シーサッチャナライ歴史公園観光ガイド 行き方と見どころ

本記事では、シーサッチャナライ歴史公園の行き方と見どころをご紹介しています。

シーサッチャナーライは、スコータイ王朝時代に第2都市として栄えた町で13世紀から14世紀ごろに建設されました。

市内には204の遺跡が点在しており、シーサッチャナーライ歴史公園としてタイ文化庁タイ芸術局の下で維持されています。

スコータイ歴史公園のように観光地化されておらず、寺院遺構がほぼ手付かずのまま保存されているので、歴史が好きな方や人混みを避けてのんびり遺跡巡りをしたい方にオススメです。

名称シーサッチャナライ歴史公園
タイ語 อุทยานประวัติศาสตร์ศรีสัชนาลัย
英語Si Satchanalai Historical Park
営業時間8時00分~17時00分
入場料城壁内100B
ワット・プラシー・ラタナ・マハータート20B




シーサッチャナライ歴史公園の行き方

シーサッチャナーライ歴史公園はスコータイから北に54km離れたシーサッチャナーライ地区にあります。

スコータイバスターミナルから路線バスで行く

IMG 2265

スコータイバスターミナルからウタラディット行きのバスに乗り、終点まで行かずにシーサッチャナーライ歴史公園から3km離れたリム川沿いのバス停で途中下車します。

8時15分発 運賃45B 所要時間は1時間弱

乗車前に車掌さんにシーサッチャナーライで途中下車することを伝えます。

上手く伝らない場合は、下のバス停の写真を見せれば確実です。

シーサッチャナライ歴史公園のバス停
シーサッチャナーライ歴史公園近くのリム川沿いのバス停

ここで、(バス停裏の日用品店で)自転車を借りて観光します。

シーサッチャナーライ歴史公園最大の見どころワット・プラシー ラタナ・マハータートまでは3分、城壁内の遺跡までは20分です。

帰りのバスは1日3本、時刻表は以下の通りです。*2020年11月7日現在の運行ダイヤです。

  • 12:00
  • 14:00
  • 16:00
IMG 2062
ワット・プラシー ラタナ・マハータートの山門

鮮やかな朱色の山門をくぐって歴史公園へ。

IMG 2067
寺院へと続く吊り橋

門をくぐるとすぐにヨム川にかかる吊り橋があります。

自転車やバイクで吊り橋を渡るという超レアな体験ができますよ!

IMG 2069
吊り橋の上から絶景

正面入り口から(城壁内から)歴史公園に入場した方には一度城壁外に出る必要があります。

スコータイバスターミナルからソンテウをチャーターする

スコータイバスターミナルで客待ちしているソンテウをチャーターします。

運賃は交渉なので一概にいくらとは言えませんが、700B〜1200Bが相場です。

スコータイでレンタルバイクを借りる

スコータイからシーサッチャナーライ歴史公園までは交通量が少ない一本道なのでレンタルバイクもおすすめです。

城壁内と城壁外の2つのエリアの移動も簡単にできるので、ぜひ吊り橋を渡ってスリリングな絶景を味わってください。

シーサッチャナライ歴史公園まわり方アドバイス

シーサッチャナーライ歴史公園は城壁内と城壁外の2つのエリアに分かれています。

歴史公園城壁外の見どころ

城壁外にはシーサッチャナーライで最大の寺院ワット・プラシー ラタナ・マハータートがあります。

こちらの寺院はタイ王室より第1級ラーチャウォーラウィハーンの寺格が与えられているタイ最高位の王室寺院で、かなり見応えがあります。

城壁外の寺院遺構は全て無料で見学できますが、唯一ここだけは入場料がTHB20かかります。

開門時間8時00分~16時30分 入場料金THB20

サクッとまわると30分、じっくり見てまわるなら1時間〜1時間30分はみておきたいです。

*城壁外には他にも小さな寺院遺構がいくつか点在していますが、城壁内もまわるならここだけで十分です。

歴史公園城壁内の見どころ

城壁内には7基の寺院遺構がほぼ手付かずのまま保存されています。

開門時間8時00分~17時00分 入場料金THB100

サクッとまわると1時間30分、全て見てまわるなら4時間はみておきたいです。

インフォメーション(園内マップ)

