チェンマイでタイ語勉強中

タイバーツを両替する前に知っておくべき通貨のデザインと歴史的変遷

みなさん海外旅行に行く前は必ず現地の通貨について調べますよね。

流通している通貨単位、両替の方法、物価など。

今回はタイのお金について、バーツのデザインと歴史的変遷についてまとめました。

タイ王国の通貨単位はバーツ

タイ王国の通貨単位はバーツです。もともとバーツという言葉はタイでは重さを数える単位の1つでした。

現在でもまだ重さを計るさいに使われていて、特にゴールド(金)の売買のときは本日の金価格は1バーツあたりいくらです。というような使われかたをしています。

タイバーツの表記

タイ王国の通貨単位であるバーツはそれぞれ以下のように表記されます。

  • タイ語 บาท
  • 英語  THB
  • 中国語 銖
  • 通貨記号 ฿
  • ISO 4217による通貨コード THB

バーツが使える国

国際銀行間通信協会(SWIFT)によるとタイバーツは世界で10番目に使われている通貨です。

タイ国の法定通貨なのでタイ国内で使えるのは言うまでもなく、

タイの近隣諸国、ラオス、ミャンマー、カンボジアでも非公式ながらバーツが広く流通しているので使うことができます。

ぼくはラオスのビエンチャン、ミャンマーのタチレクで実際にバーツを使いましたが、問題なかったです。(ただし、おつりはその国の通貨。)

ちなみに、チェンマイの両替所ではラオスの通貨単位キープ(Kip)からバーツに両替できません。

現在タイで流通している硬貨

タイの硬貨のデザイン

2017年現在、一般流通しているタイ硬貨は25サタン、50サタン、1バーツ、2バーツ(旧、現)、5バーツ、10バーツの6種類です。

コイン形状の硬貨を使いはじめたころは1、5、10、25、50サタン、1、2、5、10バーツの9種類の硬貨が流通していましたが、現在は1サタン、5サタン、10サタンは銀行のみで、一般流通していません。

タイの1バーツ硬貨

タイの1バーツ硬貨の表と裏のデザイン

  • 白銅製
  • 直径20mm
  • 量目3.4 g
  • 1986年初回製造

表面はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏面はワットプラゲーオがデザインされています。

*2008年製造のものはニッケルメッキ銅製

タイの2バーツ旧硬貨

タイの旧2バーツ硬貨の表と裏のデザイン

  • ニッケルメッキ銅製
  • 直径21.75mm
  • 量目4.4 g
  • 2005年初回製造

表面はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏面はワット・サケットがデザインされています。

タイの2バーツ硬貨

タイの現2バーツ硬貨の表と裏のデザイン

  • アルミニウム青銅製
  • 直径21.75mm
  • 量目4g
  • 2008年初回製造

表面はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏面はワット・サケットがデザインされています。

旧2バーツ硬貨は1バーツ硬貨とサイズと色が似ているので注意が必要です。

現在は、2008年に流通しはじめた金色の2バーツ硬貨に換わりつつあります。

タイの5バーツ硬貨

タイの5バーツ硬貨の表と裏のデザイン

  • 白銅製
  • 直径24mm
  • 量目7.5 g
  • 1988年初回製造

表面はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏面はワット・ベンチャマボーピットドゥシットワナーラームがデザインされています。

*2008年製造のものは量目6g

タイの10バーツ硬貨

タイの10バーツ硬貨の表と裏のデザイン

  • 外側白銅製、内側アルミニウム青銅製
  • 直径26mm
  • 量目8.5g
  • 1988年初回製造

表面はラーマ9世、裏面はワット・アルンラーチャワラーラームがデザインされています。

タイの紙幣

2017年現在、一般流通している紙幣は20、50、100(旧、現)、500(旧、現)、1000(旧、現)バーツの5種類です。

タイで一番はじめて紙幣が印刷された1902年から現在まで16回のデザイン変更がありました。(現在流通していない紙幣も含めます)

