チェンマイでタイ語勉強中

チェンマイの山岳民族博物館へのアクセスと山岳民族の基本情報

チェンマイの山岳民族博物館へのアクセスと山岳民族の基本情報

チェンマイの山岳民族博物館に行ってきました。博物館は好きなのでそこそこ楽しめると思っていましたが予想以上でした。

館内にはカレン族、モン族、リス族など12の山岳民族の衣装や装飾品、当時の人が使っていた道具の復元模型などがあり展示品を通じて独特な文化や風習などを知ることができます。

入場無料ですし市内から乗り合いタクシーで10分なので空き時間や雨の日のチェンマイ観光にオススメのスポットです。

チェンマイの山岳民族博物館へのアクセス

博物館はノーンホー貯水池の真ん中にありチェンマイ旧市街地からはショッピングセンターMAYAからスーパーハイウェイ方面のソンテオに乗るか、チャンプアップ門からルート107を北上するソンテオに乗るのが一般的です。

営業日|月曜日から金曜日

営業時間|08:30 – 16:00(休憩12:00 – 13:00)

連絡|05321-0872, 05322-1933

タクシー(ソンテオ)での行き先の伝え方

山岳民族博物と伝えてもわからない運転手もいると思うので貯水池の名前、ノーンホー(นองฮ่อ)と言ったほうがいいかもしれません。

山岳民族博物のタイ語|พิพิธภัณฑ์ชาวเขา

住所|อยู่ในบริเวณสวนล้านนา ร.9 ถนนโชตนา อำเภอเมือง จังหวัดเชียงใหม่

関連記事

2017年度版チェンマイ市内のアクセスと交通手段

山岳博物館|館内ガイド

山岳民族集落の入り口

ノーンホー貯水池のゲートを入るとすぐ右手には山岳民族の当時の家を再現した集落があります。

山岳民族博物館を見学したあとにこちらの集落もぜひ行ってみてください。

先でもいいですが博物館でそれぞれの民族の特徴を知ってからのほうが楽しめると思います。

チェンマイのノーンホー貯水池

ゲート入り口からノーンホー貯水池を横目に見ながら歩くこと10分。

山岳民族博物館の入り口

入り口があります。

チェンマイの山岳民族博物館

池のど真ん中に浮かぶ島の上に4階建の山岳民族博物館があります。

博物館の一階|お土産コーナー

博物館の一階は小さなお土産コーナーと解説パネルが設置されています。

山岳博物館1階のお土産屋 2

山岳博物館1階のお土産屋 3

山岳民族博物館のビデオを使った歴史の解説サービス

パネルはボタンを押すとタイ語と英語で解説が流れます。

博物館の二階|展示コーナー

2階には12山岳民族の衣装や装飾品、写真が展示されています。

山岳民族の移動ルート

山岳民族の分布図

山岳民族の移動ルートと分布図のパネルがありました。

山岳民族ののパネル

パネルの資料によるとチェンマイには7民族が住んでいます。

  • カレン族
  • モン族
  • ヤオ族
  • ラフ族
  • ルワ族
  • リス族
  • アカ族

それでは館内を写真とぼくの拙いタイ語訳とともに案内します。

カレン族の基本情報

チェンマイ山岳民族のカレン族

カレン族の特徴
  • 山岳民族のなかで最も人口が多い
  • タイに住んでいるカレン族は4部族
  • 首を長くするのはパードン族の1部族だけ
  • もともとは首を長くするのは満月の日の水曜日生まれの女の子だけだった

カレン族は山岳民族の中で一番人口の多い民族で、民族博物館の資料によるとタイには548198人が住んでいて山岳民族の38.4%をしめています。

2千年以上前、もともとはモンゴル付近で暮らしていましたが中国軍の侵略から逃げるようにチベットへ移動しました。その後、徐々に南下してタイに移り住むようになったと言われています。主にタイとミャンマーの国境付近で暮らしています。

日本人には首長族で有名なカレン族ですが、首を長くするのは4つある部族のうちのパードン族の女性だけで、しかも純粋な血を受け継いだパードン族のみ(他の部族と結婚した場合はダメ)とされています。

伝統的には首を伸ばす女性は満月の日の水曜日に生まれた女の子だけで女の子は5歳から9歳になると儀式の日にシャーマンにより首に真鍮リング巻きつけられ歳を重ねるごとに徐々にリングは増やされます。

ちなみに、昔は首輪を拒否すると部族追放になったそうです。

現在は観光のため?どの曜日に生まれた子でもつけられるようになりました。

ヤンゴン病院のドクター・ジョン・グレイによると首長族をレントゲン撮影した結果、実際のところ首長族の首は長くなっていないことがわかりました。5歳のころから徐々に真鍮リングが増えて行く過程で鎖骨と軟骨が胸のほうへ押し込められてしまい、その結果、首が伸びたように見えるだけとのことです。

