メーテーンエレファントパーク 象に乗ったまま川下り

タイで大人気のアクティビティといえば「象乗り」があげられますが、チェンマイのメーテーンエレファントパークでは、ここでしかできない特別な象乗りが体験できます。

象の背中に揺られて山道をトレッキングするまでは他のエレファントキャンプと同じですが、メーテーンエレファントパークでは、そこからさらに濁流にドボン!

象の背中にのったまま川下りが楽しめます。

タイ北部の自然を眺めながら超絶スリリングな象乗りはインスタ映えはもちろん、一生の思い出になりますよ。




メーテーンエレファントパークの場所

DJI 0286 MP4 2020 01 17 11 54 04 971
メーテーンエレファントパークの看板

メーテーンエレファントパークはチェンマイ市街地から北に50km、車で1時間の場所にあります。

交通アクセスが不便な場所にあるので、ここを訪れる約8割のお客さんがツアーまたは旅行代理店を利用しています。

後で詳しく説明しますが、個人で行くと筏下りが出来ないので、アクティビティ全てを楽しみたいならツアーがおすすめです。

名称メーテーンエレファントパーク
英語名 Mae Taeng Elephant Park
サイト公式HP
営業8時00分〜18時00分
入場料無料
場所Googleマップでひらく
象乗りコース1650バーツ

*『東野・岡村の旅猿』のロケ地となったメータマン・エレファントキャンプはメーテーン・エレファントパークと隣接しています。

コースや料金体系は同じですが、ドラマや映画のロケ地巡りが好きな方はお間違えのないように。

関連記事:チェンマイ郊外観光の交通手段・移動手段

メーテーンエレファントパーク施設案内

DJI 0290
メーテーンエレファントパークの園内マップ

ツアーの方は添乗員さんの指示にしたがってください。

反転 mov 2020 01 19 08 26 49 100
エレファントパークのチケット窓口

ツアーを利用せず個人で行く方は、正面入口を入ってすぐにある窓口カウンターでチケットを購入します。

*入場に際して特にチェックはないので、象ショーと餌あげ(エサ代別)だけなら窓口に立ち寄らずそのまま中に入って大丈夫です。無料でもそこそこ楽しめます!

エレファントキャンプの料金表
エレファントパークの料金表

象乗りコースは、象乗り・筏下り・象ショー・食べ放題ブッフェが付いて1650バーツです。

象乗り体験

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 41 36 510

メインとなる象乗りは子連れファミリー層が多いです。

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 34 01 199
象トレッキング乗り場

象の背中には大人なら2人、小さい子供と一緒なら3人が乗れます。

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 42 36 637

のっしのっしと園内を歩いてトレッキングコースに向かいます。

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 38 06 337

コースは結構きつい山道を登ったり下ったり、かなり揺れるので平地での象のりとは違った体験が出来ます。

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 36 59 576

山道をトレッキングしたあとは、メーテーンエレファントパーク象乗りのクライマックス!

濁流にドボン!

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 36 03 887

濡れはしませんが、お腹まで体を沈める象もいるので、かなりヒヤヒヤすると思います。

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 43 59 649

そのまま濁流を下って行きます。

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 45 49 722

バナナを買った方は途中でエサあげタイムもあります。

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 46 39 118

引率の方は先回りして川沿いで待機していると、ベストショットが撮れますよ。(*記念写真の販売もしています)

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 44 39 903
象の濁流下り

メーテーンエレファントパークはチェンマイの象乗りで一番秘境感があるコースです。

子供よりはしゃいでいる大人がたくさんいます!

象とのふれあいタイム

象ショーが行われる広場では、ショーの前後に、象とのふれあいタイムがあります。

メーテンエレファントキャンプの象の餌
メーテーンエレファントパークの象の餌

一籠100バーツで象の餌を買って、餌あげや象と一緒に記念写真!

象さんにキスされる旅行者
象さんにキスされる旅行者
DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 52 11 844
象さんに帽子をのせられる旅行者
象に餌をあげる子供
象に餌をあげる子供

象ショー

象ショー

絵を描いたり、サッカーボールを蹴ったり、見事な曲芸を観ることが出来ます。

牛車乗り

DJI 0286 MP4 2020 01 17 11 55 43 112

牛車に揺られながら15分〜20分間、田園風景の中をのんびり散歩します。途中、お土産屋に寄ったりもします。

砂埃の舞う箇所があるのでマスクを持って行った方がいいです。

筏下り

DJI 0294 MP4 2020 01 19 08 43 23 430

コースの最後は筏下りです。

敷地内から2km先の船乗り場まで川沿いの景色を楽しみながら30分〜40分筏下りが楽しめます。

流れの緩やかな場所になると船頭さんが竿を渡してくれて、筏漕ぎ体験も出来ます。

ツアーの方は先回りしてミニバンが待機していますが、個人の方は船乗り場からエレファントパークまで戻ってくる手段がありません。

未確認ですが、車で5分の距離なので、ツアー客を待っている時間におこずかい稼ぎで送ってくれるドライバーもいると思います。

まとめ

チェンマイで象乗りの人気を二分する「メーテーンエレファントパーク」と「メーサーエレファントキャンプ」。

これでもか!というくらい象乗りを楽しみたい方は今回ご紹介したメーテーンエレファントパークがおすすめです。

タイガーキングダムや絶景カフェと絡めて観光を楽しみたい方はメーサーエレファントキャンプがおすすめです。

関連記事:メーサーエレファントキャンプの行き方と各コースのご案内

象を独占したい!という方は、あまり知られていない穴場スポット「チェンダオ象訓練センター」がおすすめです。

関連記事:チェンダオ象訓練センター|チェンマイの穴場的エレファントキャンプ