チェンマイのサンカムペーンナイトマーケットはローカル感満載の雰囲気

チェンマイのサンカムペーンナイトマーケットはローカル感満載の雰囲気

観光客向けのナイトマーケットじゃなくて、地元の人が集うローカルナイトマーケットをのぞいてみたい!

今回はそんな現地のローカル感を味わうのが好きな方向けに、外国人観光客がほとんど訪れない、サンカムペーンナイトマーケットをご紹介します。

サンカムペーンナイトマーケット

サンカムペーンナイトマーケットはチェンマイ県のサンカムペーン郡で毎週土曜日に開催されるナイトマーケット(夜市)です。

17:00ごろになるとメインストリート(チャルンムアン通り)の両脇には1キロにわたりB級グルメやオモシロ雑貨の屋台が並びます。

チェンマイ中心部で行われるサンデー・サタデーマーケットと違い、外国人観光客の姿はほとんど見かけません。

地元の人たちにまじってローカルな雰囲気を肌で感じられるので、チェンマイリピーターさんにはぜひ足を運んで欲しい観光スポットの1つです。

開催時間は17:00ごろ~24:00ごろ

サンカムペーンナイトマーケット場所・アクセス

チェンマイ中心市街地からサンカムペーンまでは、ソンテウ、路線ソンテウ、ソンテウ、グラブタクシー、レンタルバイクが利用できます。

ソンテウ

ターペ門から東に伸びるチャルンムアン通り(1006)を一直線なので、赤い乗り合いソンテウもひろいやすいです。

2018年チェンマイ空港からの交通手段とチェンマイ市内の移動手段

路線ソンテウ

チェンマイ第一バスステーション、ワロロット市場バス停から路線ソンテウが運行しています。

チェンマイの郊外・他県へ行くソンテウ全7種類の運行ルート

グラブタクシー

チェンマイ中心市街地から300バーツ前後。

Uber撤退後のチェンマイでタクシー配車アプリGrabを使う注意点

サンカムペーンナイトマーケットの様子

サンカムペーンナイトマーケットの入り口

わくわくしながら賑わいのなかに飛びこむと、混雑はそこそこ。地元民率95%でノスタルジックな空気が漂っています。

サンカムペーンナイトマーケットの様子

サンデーマーケットが、西洋人や中国人観光客でごった返しているのに対して、こちらは地元の中高生を中心としたタイ人がほとんど。じつにいい感じです。

店員さんの買え買えビームもないので、会話も楽しめます。

子供が多いのもローカルナイトマーケットならでは。

ローカルナイトマーケットの子供用の遊び場

ぬり絵や、滑り台など子供の遊び場見学も意外と楽しいです。

B級すぎるグルメ

お祭りっていったらB級グルメですよね。チェンマイ中心地ではみかけない食べ物もたくさんありますよ。

エビの踊り食い

サンカムペーンナイトマーケットのB級グルメ-エビの踊り食い

水槽から活きた小エビを網ですくって、ハーブと唐辛子でタイ風に和えます。

短期旅行者の方はやめておきましょう。

蒸しステーキ

サンカムペーンナイトマーケットのB級グルメ-蒸しステーキ

牛肉をレモングラスやコリアンダーなどの香草と一緒に蒸したタイ北部の郷土料理。

昆虫

虫のスナックも30円から売っています。

虫のスナック

バーベキュー

サンカムペーンナイトマーケットの1串15バーツのバーベキュー

タイ風オムレツ

サンカムペーンナイトマーケットのB級グルメ

タイ風かまぼこ

タイ風かまぼこ

タイ風きりたんぽ

サンカムペーンナイトマーケットのB級グルメ

タイ風やきそば

サンカムペーンナイトマーケットの10バーツやきそぼ

タイ風やきそばが10バーツって安いですよね。

他にも美味しそうな食べ物がたくさん売っているので食べ歩きを楽しんでください。

それと、サンデー・サタデーマーケットでは禁止されている歩きながらの飲酒が、このサンカムペーンナイトマーケットではOKです!

B級グルメを肴にビールなんて酒飲みには最高です。

雑貨・服

ナイトマーケットといったら雑貨や衣類です。すべては紹介できないので、個人的ベスト3を発表します。

お土産やメルカリの参考にしてみてください。

第1位 香草・スパイス

サンカムペーンナイトマーケットの香草・スパイス

第2位 ポンチョコート

洋服-2

このポンチョコートが300円って、かなり安いですよね。

第3位 タイ語のレジャーシート

タイ語レジャーシート

防水で少しクッション性があったので、思わず買っちゃいました。

お花見やアウトドアで大活躍しそうです。お土産にいかがでしょうか?

洋服-1

全体的に中心部と比較すると2割から4割程度安いです。