タイの20バーツ紙幣

2016年現在 タイで流通している20バーツ紙幣

  • サイズ:縦72mm×横138mm
  • 色:緑色
  • 2012年11月2日発行

表はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏はラームカムヘーンがデザインされています。

*ラームカムヘーンはスコータイ王朝の3代目の王

タイの50紙幣

2016年現在 タイで流通している50バーツ紙幣

  • 縦72mm×横144mm
  • 色、青
  • 2012年1月18日発行

表はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏はナレースワンがデザインされています。

*ナレースワン大王はタイのアユタヤー王朝の21代目の王

タイの100バーツ紙幣

2016年現在 タイで流通している新100バーツ紙幣

  • 縦72mm×横150mm
  • 色、赤
  • 2015年2月26日発行

表はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏はタークシンがデザインされています。

タイの100バーツ旧紙幣

2016年現在 タイで流通している100バーツ紙幣

  • 縦72mm×横150mm
  • 色、赤
  • 2005年7月5日発行

表はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏はタークシンがデザインされています。

*タークシンはタイのトンブリー朝の王。ちなみに元首相のタクシン・チナワットさんとはタイ語の綴りが異なりますれええええええええれれれれ。

タイの500バーツ旧紙幣

2016年現在 タイで流通している旧500バーツ紙幣

  • 縦72mm×横156mm
  • 色、紫
  • 2001年8月1日発行
  • 表はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏はラーマ3世がデザインされています。

タイの500バーツ新紙幣

2016年現在 タイで流通している500バーツ紙幣

  • 縦72mm×横156mm
  • 色、紫
  • 2014年5月12日発行

表はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏はラーマ1世がデザインされています。

ラーマ1世はチャクリー王朝の初代のシャム国王です。プッタヨートファーチュラーロークとも呼ばれています。

タイの1000バーツ旧紙幣

2016年現在 タイで流通している1000バーツ紙幣

  • 縦72mm×横156mm
  • 色、茶
  • 1999年11月1日発行

表はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏はラーマ5世がデザインされています。

*ラーマ5世は、チャクリー王朝の第5代のシャム国王です。

タイの1000バーツ新紙幣

2016年現在 タイで流通している新1000バーツ紙幣

  • サイズ:縦72mm×横162mm
  • 色:茶
  • 2015年8月17日発行

表はラーマ9世プーミポン・アドゥンラヤデート、裏はラーマ5世がデザインされています。

現在流通しているタイの通貨がわかったところでつぎは歴史をみていきたいと思います。

タイの通貨の歴史的変遷

タイ通貨の歴史を紐解いてみると、今から約38000年前にさかのぼります。

まだ通貨が存在しなかった時代には、人々は物々交換で品物のやりとりをしていました。

その後、インド文化がタイに伝わり物の交換の仲立ちをするために貝殻、石などを使ったのが最初だといわれています。

仏暦501から仏暦1600年

フーナン王国時代からタワラワディー王国の時代になると、銀、錫、銅などを溶かし鋳型を使って通貨を製造するようになりました。

図柄は太陽、巻貝、羊がデザインされていました。

仏暦1301年から仏暦1800年

この時代はシュリーヴィジャヤ王国がタイ南部の交易港付近を支配していました。

交易ルートをたくさんもっていたこの王国はグンナモーと呼ばれる球状のお金を使って取引していました。

シュリーヴィジャヤ王国とは7~14世紀ころインドネシアやマレー半島、フィリピンに大きな影響を与えたスマトラ島のマレー系海上交易国家です。

仏暦仏暦1900年

ランナー王国、スコータイ王国、チャオプラヤー流域にあるアユタヤ王国の時代になると自分たちで通貨を製造して使用する経済システムができました。

ランナー王国で使われていたタイの通貨

ランナー王国では中国から伝わった銀の塊のグンサイチー、グンガムライ、 グンチアングなどを通貨として使用しました。

 

