ナコンパノムのランドマーク ワット・プラタートパノム

ナコンパノムに点在する仏教寺院の中で一際存在感のある「ワット・プラタートパノム」をご紹介します。

こちらの寺院にはプラタートパノムと呼ばれるナコンパノムのランドマーク的存在の仏舎利塔があり、

イーサン地方最大級の聖地として、ナコンパノムの人々だけではなく、タイ全土やラオスの人々にも厚く信仰されています。

ワット・プラタートパノム ウォラマハーウィハーンで毎年陰暦の3月に9日間開催される伝統行事、ガーンナマサカーンプラタートパノムの様子
タイ語:งานนมัสการพระธาตุพนม
日本語:ガーンナマサカーンプラタートパノム
毎年陰暦の3月に9日間開催される伝統行事

信仰心の厚い仏教徒が一生に一度は訪れたいと願う寺院で、毎年陰暦の3月に9日間開催される伝統行事には、タイ各地やラオスから数万人が集まります。




ワット・プラタートパノム 営業時間

ワット・プラタートパノム ウォラマハーウィハーン
ワット・プラタートパノム ウォラマハーウィハーン
名称ワット・プラタートパノム ウォラマハーウィハーン
タイ語วัดพระธาตุพนมวรมหาวิหาร
英語Wat Phra That Phanom
寺格第一級王室寺院
干支申年
営業時間5時00分〜20時00分
公式サイトhttp://www.watthat.com/
場所Googleマップでひらく
アクセス市内中心部から車で50分

1942年にタイ王室より、ウォラマハーウィハーンの寺格が与えられた第一級王室寺院です。

ワット・プラタートパノム 行き方

ワット・プラタートパノムは、市内中心部から50km離れたタートパノム地区にあります。

メコン河に沿って南北に伸びる212号線を南に一直線、街のシンボルであるナーガ像から車で約50分です。

公共交通機関を利用される方は、ナコンパノムバスターミナルからムグダハン行きのミニバンが5時30分から概ね20分おきに出ていますので、お寺の近くで途中下車してください。

運賃は70バーツです。

関連記事:ナコンパノムバスターミナル情報 主な行き先

帰りは寺院から徒歩2分の場所にミニバン乗り場や寺院の駐車場でソンテウやトゥクトゥクが客待ちをしています。

ミニバン乗り場(air mini van station)をGoogleマップでひらく

ワット・プラタートパノムの見どころ

プラタートパノム(仏塔)

プラタートパノム、高さ53.6m仏舎利塔です。
幅12.33m 高さ53.6m

ワット・プラタートパノムの見どころは、天に向かってそびえ立つ高さ53.6mの仏舎利塔(プラタートパノム)です。

仏塔はクメール遺跡と同じ建築様式で建てられており、創建はシーコートラブーン王国が栄えていた7世紀〜8世紀ごろだと考えられています。

伝説によると、大迦葉(プラマハーカッサパ)と500人の阿羅漢(プラオーラハン)と5つの国の王が集まり、

閻浮提(えんぶだい)よりもたらされた釈迦の胸骨を安置する為にこの仏塔をつくったといわれています。

プラタートパノムの仏塔頂部の110kgの純金の装飾
プラタートパノムの純金110kgの装飾

白に金色の装飾が美しい仏塔頂部の装飾には110kgの純金が使われています。

プラタートパノムは、申年の十二支仏塔かつ日曜日の曜日仏塔でもあります。

タイ語:เสาอินทขิล
日本語:サオインタキン

仏塔の右脇にはナコンパノムの守護神を祀った柱、サオインタキンが建っています。

8体仏像
仏塔の周りにある八体仏

プラタートパノム オンドゥーム ストゥーパー

名称プラタートパノム オンドゥーム ストゥーパー
タイ語สถูปอิฐพระธาตุพนมองค์เดิม
場所Googleマップでひらく
アクセスワット・プラタートパノムから徒歩4分

ワット・プラタートパノムから北東の方向に約300メートの場所に、プラタートパノム オンドゥーム ストゥーパーと呼ばれる1975年8月11の豪雨で崩れたプラタートパノム(仏塔)の基壇が祀ってあります。

*プラタートパノムは1975年8月11に崩壊し、1979年3月23日に修復されました。

内部には仏像や宝石などが納められているそうです。

関連記事:ナコンパノムおすすめ観光スポット12選