海外旅行保険未加入!タイで病気や怪我をしたら国民健康保険は使えるの ?

海外旅行保険未加入!タイで病気や怪我をしたら国民健康保険は使えるの ?

海外の病院で病気や怪我の治療を受けた場合でも、国民健康保健が利用できるのはご存知ですか?

今回は、タイの病院で怪我の治療をして、日本帰国後に国民健康保健で還付金をもらう場合の必要書類と流れを解説します。

海外療養費支給制度

海外療養費支給制度とは日本の公的な健康保険(医療保険)に加入している方が健康保険法等に基づき、海外渡航中に急な病気でやむを得ず現地で治療を受けた場合に、加入する保険組織(保険者)に申請手続きを行うことにより海外で支払った医療費の一部の払い戻しを受けることができる制度です。

申請に必要なもの

以下の必要書類をそろえて、帰国後に役所の担当窓口で申請します。請求期限は治療費を支払った日の翌日から起算して2年間です。

必要なもの

  • ①療養費支給申請書(窓口)
  • ②診療内容明細書
  • ③領収明細書
  • ④翻訳(②・③)
  • ⑤領収書(原本)
  • ⑥本人のパスポート
  • ⑦振込先口座情報
  • ⑧ 健康保険証
  • ⑨印鑑

療養費支給申請書

役所の国民健康保健の窓口にあります。

診療内容明細書

診療内容がわかる医師が記入した明細書。(医師のサイン・病院のゴム印)

領収明細書

領収書を見ながら支払った費用の内訳を作成。

診療内容明細書と領収明細書は同じ病気で通院しても月をまたいだ場合、1か月単位で書きます。

翻訳

診療内容明細書と領収明細書の翻訳。翻訳者の氏名及び住所も記入。

領収書

医療機関に支払った領収書の原本。

パスポート

渡航期間の確認をするので、出国と入国スタンプの箇所に付箋を貼っておきましょう。

▽自動化ゲートを利用してパスポートにスタンプがない方は出入国記録を郵送で取寄せておきましょう。

法務省から出入国記録を郵送で取寄せるとパスポートの渡航履歴が一覧できるよ


口座情報

通帳を用意して行きましたが、確認されませんでした。口座番号記入のみ。

健康保険証

国民健康保健の加入者

印鑑

認印でも可

*診療内容明細書と領収明細書はネットよりダウンロードできるので、旅行前に用意しておくことをおすすめします。(日本人通訳が常駐している病院には用意してあります。)

いつ還付金が戻ってくるか?

役所に提出してから口座に入金されるまで、1度目が2カ月半。2度目以降は1カ月で入金されました。

*1度目の書類は全て自分で作成したので、不備があり、時間がかかったのかもしれません。2度目以降は病院の通訳さんが作成。

還付金は歯の治療が6割、怪我や病気の治療は7割戻ってきました。