チェンマイでタイ語勉強中

フルーツ天国タイで奇跡のフルーツ『カニステル』に感動!

フルーツ天国タイで奇跡のフルーツ『カニステル』に感動!

フルーツ天国タイには日本ではまだ知られていない果物がたくさんあります。

今回はミネラルや各種ビタミンが豊富で美容効果が期待できるうえに、ケーキのような軽やかな口溶けで「何だこれ!?」と思わず言ってしまう、奇跡のフルーツを紹介します。

カニステルとは

もったいぶらずにさっそく紹介しますと、奇跡のフルーツとはカニステルという果物のことで、別名、エッグフルーツ、クダモノタマゴとも言われています。

タイではモーンカイ、シアントーという名称が一般的ですが、調べてみると地域によって色々な呼び名がありました。

  • ルークトープーンバーーン(ラーチャブリー)
  • トーカメーン(プラチンブリー)
  • ティッサー (ペッチャブン)
  • シアントー、ケーマー、ラムットカメーン、マークプアン、トーマー(バンコク)

カニステルの各国での名称

  • 和名|カニステル、エッグフルーツ、クダモノタマゴ
  • 英名|Canistel,Tiesa,Yellow Sapote,Canistelsapote
  • タイ|ม่อนไข่、เซียนท้อ
  • フィリピン|Chesa
  • スリランカ|Lawalu
  • ペルー| lucuma
  • 学名|Pouteria campechiana Baehni

カニステルの特徴

https://pantip.com/topic/31184998
分類
アカテツ科の多年生植物
大きさ
幹は直径1m、高さ8mほど
槍形で長さ約11〜28cm、幅約4〜7.5cm
クリーム色で芳香があり葉腋に2〜5個
果実
花後に長さ7cmほどの緑色の果実を実らせ、熟すにつれてやまぶき色やオレンジ色に変化
濃茶色でピカピカと光沢のある表皮(びわの種に似ている)

種を植えてから実がなるまで2、3年(早っ!)だそうです。

カニステルはいろいろな種類があるそうでそれぞれ果実の形や大きさが異なり、卵型で先が尖ったものやまん丸でソフトボールくらいの大きさものもがあります。

カニステルの栄養成分

アメリカの大学が分析した結果は以下の通りで、カニステルには豊富な栄養素が含まれていることが明らかになっています。

  • カロリー 138.8 kcal
  • 水分 60.6g
  • タンパク質 1.68g
  • 脂肪 0.13g
  • 炭水化物 36.69g
  • 繊維 0.10g
  • 灰分 0.90 g
  • カルシウム 26.5mg
  • リン 37.3mg
  • 鉄分 0.92mg
  • カロテチン 0.32mg
  • チアミン 0.17mg
  • リホフラビン(ビタミンB2)0.0.1mg
  • ナイアシン(ビタミンB3)3.72mg
  • アスコルビン酸(ビタミンC)58.1mg
  • トリプトファン 28mg
  • メチオニン 13mg
  • リジン 84mg

*カニステル100グラムあたり(食用部分のみ)

参照|https://hort.purdue.edu/newcrop/morton/canistel.html

近いうちに最近注目されているアサイー、マキベリーなどのスーパーフルーツなどのカテゴリに分類されるかもしれませんね。

カニステルの効能

カニステルにはさまざまな効能があるとも言われています。

樹皮
解熱効果がある、発疹を和らげる
果実
ビタミンC不足によって起こる、歯肉からの出血、貧血、衰弱などの症状に効果がある
タネ
創傷化膿を和らげる効果がある

参照|参照|https://medthai.com/ม่อนไข่/

カニステルの値段

日本では沖縄県に宅配販売している会社がありました。2千円から3千円(1キロ)

タイではバンコクはどこで売っているか知りませんが、チェンマイやチェンラーイのローカル市場では普通に売っています。150円から200円(1キロ)

ちなみに、苗木は卵型の果実が150バーツから250バーツ、丸型の果実が300バーツから450バーツでした。

チェンマイのローカル市場で売っているカニステル

ローカル市場ではこんな感じで山積みになっています。旅行者の方は見た目がちょっときたならしいのでスルーしますよね。
シーズンは、7月後半から9月(ぼくが食べていた)と、もうワンシーズンあるみたいなので現在調べ中です。

ちょっと青いカニステル

この量(1kg)で150円です。安いでしょ!

ぼくは固めのほうが好きなので少し青いものを選んで買っていますが、

完熟のカニステル

たまに完熟も買います。綺麗なオレンジ色です。

カニステルの味

さて、さて、みなさん気になるお味の方ですが、これが、かなり美味しいです。はじめて食べた(市場のおばちゃんに強引に味見させられた)ときは感動しました!

マンゴーに似た形と色合いから、甘酸っぱくてフルーティーな味を想像すると思いますが、

カニステルの実を半分にわった 1

手で実を半分に割ると焼き芋のホクホクした感じで、口にふくむと噛まずに舌の上でスッと消えていくようなケーキのような感じです。

「何だこれ!?」 口の中の感触が想像してたのと違うだろう!ってなります。

カニステルの実を半分にわった-1

お皿に盛りつけて出されたら果物とは思わないです。スイートポテトとか名菓ひよ子のような感じです。

カニステルの種の表

実の真ん中に種があり、びわの種のような濃い茶色でピカピカ光沢があります。

カニステルの種の裏

裏返すと(どちらが表かわかりませんが)でこぼこしていてアーモンドみたいです。

カニステルの種

はじめて目にするなんとも不思議な形をした種です。

カニステルの食べ方

海外ではアイスクリームやケーキの材料に使われていたり、塩、胡椒、レモン汁と一緒に食べたりするそうです。

ぼくは固めのカニステルは皮ごとまるかじり、完熟は実をスプーンですくって食べてます。

“HIRO”
みなさんタイにきたら是非たべてみてください。絶対に「なんだこれ!」って言いますよ!