チェンマイでタイ語勉強中

4年間無職の僕が在京タイ大使館でタイ観光ビザ取得に必要だった書類

4年間無職の僕が在京タイ大使館でタイ観光ビザ取得に必要だった書類

先日、在京タイ王国大使館でタイ観光ビザの申請を行いました。タイ観光ビザ取得に必要な書類、職員とのやりとり(会話)、大使館での手続きの流れをまとめたので日本のタイ大使館でビザ取得を検討されているかたに読んでいただけたら嬉しいです。

無職のタイ観光ビザ

申請手続きの説明に入る前にタイ観光ビザ申請に至った経緯についても少し触れておきたいと思います。

僕は2012年から2015年までの3年間、学生ビザでチェンマイに滞在していました。当時の学生ビザは一度取得すると最長で3年間の延長ができ、イミグレへも年一回行けばよかったので引き続き学生ビザでチェンマイに滞在するつもりでいました。

しかし、2014年8月に施行されたタイ政府の外こもりしめだし政策によりビザ発給条件が厳しくなり、学生ビザで滞在できる期間は3年から1年に変更され、しかも、3カ月毎に入国管理局に行って厳しいチェックを受ける必要がでてきました。(人によっては2カ月毎に入国管理局に行かされます。)

そうなってくるとタイ滞在が一番の目的の場合(表向きは語学習得のためですが)、学生ビザのメリットって全くなくなりますよね。

なので、学生ビザをやめてタイ観光ビザでチェンマイに滞在しようと思ったのです。

ぼくと同じように学生ビザから観光ビザに切り替える方はEDビザから観光ビザに変更するときは要注意も併せて読んでおいてください。手続きをしないと観光ビザを発給してくれない職員がいます。

観光ビザ申請に用意するもの(在東京大使館編)

前置きが長くなりましたが、観光ビザ申請に用意した書類について説明していきます。

なお、スケジュールの関係で羽田空港から直接タイ大使館行ったので書類は全てチェンマイで用意しました。

有効な旅券

有効期限が6ヶ月以上、査証欄の余白部分が1ページ以上あるもの

申請書

全ての欄を記入し、申請者が署名したもの

申請書はパソコン上でタイプすることができます。英語ができない僕でもサンプルがあったので問題なく作成できました。

在京タイ大使館に行く前にプリントアウトしておきましたが念のためiPhoneにもPDF形式で保存しておきました。

申請者カラー写真1枚(3.5×4.5cmサイズ)

チェンマイの写真屋で100バーツでした。デジカメで写真を撮ってPhotoshopでカッコよく少し加工してくれました。

日本国籍以外の申請者は在留カードコピーまたは外国人登録証明書コピー

僕は日本国籍なので用意しませんでした。

航空券または予約確認書コピー

申請者名、便名、タイ入国日、出国日の記載必要

ANAのeチケットをプリントアウトしました。

経歴書

全ての欄を記入し、申請者が署名したもの

パソコン上でタイプしてプリントアウトしました。

タイの住所欄は別表を参照してくださいと記入し、別途コンドミニアムのマネジャーに頼んで居住証明書をタイ語で作ってもらいました。

コンドによって形式は違うと思いますが、参考までにうちのコンドの居住証明書は、

パスポートNO12345のHIROはこのコンドに何年何月から何年何月まで月いくらの契約で確かに住んでいます。

という内容でマネージャーとコンド運営会社のサイン入りです。

さらに、僕はマネージャーにお願いして家賃は全て払い済みですという一文も付け足してもらいました。

保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピー

無職の方がタイ観光ビザを申請する場合、身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券か運転免許書のコピーが必要になります。

この後に説明する職業を証明する書類に関連しますが、

在京タイ大使館に電話で無職なので収入を証明するものが何もないと伝えると、そのような方は身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券か運転免許のコピーを用意するようにといわれました。

