『Hinoki land』チェンマイにインスタ映えの新名所誕生

『Hinoki land』チェンマイにインスタ映えの新名所誕生

チェンマイのチャイプラーカーン郡に、日本を象徴する金閣寺、伏見稲荷大社の鳥居、浅草寺の雷門(大提灯)のレプリカが誕生!

まるで日本にいるような風景を作り出していると、タイ人のSNS界隈をざわつかせています。

さっそく見に行ってきましたので、その様子についてご報告します。

『Hinoki land』基本情報

  • 名称:バーンマーイホームヒノキ
  • 英語:BannmaihomHinoki
  • タイ語:บ้านไม้หอมฮิโนกิ
  • 住所:Thanbon Si Dong Yen,Anphu Chaiprakarn,Chiangmai
  • 連絡:094 731 0731
  • 営業:8:00 – 17:00
  • 入園料:タイ人180バーツ・外国人230バーツ*プレオープン中は無料
  • 駐車料金: –
  • FB:https://www.facebook.com/bannhinoki/
  • 座標:19.65612, 99.14736
  • アクセス:チェンマイ中心市街地より120km。
  • グーグルマップで確認する

『Hinoki land』とは

バーンマーイホームヒノキの地図
『Hinoki land』とは、チェンマイ中心市街地より北に120km離れた、

チャイプラーカーン郡に総予算約6億円で建設された、チェンマイの新観光スポットです。

広さ100ライ、東京ドーム3.4個分の敷地内に、

  • 日本庭園
  • 浅草寺の雷門
  • 伏見稲荷大社の鳥居
  • 金閣寺など

『日本の人気観光名所』が精巧に再現されています。

*2018年11月中旬に完成予定。現在はプレオープン中

日本庭園


▲駐車場から入り口へと続く見事なアプローチ

チェンマイのニマンヘミンから2時間ほど車を走らせ現地に到着。

着いた瞬間、絶景が出迎えてくれました。

福門の大提灯

チェンマイバーンマーイホームヒノキの入り口の大提灯
▲ヒノキランドの入り口には浅草のシンボル、雷門の大提灯のレプリカ『福門の大提灯』

IMG 0914
本家の雷門は高さ3.9m、直径3.3mですが、おそらく、こちらの提灯も原寸どおり。

チェンマイバーンマーイホームヒノキの大提灯の底の龍の彫刻
▲提灯の底の精巧な彫刻(福門)

まさかと思ったのですが、提灯の底には、本家と同じ龍の彫刻が施されていました!

出典:https://matcha-jp.com/jp/997?page=2

雷門の大提灯の底には、浅草寺を見守る神様のひとつとして、龍の彫刻が施されています。

*筆者が提灯の底にもぐって彫刻の写真を撮ると、他のタイ人も写真を撮り始めました。

チェンマイバーンマーイホームヒノキのチケット売り場
▲福門の横がチケット売り場

現在はプレオープン中ですので入場無料ですが、11月以降はタイ人180バーツ・外国人230バーツ。

赤い鳥居

チェンマイバーンマーイホームヒノキの赤い鳥居
伏見稲荷大社の鳥居を彷彿させる『真紅の鳥居』

チェンマイバーンマーイホームヒノキの赤い鳥居で記念写真を撮る浴衣を身にまとったタイ人女性
トンネルのように連なる真紅の鳥居はインスタ映え確実!

浴衣で記念写真を撮っているタイ人女性がたくさんいました。

チェンマイバーンマーイホームヒノキのトンネルのように連なる赤い鳥居
本家の鳥居は稲荷山も含めると約1万基ほどあるそうですが、『Hinoki land』』の鳥居は100基。

檜造りの金閣寺

チェンマイバーンマーイホームヒノキの檜造りの建物
総檜造りの金閣寺のレプリカ。

チェンマイバーンマーイホームヒノキの檜造りの建物の入り口
赤い鳥居のトンネルを抜けると、檜造りの金閣寺に到着。

チェンマイバーンマーイホームヒノキの檜造りの建物の室内
色艶のある室内は、何とも言えない心地よさがあります。

チェンマイバーンマーイホームヒノキの檜造りの建物の最上階からの見晴らし
▲最上階、4階からの見晴らし

ショップ

チェンマイバーンマーイホームヒノキのカフェ

『Hinoki land』』の敷地内にはカフェや食事処、ショップなどもあります。(一部建設中)

Hinokブランドのオーガニック化粧品
▲Hinokブランドのオーガニック化粧品

Hinokブランドのマットレスと枕
▲Hinokブランドのマットレスと枕

Hinokブランドの手作りのマットレス
▲手作りのマットレスと枕は固めで、好みです。

貸衣装

チェンマイバーンマーイホームヒノキの貸衣装シート
浴衣(着物)のレンタルは大盛況!

チェンマイバーンマーイホームヒノキの貸衣装ルー
フィッティングルームには列ができていました。



今月はまだ無料期間中です!タイ人女性を連れて行ってあげたら絶対に喜びますよ。