パーイの観光スポット16選 絶景スポット・温泉・人気カフェ

この記事では、チェンマイ在住8年目の筆者が実際に訪れたことのあるパーイのおすすめ観光スポットを16箇所ご紹介しています。

関連記事:チェンマイからパーイへの行き方 交通手段別アクセスとパーイの移動手段




パーイの絶景スポット

Yun Lai Viewpoint(絶景ビューポイント)

パーイの絶景ビューポイントユンライの展望台
パーイの絶景ビューポイント:ユンライ(Sea fog Yun La)

ユンライ(Sea fog Yun La)はパーイ中心部から6km、サンティション村の山道をさらに1.6km登った高台にある絶景ビューポイントです。

高台から見下ろすパーイの景色

入り口で入場料20バーツを払い、坂を登っていくと一気に視界が開けます。

遮るものがなく目の前には壮大なパーイの絶景が広がります。

早朝は神秘的な霧の海から昇る御来光、雨期から冬にかけては霧で覆われた幻想的な風景を目にすることができます。

縁結びの木

中央には縁結びの木があり、永遠の愛を誓うカップルの姿もちらほら。*絵馬は売店で購入できます。

カフェで美味しいお茶をいただきながらゆったりした時間を過ごせます。

中国村(サンティション村)からユンライに向かう道は急勾配なうえに道が細いので対向車に気をつけてください。対向車に自分の存在を知らせるためにクラクションを鳴らしながら走行しましょう!

英語名Sea fog Yun La
タイ語名ทะเลหมอก หยุนไหล
連絡081ー024ー3982
場所Googleマップでひらく

チェディー プラタート メーイェン(巨大仏)

ワットプラタートメーイェン パーイの巨大仏像
チェディー プラタート メーイェン

パーイの美しい街が見渡せる高台に鎮座する巨大仏像です。

ワットプラタートメーイェンの階段
高台へと続く階段

かなり長い階段を登ります。

ワットプラタートメーイェンからの風景 2
パーイの街が一望できて見晴らし最高です。
名称チェディー プラタート メーイェン
英語Chedi Phra That Mae Yen
参拝料無料
場所Googleマップでひらく

タム・ロート洞窟

タム・ロート洞窟筏下り

洞窟内部の神秘的な光景とスリル満点の筏下りはインディージョーンズのワンシーンのようです。

洞窟の中を筏で進むなんて、めったにできない貴重な体験なのでかなりオススメです!

タム・ロート洞のヒンナムライと呼ばれる鍾乳石
洞窟内部の鍾乳石

自力で行けばガイド代600円のみ、パーイの現地旅行会社経由でツアーを利用しても2000円程度です。*余裕で日帰りできます。

関連記事:パーイ観光の目玉!タム・ロート洞窟で神秘的な筏下り

バンブーブリッジ

パーイのバンブーブリッジ
Bridge Loans Soi Boon defeats

パムボック村の田園には竹で編み込まれた橋が張り巡らせれており、田園の絶景とともに素朴な村人の暮らしぶりを垣間見ることができます。

パーイには66の村落があり、約53%がタイムアン・タイヤイ族、約47%がカレン族、モン族、リス族、ラフ族などの山岳民族が暮らしているといわれています。.

パーイ・バンブーブリッジを渡る観光客

美しい山の風景や自然を楽しみながら歩くことができます。

パーイ・バンブーブリッジにあるカフェ
田園の中央にあるカフェ

インスタ映えする写真もバッチリ。

田園の中央にあるカフェではのどかな田園風景を眺めながら最高のティータイムを過ごすことができます。

関連記事:パーイのバンブーブリッジ!インスタ映えする田園に架かる橋

パーイの定番観光スポット

エレファントキャンプ(Thom’s Pai Elephant Camp)

Thom’s Pai Elephant Campの看板とぞう

Thom’s Pai Elephant Campはパーイで最初にできたエレファントキャンプです。

入場料無料、20バーツで象に餌やりができます。

こちらのキャンプではタイでは珍しい、裸象(像の背中に鞍を付けない状態に乗る)でトレッキングを楽しむこともできます。

ショートコースや筏くだり+象と水浴びなど色々なコースがありますので興味がある方はHPで確認してください。

名称Thom’s Pai Elephant Camp
場所Googleマップでひらく
連絡089 851 9066
営業8時00分~21時00分
サイト公式HP
料金餌やり20バーツ・象のり1200バーツ

ナイトマーケット(Pai Night Market)

パーイのナイトバザール 1
Pai Night Market

パーイのバスターミナル周辺で毎晩ナイトバザーが開催されています。

チェンマイのナイトマーケットのように派手さはありませんが、ほんわかとした気分になれるナイトマーケットです。

パーイのナイトバザール 3
おしゃれ可愛いショップが立ち並びます
パーイのナイトバザール 4
可愛い雑貨店

女子が喜ぶプチプラ雑貨がたくさん売っています。

パーイのナイトバザールの様子
お洒落で綺麗な街並み

日が落ちると暖かい灯りがともり、昼間とはまた違った表情を見ることができます。

名称Pai Night Market
開催時間18時00分~22時00分(毎日)
場所Googleマップでひらく

パーイ・キャニオン(Pai Canyon)