 

チェンマイ山岳博物館カレン族の衣装 1

少し説明が長くなりましたが話を民族博物館へ戻します。

民族博物館ではいろいろなデザインのカレン族の衣装がみることができます。

カレン族が使っていた道具

カレン族の装飾品

カレン族が使っていた道具や装飾品も展示されています。

モン族の基本情報

チェンマイ山岳博物館モン族

チェンマイ山岳民族のカレン族

モン族の特徴
  • 中国南部から移動してきた民族
  • 現在は主に中国、ベトナム、ラオス、タイで暮らしている
  • タイに住んでいるモン族は3グループ
  • モン族はメーオ族とも呼ばれている

モン族は山岳民族の中で2番目人口の多い民族で、民族博物館の資料によると207141人がタイに住んでいて山岳民族の16.4%をしめています。

もともと中国で暮らしていましたが漢民族の迫害をうけ第二次世界大戦ごろ中国南部とインドシナ半島に移動することを余儀なくされました。その後、中国各地、ベトナム、ラオス、タイへと移り住んだと言われています。

タイにはチェンラーイ、チェンマイ、ナーン、ペレー、ターク、ランパーン、パヤオ、ペッチャブン、メーホンソーン、ガンペンペット、ピサヌローク、ルーイ、カンチャナブリ、スコータイの14県で生活しています。

モン族の民族衣裳 1

衣裳やカバンには色鮮やかな刺繍が施されています。

モン族の民族衣裳 2

市内のモン族市場では見たことない珍しい衣裳も。

ミヤン族の基本情報

チェンマイ山岳博物館ミヤン族

ミヤン族の特徴
  • 中国南部から移動してきた民族
  • 現在は主に中国、ベトナム、ラオス、タイで暮らしている
  • ミヤン族はヤオ族とも呼ばれている

ミヤン族の人口は民族博物館の資料によると48882人が住んでいて山岳民族の3.38%をしめています。

もともと中国長江流域に住んでいましたが15、16世紀にベトナム、ラオス、タイ北部に移り住むようになりました。

ミヤン族が使っていた道具

ミヤン族の民族衣裳

山岳民族の衣装は色鮮やかなものが多いのにミヤン族の衣装はシンプルでした。

アカ族の基本情報

民族博物館のアカ族の写真

アカ族の特徴
  • チェンマイでアカ族といえばアカアマコーヒが有名
  • アカ族はイゴーとも呼ばれている
  • アカ族は3つのグループがある

アカ族の人口は民族博物館の資料によると87429人がタイに住んでいて山岳民族の6.07%をしめています。

先祖は4世紀から8世紀にかけて雲南省に住みついた中国古代先住民チャン族でと考えられています。

19世紀以後に中国雲南省からミャンマー、ラオス、タイに移り住んできた民族です。

アカ族の衣裳

アカ族の衣装は他の民族と比べると色使いが目を引きます。

アカ族の衣装−1

特に頭にかぶる銀のアクセサリ一はインパクトがあります。

チェンマイでアカ族と言えば、アカ族の村で栽培されるアカアマコーヒーが有名で、世界的なコーヒー豆のコンテストで最高品質の豆の1つに選ばれたことがあります。

ラフ族の基本情報

民族博物館のアカ族の写真

ラフ族の特徴
  • もともとチベットで暮らしていた
  • 現在タイではチェンマイ、チェンラーイ、ターク、メーホンソーン、ガンペンペットに住んでいる

ラフ族の人口は民族博物館の資料によると116126人がタイに住んでいて山岳民族の8.06%をしめます。

タイの他には雲南省、ミャンマー、ラオス、ベトナムで暮らしています。

ラフ族の民族衣装

ラフ族の民族衣装も色使いがカラフルです。

リス族の基本情報

民族博物館のリス族の写真

リス族の特徴
  • リス族にはボスやリーダーがいない
  • アニミズムというすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方

もともとリス族はチベットのサルウィン川、メコン川付近に暮らしていました。その後、中国の雲南省に移動し時期ははっきりしませんが、徐々にミャンマーやタイに移り住むようになったと言われています。

リス族の人口は民族博物館の資料によると35622人がタイに住んでいて山岳民族の2.47%をしめます。

リス族の装飾品

リス族のシルバーの装飾品は普通にかっこいい。

山岳民族の家

先ほど少しふれましたが、ノーンホー貯水池の入り口のすぐ右手には山岳民族の家を再現した集落があります。

アカ族の家

ルア族の家

ラフ族の家

家の中には当時の人が使っていた道具の復元模型が展示されています。他にも、カレン族、リス族などの家もありました。

HIRO
山岳民族のアクセサリーや雑貨に興味がある人はさらに楽しめると思います
関連情報

チェンマイにあるタイで唯一のガネーシャ博物館には千体のガネーシャがいたよ

sponsored link
sponsored link

Monthly Ranking