ラーチャプルク御苑!世界各国の展示館がある王室の庭園

2019年11月18日




ラーチャプルク御苑!世界各国の展示館がある王室の庭園

広大な敷地を散策しながら世界各国の展示館(庭園)、四季折々の美しい花や自然を楽しめる「ラーチャプルク御苑」(Royal Park Rajapruek)をご紹介します。

ラーチャプルク御苑はラーマ9世御即位60年と80歳の誕生日をお祝いするために造られた王室の庭園で、過去には(2006年11月)世界30ヶ国が参加したチェンマイ国際園芸博覧会が開催されたこともあります。

乾季(11月から2月)のチェンマイは快適な気候で散策しやすく、季節の花もキレイなので特におすすめです。

基本情報

日本語名ラーチャプルク御苑
タイ語名อุทยานหลวงราชพฤกษ์
英語名Royal Park Rajapruek
所在地Royal Park Rajapruek, Mae Hia, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50100
連絡053-114110-5
営業10時00分〜18時00分 月曜休み
入場料200バーツ
HPhttp://www.royalparkrajapruek.org/
アクセスチェンマイ市街地からソンテウで20分〜30分

ラーチャプルク御苑の様子

ラーチャプルク御苑のエントランス
ラーチャプルク御苑のエントランス

エントランス脇の窓口にて入場料金200バーツを支払います。

国が管理している公園なので外国人は少し高めに設定されていますが、園内はきちんと整備されているので、お花や植物が好きな方なら値段以上の価値があると思います。

ラーチャプルク御苑のエントランスから祭殿まで一直線に伸びる通路
エントランスから祭殿まで一直線に伸びる通路
IMG 9085
通路脇を彩る花壇

通路脇は噴水や季節の花で彩られています。

IMG 9080
IMG 9071

祭殿

IMG 9062

こちらの祭殿で即位60周年(2006年6月)と80歳の誕生日を祝う祝賀行事(2007年12月5日)が行われました。

IMG 9063
IMG 9075

内部はゴージャスで荘厳な雰囲気に包まれています。

IMG 9067
IMG 9070

即位60周年の記念コインなどが飾られています。

園内のまわり方

IMG 9048

園内には世界20数カ国の展示スペース(庭園)、熱帯植物展示場、ショップなどがあります。

祭殿だけなら徒歩でも大丈夫ですが、全部まわりたい方は、トラム・ゴルフカート・自転車などを利用して観光しましょう。

無料の大型トラム
無料の大型トラム

大型トラムは無料ですが運行時間が決まっています。

待ち時間がもったいないという方はゴルフカートや自転車がおすすめです。

IMG 9087
運転手付きゴルフカート

ゴルフカートは確か500バーツ〜600バーツでした。

IMG 9086
自転車の貸出・返却所

自転車の貸出・返却する場所は入り口入って右手にあります。

IMG 9049

料金は60バーツ/24時間

自転車のハンドル部分に地図が貼ってあります。

IMG 9052
園内の美しい植物
IMG 9053
IMG 9054

田園

IMG 9055
昆虫のオブジェ
IMG 9057
IMG 9059
オランダのパブリオン
IMG 9060
オーストラリアのハブリオン
IMG 9079

自転車でサクッとまわるだけで2時間かかりました。(園内の3分2)

熱帯植物の展示スペースでは多種多様な植物、多肉種、観賞用花、果物、ハーブ、野菜、キノコなどが鑑賞できます。疲れて行ってません。

ラーチャプルク御苑の行き方

チェンマイ中心市街地から西南に10km、車で20分の場所にあります。

ソンテウなら往復100バーツ、グラブなら片道100バーツが相場です。

ラーチャプルク御苑から見えると思いますが、巨大ブッタがあるドーイカム寺院と一緒にまわるのがおすすめです。タイ人観光客にはドイステープ寺院と同じくらい人気がある観光スポットです。

ロケーション抜群で観光の一休みにおすすめのカフェも近くです。