メーホンソン市内から徒歩で行けるお寺3選

メーホンソンは車がないと観光が難しい街ですが、車がなくても楽しめる(徒歩で行ける)お寺をご紹介します。




ワット・プラタート・ドーイコーンムー

街のランドマーク!美しい山々を眺められる絶景スポット

IMG 8216

ワット・プラタート・ドーイコーンムーはコーンムー山の頂上に建つこの街のランドマーク的な存在です。

道中の坂道はかなりキツイですが、山頂の寺院に着けば疲れが吹っ飛ぶほどの絶景が広がります。

東側からはメーホンソンの町並みや空港の滑走路、西側からは壮大な山々の景色を望めます。

ワット・プラタート・ドーイコーンムーへのアクセス

ガームターホテルから2kmですが、勾配のきつい坂道なので徒歩だと30分かかります。

ちなみに筆者は車で5分でした。

街のどこからでも白亜の仏塔が見えるのでGoogleマップがなくても大丈夫です。

関連記事:メーホンソンで泊まるならココ!市内観光に便利なホテル2選

ワット・プラタート・ドーイコーンムーの見どころ

IMG 8209

白亜の仏塔が大小2基とミャンマー様式の本堂(ウィハーン)があります。

大きな仏塔は1860年に建てられ、中にはミャンマーからもたらされた、釈迦の十大弟子の一人である目連のご遺骨がおさめられています。

小さな仏塔は1874年にメーホンソンの最初の統治者シンハナートラーチャー公よって建てられました。

IMG 8224

仏塔には仏龕(小室)が設けられ、曜日別の守護仏が祀られています。

IMG 8223
本堂(ウィハーンルアン)に祀られているポータンジャイ仏
IMG 8217

山頂東側からは滑走路、ノンチョンカム 公共公園などメーホンソンの街並みが望めます。

2019年にできたコーヒーショップ

コーヒショップ
ร้านกาแฟชมเมืองcoffee

こちらのお寺を参拝するのは3回目ですが、新しくコーヒーショップができていました。

お茶

無料のハーブティーが美味しかったです。

コーヒーは1杯30B〜

コーヒーショップ

視界を遮るものがなく、雄大な山の景色を堪能できます。

標識
ワット・プラタート・ドーイコーンムーの標識
お土産
ワット・プラタート・ドーイコーンムーのお土産屋さん
寺名ワット・プラタート・ドーイコーンムー
タイ語วัดพระธาตุดอยกองมู
英語Wat Phra That Doi Kong Mu
営業時間6時30分~19時00分
地図Googleマップでひらく

ワット・プラノーン

秋篠宮さまも参拝に訪れたお寺

IMG 4574

ワット・プラノーンはガームターホテルから徒歩5分の場所にあります。

こちらのお寺にはビルマ戦線将兵鎮魂之碑があり、1989年に秋篠宮さまが参拝されています。

IMG 4580

鮮やかなコバルトブルーの本堂の内には涅槃仏が祀られてます。

IMG 4583
ワット・プラノーンの資料館

筆者が日本人だとわかると住職さんが資料館の鍵を開けて中を案内してくれました。

IMG 4591

古~い貴重品やら仏像がたくさん陳列されており、鉄柵越しに見学することができます。

タイ語の説明が難しくてあまり理解できませんでした。

IMG 4586

1989年に秋篠宮さまが参拝されています。

メーホンソンのワット・プラノーンに建つビルマ戦線将兵鎮魂之碑
ビルマ戦線将兵鎮魂之碑

本堂の脇にビルマ戦線将兵鎮魂之碑があったので手を合わせてご冥福をお祈りしました。

寺名ワット・プラノーン
タイ語วัดฤสีพระนอน
参拝時間
場所Googleマップでひらく

ワット・チョーンカム

市民の憩いの場

寺かむ
ビルマ様式の仏塔

ワット・チョーンカムは市内中央に位置する市民の憩いの場、ノンチョンカム 公共公園に隣接する寺院です。

夜はナイトマーケットが開催され静かなメーホンソンの街もこの一帯だけは賑わいをみせます。

同じ敷地内にワット・チョーンカムとワットチョンクランの2寺が建っています。

IMG 4596 2

ワット・チョーンカムはメーホンソンで最初の寺院として1797年に建立されました。

タイヤイ様式の9重の屋根が美しいお寺です。

御本尊
ワット・チョーンカムの御本尊
ナイトマーケット

夕方5時ごろになるとガームターホテルからワット・チョーンカムの前までナイトバザールが開催されます。

ライトラップ

対岸からみる寺院も美しいです。

寺名ワット・チョーンカム
タイ語วัดฤสีจองคำ
参拝時間
場所Googleマップでひらく

関連記事:メーホンソン観光完全ガイド アクセスとエリア別まとめ