IMG 2141
シーサッチャナライ歴史公園のインフォメーション

シーサッチャナライ歴史公園のインフォメーションは城壁外(裏口)にあります。

IMG 2172
専用パンフレット(英語・タイ語・中国語)

インフォメーションでは園内の遺跡についてパネル解説が展示されてる他、

園内マップと遺跡の解説がされた専用パンフレットをもらうことができるので、じっくりまわりたい方は絶対によっておいた方がいいですよ。

シーサッチャナライ歴史公園城壁外の見どころ

城壁外の見どころはずばり、ワット・プラシー ラタナ・マハータートです。

ワット・プラシー ラタナ・マハータート

IMG 2128

ワット・プラシー・ラタナ マハータートはシーサッチャナライ歴史公園城壁内から東に2km離れたチャリエン(旧都)という町にあります。

シーサッチャナーライで最大かつ歴史的に最も重要な寺院で、12世紀末から13世紀ごろに建てられたと考えられています。

この寺院は、さまざまな時代の文化が融合している貴重な歴史遺産で、

正門はバイヨン様式、坐像や遊行仏はスコータイ様式、トウモロコシ型の尖塔(プラーン)はクメール建築様式でつくられています。

タイの仏教寺院ではあまり見られないものなので、ぜひゆっくり見学してみてください。

1958年にラーマ9世国王とシリキット王妃が訪れた後に、タイ王室より第1級ラーチャウォーラウィハーンの寺格が与えられタイ最高位の王室寺院となりました。

IMG 2125

寺院の正面にある受付で入場料の20Bを支払います。

IMG 2078

寺院は東西250m、南北50mの城壁で囲まれていて、

東側の正面入り口にはクメール美術のバイヨン様式を模した小さな正門があります。

(写真が切れていますが)柱の中央にはアプサラス、上部には4つの顔を持つブラフマーが装飾されています。

IMG 2079

正門をくぐると昔にタイムスリップしたかの様な光景が目に飛び込んできます。

高いラテライトの支柱に囲まれた大きな坐像の後ろには、プラーンと呼ばれるトウモロコシ型の尖塔が青空に向かってそびえたっています。

IMG 2084
慈愛に満ちたまなざしでとても穏やかなお顔が印象的な坐仏像

スコータイ様式の仏像は長く垂れ下がった耳たぶや細くて優美な指が特徴です。

他の場所ではあまり見られないものなので、しっかり目に焼き付けておきましょう!

IMG 2086

坐仏像の右側(北)には立像、

IMG 2088

坐仏像の左側(南)には曲線美が美しいスコータイ様式の遊行仏(歩く姿の仏像)も見られます。

IMG 2091

遊行仏の脇には尖塔内部へと続く階段があり登ることができます。

*ラテライトの壁や階段を登るのは禁止です。

IMG 2092

尖塔上部には壁龕が設けられていて、ヒンドゥー教の影響を受けたリンガと呼ばれる男根をかたどった像が祀られています。

IMG 2096
尖塔上部からの眺め
IMG 2107
プラーン右側(北)の坐像
IMG 2108

プラーンの後方(西側)には、八角形の基壇をもつ大きな仏塔があります。

IMG 2115

その南西の仏堂には保存状態の良い立像が安置されています。

IMG 2113

さらその西側には坐像を2尊祀った礼拝堂があります。

IMG 2104
パーンナークプロックを祀った仏塔

敷地内には小さなスリランカ様式の仏塔もいくつか点在していてみどころ満載です。

じっくり見てまわるならこの場所だけでも1時間は欲しいところです。

シーサッチャナライ歴史公園の城壁内の見どころ

IMG 4864
シーサッチャナライ歴史公園の城壁内の入り口

シーサッチャナライ歴史公園の城壁内には以下の7基の寺院遺構がほぼ手付かずのまま保存されていています。

  • ワット・ナーンパヤ
  • ワット ・スアンケーオ ウタヤーン ヤイ
  • ワット・チェディ・チェットテーオ
  • ワット・チャーンローム
  • ワット・カオ・パノム・プルーン
  • ワット・カオ・スワンキリ
  • ワット・ スアンケーオ ウタヤーン ノーイ
IMG 2388
シーサッチャナライ歴史公園の城壁内のトラム