パーイ・キャニオン
パーイ・キャニオン

メモリアルブリッジから3分の場所にパーイ版グランドキャニオンがあり、パーイの定番観光スポットになっています。

入場無料なので、メモリアルブリッジの帰りにちょろっと立ち寄るにはもってこいの場所です。

パーイ キャニオンの崖で記念写真を撮っているタイ人

落ちたら確実にアウトがたくさんありますので気をつけてください。

名称パーイ キャニオン
英語Pai Canyon
タイ語ปายแคนยอน
営業24時間
距離8km
場所Googleマップでひらく

第二次世界大戦メモリアル橋

パーイ メモリアルブリッジ
パーイメモリアルブリッジ

パーイメモリアルブリッジは旧日本軍がチェンマイからビルマへの物資輸送ルートとして建設した鉄橋です。

パーイ郡があるメーホンソーン県は、太平洋戦争中、インパール作戦に携わっていた旧日本陸軍が多く駐屯していました。

パーイ メモリアルブリッジで記念写真をしているタイ人
パーイで人気のフォトジェニックポイント

橋の上で写真撮影をしたり、のんびりと川の景色を眺められる場所です。

名称第二次世界大戦メモリアル橋
タイ語สะพานประวัติศาสตร์ ท่าปาย
場所Googleマップでひらく

ワット・ナムフー

ワットナームフー
ワット・ナムフー

市街地から3km離れた場所にあるタイ人に人気のお寺です。

お寺の周りに鯉が泳いて餌やりが楽しめます。

ワットナームフーの池

水面近くまで近寄れる場所があり、エサをやるとものすごい数の鯉が集まってきます。

名称ワット ナムフー
タイ語วัดน้ำฮู
場所Googleマップでひらく
参拝料無料

Santichon Village(中国村)

南湖中国山地村(Santichon Village)

タイ北部にはメーサロンやアルノータイ村など中国国民党の子孫が住む村が点在していますが、パーイのサンティチョン村もその1つです。

村はあまり大きくありませんが、雲南料理を提供するレストランやお土産屋さんなどがあります。

山地村のお土産屋
名称Santichon Village
タイ語บ้านสันติชล
営業時間5時00分~18時00分
場所Googleマップでひらく

パーイの温泉

ター・パーイ温泉

ター・パーイ温泉の共同温泉
*要水着着用

ター・パーイ温泉はメモリアルブリッジから車で5分のフワイ・ナムデーン国立公園内にあります。

ター・パーイ温泉のバンガロー型の個室貸切風呂

水着着用の共同温泉の他に個室貸切風呂もあるので、カップルや家族水入らずで温泉を楽しみたい方におすすめです。

お湯の方は源泉が100℃と高温なので日本人でも満足できる温泉です。

サイ・ガーム温泉

サイ・ガーム温泉に浸かる西洋人観光客

サイ・ガーム温泉は鬱蒼と茂る森の中にある、これぞ秘湯といった雰囲気を味わえる温泉です。

サイ・ガーム温泉の無色透明のお湯

無色透明でキラキラと輝く水面は神秘的で、映画のワンシーンのような写真がたくさん撮れます。

お湯がぬるいので温泉目的の方にはオススメしませんが、インスタ目的なら絶対にサイ・ガーム温泉です。

一度のパーイ旅行で2つの温泉に行くにはスケジュール的に厳しいと思いますので、下記の記事をぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【パーイの温泉】ター・パーイ温泉VSサイ・ガーム温泉

ペーン温泉

ター・パーイ温泉とサイ・ガーム温泉はどちらも入場料として200バーツ〜300バーツが徴収されますが、こちらのペーン温泉はなんと無料です。

ペーン温泉の温泉にかかる橋

白い湯けむりがもうもうと立ち込めていて、めちゃくちゃテンションが上がります。

野趣あふれる絶景野天温泉

泉質はとろとろぬるぬる湯ざわりが特徴のアルカリ性単純温泉です。

野天風呂なので着替える場所はないですが、四方を山に囲まれた開放感の中で絶景野天温泉を堪能できます。

関連記事:パーイの無料温泉!四方を山に囲まれた絶景【ペーン温泉】

パーイの人気カフェ

パイ プラヤ リゾート

PAI PRAYA RESORTの入り口
パイ プラヤ リゾートの入り口

パイ プラヤ リゾートは国道1095線沿いにあります。*入り口のクラシックカーが目印です。

入り口はからは想像ができない山の斜面に作られた絶景テラスがオススメです!

PAI PRAYA RESORTテラス席
山の斜面に作られた絶景テラス

まわりに一切遮るものがなく、壮大な山の景色を楽しむことができます。

快晴の青空をバックにインスタ映えする写真が撮れますよ。

店名パイ プラヤ リゾート
タイ語ปายพญารีสอร์ท
場所Googleマップでひらく

COFFE IN LOVE

COFFE IN LOVEのオブジェ

I am PAIのオブジェがインスタスポットとして人気のカフェです。

パーイ中心市街地から頑張れば歩けないこともない距離です。

どの席も見晴らしがよく、山の景気が楽しめます。

店名Coffee In Love
営業時間7時00分~18時30分
場所Googleマップでひらく

Love Strawberry Pai

店名の通り、いちごをテーマにしたカフェです。

店内ではいちごを使ったお菓子やジャム、ドリンクやワインなどを販売しています。

新鮮なイチゴシェークを飲みながら、雄大な山の景色を楽しめます。

店名Love Strawberry Pai
営業時間8時00分~18時00分
場所Googleマップでひらく

関連記事:メーホンソーン観光(バンブーブリッジ/青魚の洞窟/絶景寺)