チェンマイの薬草サウナ寺 入浴料50バーツでタイ北部伝統医療

タイ北部の伝統医療として連綿と受け継がれてきたチェンマイの寺院(ワット・トゥンルワン)に併設されている薬草サウナをご紹介します。 




チェンマイの薬草サウナ寺

ワット・トゥンルワンの礼拝堂
ワット・トゥンルワンの礼拝堂

チェンマイの薬草サウナ寺「ワットトゥンルワン」は今は亡き(1914〜1987)クルーバー・タンマチャイ師が住職をしていたことで知られる寺院です。

クルーバー・タンマチャイ師の説明パネル
タンマチャイ師の説明パネル

タンマチャイ師はかの有名なクルーバー・シーウィチャイ高層の弟子で、薬用植物を用いて病気の予防や治療をおこなうタイ北部の伝統医学にも精通していたと伝えられています。

師の知識(薬草の配合など)は現在もこのお寺に継承されていて、寺院の境内には薬草の販売所、道路を隔てた向かい側には代々伝わる独自配合の薬草サウナが設置されています。

https://www.facebook.com/WatThungLoung/タンマチャイ師のミイラ

礼拝堂奥のガラスケースの中に安置されているタンマチャイ師のミイラ

ワット・トゥンルワンの場所

名称ワットトゥンルワン
タイ語名วัดทุ่งหลวง
サイトFB
営業日薬草サウナ月曜日・木曜日・金曜日休み
場所Googleマップでひらく

ワットトゥンルワンはチェンマイ市街地から北に43km、車で1時間の場所にあります。

チェンマイ旧市街の北に築かれた城門、チャーンプアック門から北に向かって伸びる国道107号線をひたすらまっすぐ走り、ソイ1の 看板を目印にわき道に入ります。

107号線は市街地を抜けると交通量が少ない片側2車線なのでバイク初心者の方でも走りやすいです。

ソイ1の 看板
目印となるソイ1の 看板

脇道に入ると砂埃がすごいのでバイクの方はマスクを忘れずに。

ワット・トゥンルワンの塔

道なりに進むと左手に黄金の仏塔があります。

ワット・トゥンルワンの薬草サウナの入り口
サウナはこちらの看板

薬草サウナの様子

こちらの受付で施設使用料50バーツを支払います。(*月曜日・木曜日・金曜日休み)

厳密にいえば、施設使用料ではなくてお布施です。なので、50バーツ以上でも大丈夫です。タイ語が読める方は、説明パネルにしたがってお参りしてください。

腰布の貸し出しと共有バスタオル(トイレ兼シャワー室の脇に掛かっています)は一応ありますが、水着とバスタオルは用意して行った方がいいと思います。

貴重品を入れるロッカーがないので、バイクや車の中に保管して鍵だけ持ち歩くようにしましょう。

ワット・トゥンルワンの薬草サウナ室

サウナ室は男女別々で、1番2番が男性用、3番4番が女性用です。

サウナ部屋の内部はタイル敷きで清潔感があり、両サイドがベンチシートになっていて3人づつ6人が座れるようになっています。

DJI 0312 MP4 2020 01 13 11 23 21 122

扉を開けると真っ白で何も見えなほど熱い蒸気が充満していて、深みのある独特の芳香がします。

室内の温度は40度〜50度。

DJI 0312 MP4 2020 01 13 11 21 38 343

裏手にまわるとかまどに薪をくべて大鍋で薬草を蒸し、

DJI 0312 MP4 2020 01 13 11 21 47 662

その蒸気がパイプを通って小部屋の中に流し込まれている様子をみることができます。

DJI 0312 MP4 2020 01 13 11 21 59 540

約30分毎に薪がくべられ、かまどに薪が投入された直後は室内の温度が上がります。

薬草サウナの薪置き場
薪置き場
薬草の保管場所
採集した薬草を乾燥

薪置き場の裏手が薬草の保管場所になっていて、野山で採集した薬草を乾燥させています。

DJI 0317 MP4 2020 01 13 11 16 37 310
DJI 0317 MP4 2020 01 13 11 17 41 427

薬草サウナには8〜10種類の薬草が使われているとのことです。

女子用トイレ

トイレは男女別で4室づつ、合計8室設けられています。

冷水シャワー

トイレに設置してあるシャワー。

サウナあがりの冷水シャワーが最高に気持ちいいです。

まとめ

チェンマイの薬草サウナ寺は地元の方々がとても優しく、ローカルな風情がとても心地良い場所です。

首長族の集落まで5分、メーテン象キャンプまで10分なので一緒にまわるのがおすすめです。

チェンマイ旧市街で薬草サウナを楽しみたい方はこちらの【チェンマイ 薬草サウナ】ハーブたっぷりのスチームサウナで美肌に!を参考にしてください。歩いていける距離にあります。