母親は70を過ぎた年金暮らしでパスポートも運転免許ももっていないので健康保険でよいですか?と尋ねると、

かぶせぎみにダメです!と返答が。。。

母親に無理を言ってパスポートを作ってもらい、パスポートのコピーにサインを入れてチェンマイに送ってもらいました。

銀行残高証明書原本

日本に帰国してから銀行の残高証明書を作ってもらうと1日無駄になります。

在京タイ大使館に電話で確認すると、タイの銀行の残高証明証でも問題ない。と言われたので、チェンマイのバンコク銀行で残高証明証を作ってもらいました。

必要なものはパスポートだけで料金は1通100バーツ、所要時間は10分でした。

日本の銀行で残高証明証を作ると1500円するので断然お得です。しかも時間の節約もできました。

詳細な行程表

グーグル翻訳を使って英語で頑張りました。

観光ビザ取得のための滞在予定表

工程表の内容は以下の通りです。(英語に自信がないので日本語)

旅行の目的はタイの文化を体験することです。

宿泊先への家賃は全て払い済みですので添付資料を参照してください。(コンドの居住証明書を添付しました)

僕はタイ全県を旅行するつもりでいます。

今まで勉強してきたタイ語を話すことを楽しみにしています。

続いて旅行日程です。

羽田空港からNH847便でバンコクに到着後、

バンコクのインターコンチネンタルホテルで一泊

チェンマイのコンドにもどって1週間

タイ北部に2週間滞在

チェンマイのコンドにもどって1週間

タイ東北部に2週間滞在

10月にガンボジアに1週間滞在してまたタイにもどってきて旅行を再開します。

11月から1月にかけて東北部を鉄道とバスで旅行します。

その他の必要書類

A. 職業を証明する書類

無収入なので身元保証書原本と保証人の署名入りのパスポートです。

B. その他の書類は何も提出していません。

在東京タイ王国大使館での流れ

タイ王国在京大使館のビザの申請には必ずビザ申請予約ページより事前予約が必要です。

当日は短パンサンダルはやめたほうがいいと思います。(大使館職員の印象も少しは関係があると思うので)

タイ大使館に入る前にスロープで警備員による簡単な書類チェックがあります。

OKだと番号札が渡され建物の中で審査の順番を待ちます。

順番がきたら職員に書類を提出します。以下は大使館職員とぼくの会話です。

職員
今回は観光ビザシングルの申請で間違いありませんか?
HIRO
はい、間違いありません
職員
いつ、タイへ行かれますか?
HIRO
4日後です
職員
そうですか。あなたは今までタイに長くいらっしゃいますが、何かチェンマイでお仕事でもされているんですか?
HIRO
いいえ。全く何もしていません
職員
わかりました
職員
今回はシングルでいいですね。
HIRO
あっ、ダブルでも大丈夫ですか!?
職員
帰りの切符を持っていますか?
HIRO
はい、タイに帰るのは4日後で往復でチケットを購入しました
職員
ちがいます。今回の往復チケットとは別にタイから日本に来る片道切符は購入されていますか?
HIRO
いいえ、今回の往復切符だけです
職員
それではタイが拠点になっていますのでダブルはだせません
HIRO
わかりました。ではシングルでお願いします

余談ですが渡航目的にマッサージの勉強しにいくと書いていた人が、大使館職員から勉強しに行くことが目的ならその学校で学生ビザを出してもらってくださいと言われてました。単に断る理由だったかもしれませんが。

まとめ

4年間無職でも在京タイ大使館でタイ観光ビザシングルを取得することができました。これでタイに60日滞在が許可されました。

もっと長くタイに居たい場合はタイ入国後に入国管理局でビザ延長の手続きをすると30日延長ができます。

東京のタイ大使館はそろえる書類のボリュームもさることながらビザ発給条件がかなり厳しいです。

タイ観光ビザはタイ国外にあるタイ大使館やタイ領事館でも申請することができるので、審査があまいヴィエンチャンのタイ領事館での申請がオススメです。

関連記事

ビエンチャンでタイ観光ビザ申請2016バスでウドンタニからラオスへ

sponsored link
Facebookページからも更新情報をお届けします

Monthly Ranking