム

IMG 4031

クワイティアオトムヤムは、ライムをギュッと搾った酸味とスパイシーな唐辛子の辛みに、豚肉の旨味が加わったいかにもタイらしいテイストのタイラーメンです。

さっぱりしたスープが美味しくて、最後の一滴まで飲めちゃいます。

裏人気メニュー バミーヘーン

IMG 1488

バミーヘーン(汁なしの中華麺)は、メニューにはのってませんが、カオソーイ・クンヤーイの裏人気メニューです。

豚ひき肉のボイルとクラッシュピーナッツ、特製のタレを混ぜていただきます。

IMG 1492

濃いめのスープにつけて、つけ麺風に食べたり、汁無しを少し食べた後に、熱々のスープを注いで普通のラーメンにしたりと、食べ方は千差万別です。

9割が注文する自家製シロップジュース

IMG 1491
自家製ラムヤイのシロップ漬けジュース

タイ人来店客の9割が注文する自家製ラムヤイのシロップ漬けジュースも美味しいです。

甘ーいラムヤイが、スパイシーで刺激的なこちらのお店のカオソーイによくあいます。

関連記事:チェンマイカオソーイ完全ガイド 老舗から名店まで20選