スコータイ王国とアユタヤ王国ではグンポッドドゥアンと呼ばれる丸い球状の塊を通貨450x225

一方、スコータイ王国とアユタヤ王国ではグンポッドドゥアンと呼ばれる丸い球状の塊を通貨として使用していました。

同時にこの時代のタイはインド、ヨーロッパ、雲南等、他国との交易もありましたが、そのさいに使われた他国の通貨も認めていました。

アユタヤ王朝が崩壊すると、トンブリ、チャクリー王朝が順番に誕生します。

この時代ではアユタヤ王朝時代同様グンポッドドゥアンを通貨として使用していました。

グンポッドドゥアンには獅子、法輪、チャクラ、槍、武器、など時代によって異なる図柄がデザインされていました。

ラーマ1世

ラーマ1世からラーマ3世の治世でも通貨はグンポッドドゥアンを使用していました。

ラーマ1世の時代は国章としてウナローム 王章としてパセンチャック

ラーマ1世の治世になるとウナロームという名の国章、パセンチャックと呼ばれる王章がそれぞれ刻印されています。

上のマークが王章のパセンチャック、下が国章のウナローム

ラーマ2世

ラーマ2世の時代の通貨に国章として使われたガルダ

ラーマ2世の治世になると国章がครุฑガルダ(クルット)に変更になりました。

ガルダはヒンドゥー教の神話に登場する神鳥・ガルダ(クルット)をモチーフとしています。

ラーマ3世

ラーマ3世の時代の通貨に王章としてデザインされたお城

ラーマ3世の治世では王章がプラサートお城ปรสาทに変更になりました。

ラーマ4世

ラーマ4世の治世になるとタイは外国との取引が急速に拡大しました。そのため、通貨のニーズに対し製造が間に合わず偽物が多く出回るという問題が起こりました。

ラーマ4世はこの問題に対し、マーイと呼ばれる紙幣を発行し、グンポッドドゥアンと併用して使用することにより問題を解決しました。

しかし、国民には紙のお金はあまり好まれなかったといわれています。

また、貨幣においても中期になるとスコータイ時代から使ってきたグンポッドドゥアンは丸いコインの形状にかわりました。

丸い塊のグンポッドドゥアンがコイン形状に変わり、タイではじめて紙幣も発行され、タイの通貨の歴史が大きくかわった時代といえます。

タイではじめて発行されたマーイと呼ばれる紙幣

タイではじめて発行されたマーイと呼ばれる紙幣

ラーマ5世

ラーマ5世の治世では通貨において大きな出来事が2つありました。

1つめは、この時代にはじめてコインに王様がデザインされるようになりました。

2つめは、新しくバーツとサタンの単位による10進法の通貨制度を採用したことです。

それまでの通貨制度で使っていたお金の単位(ทศ,พิศ,พัดดึงส์,ชั่ง,ตำลึง,บาท,สลึง,เฟื้อง,ไพ,ซีก,เสี้ยว,อัฐ,โสฬส)では会計の計算や管理が大変だったそうです。

ラーマ6世

額面1バーツの硬貨を発行しました。

ラーマ7世

額面25, 50サタンの硬貨を発行しました。

ラーマ8世

5, 10, 25, 50サタンの硬貨、2バージョンを発行しました。

ラーマ6世から8世の治世では第一次世界大戦、第二次世界大戦があり経済が不況に落ち込んだ時代でした。

通貨においては目だった変遷がみられなかったのでラーマ6世からラーマ8世の治世はざっくりまとめました。

ざっくりしすぎましたか。

ラーマ9世

ラーマ9世、現タイ国王プーミポン・アドゥンラヤデートの治世になると、1986年に、硬貨の生分、大きさ、デザインを一新し、 さらに、 10バーツと10サタンがはじめて発行されました。

1, 5, 10, 25, 50サタン、1, 5, 10バーツの8種類の硬貨が流通し、さらに2005年には2バーツ硬貨も発行され9種類の硬貨が流通するようになりました。

ただし、1, 5,10サタンは銀行でのみ使われているので現在一般流通している硬貨は7種類です。

記念通貨

その他に、大きな歴史的な記念日を祝うためや特別重要な行事があったときに記念貨幣が製造されています。

参考にしたタイ語サイト

  • https://th.wikipedia.org/wiki/บาท_(สกุลเงิน)
  • https://th.wikipedia.org/wiki/wiki/ประวัติศาสตร์หน่วยเงินในประเทศไทย
  • https://th.wikipedia.org/wiki/ธนบัตร_20_บาท
  • https://th.wikipedia.org/wiki/wiki/ธนบัตร_50_บาท
  • https://th.wikipedia.org/wiki/ธนบัตร_100_บาท
  • https://th.wikipedia.org/wiki/ธนบัตร_500_บาท
  • https://th.wikipedia.org/wiki/ธนบัตร_1000_บาท

写真
http://www.web-pra.com/Shop/satangdang/Show/155606 http://www.web-pra.com/Shop/satangdang/Show/2884

sponsored link

Monthly Ranking