4年間無職の僕が在京タイ大使館でタイ観光ビザ取得に必要だった書類

 2019年4月16日
4年間無職の僕が在京タイ大使館でタイ観光ビザ取得に必要だった書類

無職の僕がタイ観光ビザ取得に必要だった書類、職員とのやりとり(会話)、大使館での手続きの流れをまとめました。

学生ビザから観光ビザに切り替え

学生ビザの有効期限内に観光ビザを取得する方は先にイミグレに行って現在使っている学生ビザを無効にする必要があります。

この手続きをしないと観光ビザを発給してくれない職員がいます。

手続きは簡単で、現在在籍しているタイ語学校に観光ビザを申請する旨をつたえ書類を作成してもらいます。

あとは書類を持参してイミグレに行き、学生ビザの箇所に解除しましたという旨のスタンプを押してもらって完了です。

学生ビザの有効滞在期限が切れてから観光ビザを申請する方は、この手続きは必要ありません。

観光ビザ申請に用意するもの(在東京大使館編)

有効な旅券

有効期限が6ヶ月以上、査証欄の余白部分が1ページ以上あるもの

申請書

全ての欄を記入し、申請者が署名したもの

英語ができない僕でもサンプルがあったので問題なく作成できました。

写真

カラー写真1枚サイズ(3.5×4.5cm)

航空券または予約確認書コピー

ANAのeチケットをプリントアウトしました。

経歴書

全ての欄を記入し、申請者が署名したもの

タイの住所欄は別表を参照してくださいと記入し、コンドミニアムのマネジャーに頼んで居住証明書をタイ語で作ってもらいました。

心配だったので、家賃は全て払い済みですという一文も付け足してもらいました。

保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピー

無職の方がタイ観光ビザを申請する場合、身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券か運転免許書のコピーが必要になります。

この後に説明する職業を証明する書類に関連しますが、

在京タイ大使館に電話で無職なので収入を証明するものが何もないと問い合わせをすると、

身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券か運転免許のコピーを用意するようにといわれました。

母親は70を過ぎた年金暮らしでパスポートも運転免許ももっていないので健康保険でよいですか?と尋ねると、

かぶせぎみに、

ダメです!

と返答が。。。

母親に無理を言ってパスポートを作ってもらいました。

銀行残高証明書原本

タイの銀行の残高証明でもOKです。

詳細な行程表

グーグル翻訳を使って英語で頑張りました。

観光ビザ取得のための滞在予定表
工程表の内容は以下の通り。(英語に自信がないので日本語)

詳細行程表

旅行の目的はタイの文化を体験することです。

僕はタイ全県を旅行するつもりでいます。

今まで勉強してきたタイ語を話すことを楽しみにしています。

羽田空港からNH847便でバンコクに到着後、

バンコクで一泊

チェンマイのコンドにもどって1週間

タイ北部に2週間滞在

チェンマイのコンドにもどって1週間

タイ東北部に2週間滞在

10月にガンボジアに1週間滞在してまたタイにもどってきて旅行を再開します。

11月から1月にかけて東北部を鉄道とバスで旅行します。

その他の必要書類

A. 職業を証明する書類

無収入なので身元保証書原本と保証人の署名入りのパスポートです。

B. その他の書類は何も提出していません。

在東京タイ王国大使館での流れ

タイ王国在京大使館のビザの申請には必ずビザ申請予約ページより事前予約が必要です。

タイ大使館に入る前にスロープで警備員による簡単な書類チェックがあります。

OKだと番号札が渡され建物の中で審査の順番を待ちます。

順番がきたら職員に書類を提出します。以下は大使館職員とぼくの会話です。

職員
今回は観光ビザシングルの申請で間違いありませんか?
HIRO
はい、間違いありません
職員
いつ、タイへ行かれますか?
HIRO
4日後です
職員
そうですか。あなたは今までタイに長くいらっしゃいますが、何かチェンマイでお仕事でもされているんですか?
HIRO
いいえ。全く何もしていません
職員
わかりました
職員
今回はシングルでいいですね。
HIRO
あっ、ダブルでも大丈夫ですか!?
職員
帰りの切符を持っていますか?
HIRO
はい、タイに帰るのは4日後で往復でチケットを購入しました
職員
ちがいます。今回の往復チケットとは別にタイから日本に来る片道切符は購入されていますか?
HIRO
いいえ、今回の往復切符だけです
職員
それではタイが拠点になっていますのでダブルはだせません
HIRO
わかりました。ではシングルでお願いします

まとめ

無職の方が観光ビザ取得に必ず必要な書類は、

身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券か運転免許書のコピー。

あればなお良い書類は、

タイに3カ月滞在できるだけの預金証明やタイ滞在先の家賃払込済みの証明書類。