チェンマイでタイ語勉強中

タイで新車購入して払う自動車税、強制保険、点検、維持費用のまとめ

タイで新車購入して払う自動車税、強制保険、点検、維持費用のまとめ

タイチェンマイで、車とバイクを新車で購入してから、現在までに支払った費用をかんたんにまとめました。

車の強制保険については、日本と若干ことなる箇所があるので、タイ語のサイトを訳して説明を加えてあります。タイで保険に加入されるときにお役立てください。

タイでバイク購入

購入に必要なもの

  • 現金
  • パスポート
  • 在留証明書または居住証明書

チェンマイの場合在留証明書は入国管理局と日本領事館で発行してもらえます。

僕の場合、EDビザでタイに滞在しているので現金一括で購入しました。タイで仕事してる人はローンも組めると思います。

Honda cpx150

チェンマイに到着後すぐに購入しました。場所は部屋のオーナーさんに教えていただいたHONDAです。

HONDA PCX150|7万7千バーツ

その他にかかった費用、タイの強制保険(先に加入しないと購入できないです)

任意保険1千9百バーツ(盗難)

車両手続きは販売店がしてくれます。

納車はコンドミニアムまで届けてくれました。

タイで車の購入

その後タイ語講座を受講するパーヤップ大学が郊外ということもあり、車を購入しました。購入に必要なものはバイクと同じです。

タイ新車購入の記念写真

TOYOTA VIOS|69万バーツ

その他かかった費用はタイの強制保険(先に加入しないと購入できません)

任意保険2万バーツ(クラス1)

車両手続きなどは販売店がすべてやってくれます。

タイでは新車購入時に記念写真を撮るのが一般的です。

僕は恥ずかしいので全力でことわっていたら見かねた担当係の上司が出てきて一言

この子が初めて販売した車なんでぜひお願いします。

そっちの記念かよ…あきらめて渋々記念写真に応じました。

タイの強制保険について

強制保険

タイの強制保険

写真、上がバイク、下が車のพ.ร.บ.(ポーローボー)

タイの強制保険ประกัน(保険)ภาคบังคับ(強制、必修)はพ.ร.บ. と呼ばれています。

พ.ร.บ. は交通事故がおきたとき、被害者の保護を図るため、1992年に法令により加入が義務付けられました。

また以前はพ.ร.บ.のステッカーをはっきりと見えるように貼っていない車は、1千B以下の罰金が科せられていましたが、2007年4月6日よりステッカーを貼る必要はなくなりました。

理由は、陸運局のพ.ร.บ.の証書が先にないと車の登録や、自動車税をおさめることができないからです。車の所有者は、登録し、自動車税をすでに納めているので間接的にพ.ร.บ.を加入していることになります。

現在は、車のオーナーはお金を支払った証書を控えとしてしまっておき、事故が起きたときに提示するだけとなりました。

พ.ร.บの対象は人のみで車の損失には適用されません。

怪我をした者には5万B以下。

死亡した者または永久に不随したもの(高度障害)には10万。

<参照>

http://insurancethaicar.blogspot.com/2013/06/automobile-insurance-compulsory-victims.html

http://www.oknation.net/blog/theinsurance/2014/11/27/entry-1

タイの任意保険について

タイの任意保険クラス1

任意保険は保険会社からいろいろな商品がでています。一般的にクラス1からクラス4にわかれていてランクにより保証範囲と金額が異なります。

保険のような金融商品は加入されるかたの家族構成や、考え方によって該当商品が変わるので保険代理店の担当者から話を聞いて自分にあった保険を選んでください。

参考までに、僕は1年目はクラス1に入っていました。料金は2万バーツ/1年です。2年目から任意保険には加入していません。外国人はクラス1、タイ人はクラス4が一般的なようです。

二年目に話を聞いた保険代理店とディーラー販売員はクラス3でも充分と言っていました。確か2千バーツ/1年くらいです。

バイクと車の税金と強制保険の金額

バイク

  • 税金100バーツ/年
  • 強制保険491バーツ/年

  • 税金1645バーツ/年
  • 強制保険600バーツ/年

排気量によって税金がかわるので僕の場合は

バイク HONDA PCX150 152.90 C.C.

車 TOYOTA VIOS 1497.00 C.C.

車の点検とバイクを修理

車の点検

トヨタ販売店に併設しているサービスセンターへ

予約なしでいきましたが50分程で終わりました。

チェンマイトヨタサービスセンター入り口

5百キロか1千キロの無料点検がありました。

車両点検の領収書

次に行ったのは1万キロ 点検料は約2千6百バーツです。

バイクの修理

タイにきたばかりのころは、タイ人の動きに慣れていなかったためバイクを買ってすぐに転倒しました。

バイクを購入したHONDAへ

バイク側面にすり傷がついたのでパーツを新しいものに変えました。

バイク修理の領収書

パーツ5つの交換で約2千9百バーツ。

タイの車とバイクの年間の維持費用

バイク|590バーツ(強制保険+税金 )

車|2245バーツ(強制保険+税金)

合計2835バーツ/年(約1万円)

現在は任意保険には加入していないのでゼロです。

ガソリン代は車には1、2ヶ月に1回しか乗らないので、バイクのみ1000バーツ/月くらいです。

チェンマイのバイクと車の強制保険と自動車税の支払い場所

バイク

สำนักงานขนส่งจังหวัดเชียงใหม่ แห่งที่ 1 (หนองหอย)

場所 405/2 ถ.เชียงใหม่-ลำพูน ต.วัดเกตุ อ.เมือง จ.เชียงใหม่ 50000

電話 0-5314-0405

市街からchiangmaipamphun通りを南下し左手にあります。

chiang mai provincial land transport office

チェンマイバイク強制保険の支払い場所(バイク)

はじめに入り口横にある事務所でพ.ร.บ.の支払いを済ませます。

พ.ร.บ.の支払い

พ.ร.บ.の支払い

チェンマイバイクの陸運局

พ.ร.บ.の支払いがおわったら事務所で税金を支払います。

バイクの税金の支払い

เลขที่ 192 หมู่ 7, ถนนเชียงใหม่-ฮอด, ตำบลแม่เหียะ อำเภอเมือง จังหวัดเชียงใหม่, 50100 ตำบล แม่เหียะ อำเภอเมืองเชียงใหม่ เชียงใหม่ 50100

チェンマイ陸運局

チェンマイ陸運局の入り口

車のพ.ร.บ.の支払い場所

入ってつきあたりがพ.ร.บ.の支払い場所です。

自動車税の支払い場所

受付(information)で番号札をもらって1番の窓口で税金を支払います。

車をクレジットカードで購入

ここからは余談になります。

カード会社に車の購入をカードで一括払いしたいと伝えると、OKをもらいました。ただし海外なので使用時に電話を入れるように言われました。

販売店にカード払いできるかと聞くと外国人は現金のみとのことでした。(EDビザだからか販売員が新米だからかは不明です)

購入時のレートが1ドル77,78円で1万円で4千バーツ弱でした。

バーツで支払ったお金を当時のレートで日本円にしてみると191万円。

タイバーツのレート計算

2015年2/28のYahooファイナンスのレートで計算すると日本円で約283万円

191万円と283万円…

為替ってかなりでかいですね。現在のレートだったらたぶんこの車を購入していなかったと思います。

sponsored link
Facebookページからも更新情報をお届けします

Monthly Ranking