入場料100Bが徴収されます。

7基全部まわるなら自転車をレンタルするかトラムバスがおすすめです。

トラムバスは1人30B、貸切にするなら300Bです。

ワット・ナーン・パヤー

IMG 4867
パンフレットNO.4
タイ語:วัดนางพญา
英語:wat nang phaya

ワット・ナーン・パヤーはシーサッチャナーライ歴史公園の城壁内の東側に位置し、正面入り口から入ると最初に目にする遺跡です。

周囲はラテライトの城壁で囲まれています。

IMG 4876
化粧しっくいのレリーフ

トタン屋根で保護された入り口横の礼拝堂の壁には化粧しっくいのレリーフが確認できます。

IMG 4870
スリランカ様式の大仏塔
IMG 4873
仏塔からの眺め

ワット・スアンケーオ・ウタヤーン・ヤイ

IMG 4881
パンフレットNO.3
タイ語:วัดสวนแก้วอุทยานใหญ่
英語:Wat suan kaeo utthayan Yai

ワット・スアンケーオ・ウタヤーン・ヤイはワット・ナーンパヤーの隣にある寺院です。

IMG 4882

長方形の敷地の中にラテライトの柱と四角基壇のスコータイ様式の仏塔があります。

仏塔の釣鐘部分は風化し、その上の尖塔部は完全になくなっています。

ワット・チェディ・チェットテーオ

IMG 4895
パンフレットNO.2
タイ語:วัดเจดีย์เจ็ดแถว
英語:Wat chedi Chet thaeo

ワット・チャーンロームの向かい側に建つ大規模な寺院です。

IMG 4892

敷地内には本堂、礼拝堂の他に、ハスのつぼみ型をした仏塔をはじめ、さまざまな芸術スタイルをした仏塔が33基点在しています。

仏塔の壁龕にパーンナークプロック(蛇に護られた仏像)の仏塔もあるので土曜日生まれの方はぜひ探してみてください。

*パーンナークプロックは八大竜王の1人ムチャリンダに護られて瞑想するお釈迦様の仏像で、土曜日生まれのご利益仏でもあります。

ワット・チャーンローム

IMG 4912
パンフレットNO.1
タイ語:วัดช้างล้อม
英語:Wat Chang Lom

ワット・チャーンロームは城壁内の中央に位置するラムカムヘーン大王が建立したとされる重要な寺院です。

正方形の2層の基壇をもつ仏塔が見どころです。

IMG 4899

1層目の基壇のまわりには39頭の象が取り囲んでいます。

IMG 4908

2層目の基壇には4方向に5か所、計20カ所の壁龕が設けられていて高さ1.4メートルの降魔印を結んだ坐像がおさめられています。

IMG 4905

ワット・カオ・パノム・プルーン

1511263232 1407
パンフレットNO.7
タイ語:วัดเขาพนมเพลิง
英語:Wat Khao Phanom phloeng

ワット・カオ・パノム・プレーンは城壁内右奥の小高い丘に位置する寺院です。

ラテライトの仏塔の前に支柱に囲まれ静かにたたずむ仏像が印象的です。

B63333df8361d076123fe9eebb75adb66
サーンチャオ・メー・ラオーンサムリー

仏塔の裏手には森の女神を祀っているレンガの建物サーンチャオ・メー・ラオーンサムリーがあります。

ワット・カオ・スワンキリ

IMG 4917
パンフレットNO.7
タイ語:วัดเขาสุวรรณคีรี
英語:Wat kho suankiri

ワット・カオ・スワンキリはワット・カオ・パノム・プルーンから西の方向に200m離れた小高い丘の上にあります。

IMG 4924

寺院のまわリは森で覆われており、静寂でとても良い雰囲気ですが、人の気配が全くしないので少し怖いです。

IMG 4919

土台しか残ってない礼拝堂と、

IMG 4920

状態の良い5層の釣鐘型の大仏塔があります。

関連記事:カムペーンペット歴史公園観光ガイド 見どころとまわり方