クンユアムの行き方と観光スポット5選

チェンマイからメーホンソンに南ルートで行く方にぜひ立ち寄ってほしい「クンユアム」の観光スポットをご紹介します。

「クンユアム」という地名を初めて聞く方も多いと思いますが、

実は日本にとてもゆかりの深い親日の町で、日本人だとわかると、お寺や施設などどこに行ってもとても親切にしてくれます。




クンユアムとはどんな街?

クンユアムはメーホンソン県の中央に位置する郡です。

親日の街

IMG 4342 2

クンユアムは私たち日本人にとてもゆかりの深い町で、かつて日本軍のビルマ侵攻にあたって、タイ領内の前線基地の役割を果していました。

戦争博物館の資料によると、

1942年に推定5000人〜6000人の日本軍がクンユアム郡入りし、食料調達や道路開拓などの兵站部に従事、

1945年に終戦を迎え、推定27万人の日本兵が徒歩でビルマ入りした際にクンユアム郡を通過したそうです。

多民族が暮らす街

多民族

また、クンユアム郡は多様な民族が暮らす街としても知られていて、

タイヤイ族、カレン族、タイユアン族、モン族、ルア族といった民族で形成されています。

街の中心部はタイヤイ族とタイユアン族がしめています。

チェンマイからクンユアムへの行き方

クンユアム郡はチェンマイから北西に220km離れた場所にあります。

チェンマイバスターミナル2(アーケード)からプレムプラチャー社とavis bookingのミニバンができています。

PREMPRACHA TRANSPORT
PREMPRACHA TRANSPORT

プレムプラチャー社のミニバンは7時00分・13時00分・14時00分の1日3本で運賃は300Bです。

所要時間は5時間30分。

長距離バスもありますがコロナの影響で現在運休中です。

以下の公式ページよりオンライン予約ができます。*手数料は30B

https://premprachatransports.com/welcome/

Avia Bookingの事務所
Avia Bookingの事務所

avis bookingはプレムプラチャー社の反対側にあります。

こちらは窓口にてチケット購入です。

クンユアムのバスターミナル

IMG 4532

クムユアンのバスターミナルは戦争博物館から徒歩5分の場所にあります。

クムユアンからチェンマイに向かうミニバンは1日4本〜5本ありますが、

クムユアンからメーホンソンに向かうミニバンは1日1本なので注意が必要です。

*乗車できなくてもバスターミナルの近くに500B前後の宿がいくつかあります。

名称クンユアムバスターミナル
タイ語ท่ารถเปรมประชา อำเภอขุนยวม
地図Googleマップでひらく

クンユアムの観光スポット

クンユアンの地図

クムユアンのお寺や宿泊施設はメーホンソンに向かう国道108号線とチェンマイに向かう1263号線沿いに点在しています。

クンユアム第二次世界大戦戦争博物館

IMG 4324

タイ北部で道路建設に携わった日本軍兵士の武器や遺品など1,000点以上が展示された戦争博物館です。

日本軍の残虐さに主眼を置いたカンチャナブリのJEATH戦争博物館とは違い、

日本とタイの友好関係や戦争の悲惨さをテーマにした博物館なのでとても興味深く見学できます。

日本軍関連資料(展示品)の多さはタイで一番です。

クンユアム第二次世界大戦戦争博物館に展示されている戦時中に使用されたジープ
戦時中に使用されていたジープ

クンユアム戦争博物館について詳しくは . .

クンユアム第二次世界大戦戦争博物館見学レポート【メーホンソーン】

ノーンへーン温泉

IMG 4295

クンユアム戦争博物館から30分の場所にある天然温泉です。

水着着用の共同温泉が50B、大きな個室貸切風呂が100Bで利用できます。

チェンマイから車で行かれる方は道中にあるので、途中でひとっ風呂いかがでしょうか。

IMG 4302
ノーンへーン温泉の個室貸切風呂

ノーンへーン温泉について詳しくは. . .

>>>【メーホンソーン県】旅の途中に立ち寄りたいクンユアム郡の温泉

ワットトーペー

トーペー寺
仏舎利塔と礼拝堂

ワットトーペーは、クンユアム村から5km離れたトーペー村にあります。

廃寺だったお寺を、1920年にユアム川を利用してメーサリアンへ運搬する筏商人がトーペー村の村人と協力して修復しました。

日本軍が駐留していたころは、ビルマからタイに移動した基地となり、庫院下は野戦病院に、仏舎利塔隣の礼拝堂は造幣施設として使われました。

お寺の南東の平野にはご遺体が埋まっているそうです。

本堂
本堂
御本尊
御本尊
ビューポイント
寺名ワットトーペー
タイ語วัดต่อแพ
地図Googleマップでひらく

ワットカムナイ

IMG 4529
タイヤイ様式の仏塔

ワットカムナイはユンユアム警察署のすぐとなりにあります。

1824年にユンユアムの仏教徒によってビルマからの行者僧の滞在地として建立されました。

アジア・太平洋戦争の時には日本軍がこのお寺を拠点としたそうです。

タイヤイ様式の仏塔や仏像をみることできます。

IMG 4530
本堂
IMG 4528
御本尊
IMG 4526
タイヤイ様式の仏像

微笑み方がタイヤイの子達に似ています。

寺名ワットカムナイ
タイ語วัดคำใน
地図Googleマップでひらく

ワット・ムアイトー

IMG 5326 Cover
ワット・ムアイトー

ワット・ムアイトーはクンユアム郡で最初に建立された寺院です。

クンユアム第二次世界大戦戦争博物館から徒歩5分の場所にあります。

日本軍56部隊の基地と野戦病院があったそうです。

1967年に慰霊碑が建立され慰霊祭が執り行なわれました。

旧日本軍の慰霊碑巡礼には欠かせないお寺だったのですが、野犬に遭遇して境内に入れませんでした。

参拝される方はご注意を。

寺名ワット・ムアイトー 
タイ語วัดม่วยต่อ
地図Googleマップでひらく

関連記事:メーホンソン観光完全ガイド アクセスとエリア別まとめ