【ワット・チェット・ヨート】事前に知っておきたい見どころと聖域

2019年11月2日




【ワット・チェット・ヨート】事前に知っておきたい見どころと聖域

チェンマイ旧市街の寺院とは違った独特な雰囲気を醸し出しいるワット・チェット・ヨートをご紹介します。

緑豊かな敷地内には、インドのブッダガヤにあるマハーボディ寺院を模した仏塔の他、お釈迦さまが悟りをひらいた後に瞑想を続けた7つの聖域も忠実に再現されており見どころ満載のお寺です。

十二支の巳にあたる仏塔もあるので、巳年生まれの人が参拝するとより一層のご利益があるといわれています。

基本情報

正式名称ワット・ポータラーム・マハー・ウィハーン
タイ語名称วัดเจ็ดยอด(วัดโพธารามมหาวิหาร)
英語名称Wat Chet Yot(Wat Photharam Maha Wihan)
呼称ワット・チェット・ヨート
十二支仏塔巳年
参拝時間5時〜21時(チェットヨートの仏像は18:00まで)
参拝料金無料

ワット・チェット・ヨートの行き方

ワット・チェット・ヨートは、チェンマイ市街地の北西にあるメーヤショッピングセンターから徒歩12分の場所にあります。

スーパーハイウェイ沿いにあるのでソンテウやグラブタクシーなども使いやすいです。

ワッドチェットヨートの入り口

ワット チェット ヨード入り口
ワッドチェットヨートの入り口(タノンチェットヨート側)

タノンチェットヨート側の開門時間は05:00〜21:00です。

徒歩で行く人はこちらが近い方の入り口です。

ワット チェット ヨード裏門
ワッドチェットヨートの入り口(スーパーハイウェイ側)
ワット チェット ヨードの創建当時のままを維持されている化粧しっくい門
化粧しっくいの門

スーパーハイウェイ側の入り口には創建当時のまま維持されている化粧しっくいの門があります。

スーパーハイウェイ側の方が雰囲気は良いですが、野犬のたまり場になっているので、旅行者の方にはあまりおすすめしません。

ワットチェットヨードの線香ろうそく売り場
線香ろうそく売り場

タノンチェットヨート側の入り口をそのまま道なりに進むと突き当たりに線香とロウソクが売っています。

ワットチェットヨードの8体仏
8体仏像

その隣には8体仏像が並んでいるので、自分の守護仏に手をあわせましょう。

生まれた曜日によって守護してくれる仏像が違うので下のプレートで確認してください。

ワット・チェット・ヨートの見どころ

菩提樹の木

ワット・チェット・ヨートは1455年にランナー王朝第9代目、ティローカラート王によって建立されました。

正式名称は「ワットマハーポーターラーム」といい、タイ語で偉大な菩提樹のお寺という意味があります。

ティローカラート王はスリランカの僧侶から菩提樹を植えると果報を得ると聴き、ドイステープ麓のワット パー デーンに生えていたスリランカ伝来の菩提樹をワット・チェット・ヨートに移植したと伝わる故事に由来しています。

菩提樹の木

敷地内には青々と葉を茂らせた菩提樹の木が存在し、熱心にお祈りをするの人の姿を多く見かけます。

のちに基壇の上に7つの尖塔が並ぶ仏塔が建立されると、ワット・チェット・ヨートとも呼ばれるようになりました。

チェット・ヨートとは7つの塔という意味のタイ語です。

7つの塔

ワット・ジェット・ヨードの7つの仏塔
チェット・ヨート

ワット・チェット・ヨートの仏塔は優美な仏像の浮き彫りが施された基壇の上に7つの尖塔が並び、歴史に詳しくなくても見応えがあります。

この仏塔はブッダガヤの大菩提寺(マハーボーディ寺院)を模したと云われています。

IMG 3569
チェットヨートの正面

チェットヨートの正面

基壇の正面の仏像
基壇正面の仏龕に祀ってある仏像
基壇正面の蛇
蛇の置物

基壇正面にはたくさんの蛇が配されています。

ワットチェットヨートの仏塔は十二支の巳にあたる仏塔なので、巳年の方は参拝するとご利益がありますよ。

基壇の周りのレリーフ
優美な仏像の浮き彫り

基壇まわりには優美な仏像の浮き彫りが施されています。

IMG 3653

スコータイ遺跡のような雰囲気を醸し出しています。

基壇の後ろ側

基壇の後ろ側にまわると内部に入れるようになっていて、

基壇の奥の仏像

丸天井の廊下の奥には凛とした表情の坐仏が祀ってあります。

プラプラターンルアンポーヤイ仏
プラプラターンルアンポーヤイ仏

全てを見透かしたような目をされています。

基壇の後ろ側の扉は18:00に閉じられます。

中央礼拝堂

ワット・ジェット・ヨードの中央礼拝堂
中央礼拝堂(ウィーハーンルアン)
中央礼拝堂
中央礼拝堂の正面
中央礼拝堂の仏像
中央礼拝堂に祀ってある仏像

700年礼拝堂

700年礼拝堂
700年礼拝堂
蛇の大仏
パーンナーククローク

700年礼拝堂の前に祀ってあるパーンナーククローク。

パーンナーククロークは八大竜王の1人ムチャリンダに護られて瞑想するお釈迦様の仏像です。土曜日生まれのご利益仏でもあります。

仏足石のお堂

ワット・チェット・ヨードの仏足石

スーパーハイウエイ側の入り口を右に進むと仏足石が祀ってあるお堂があります。

IMG 3640
仏足石

「仏足石」とはお釈迦さまの足跡を石に刻んだものです。

布薩堂(ウボーソット)

ワット・チェット・ヨードの布薩堂
布薩堂(ウボーソット)
ワット・チェット・ヨードの布施堂の彫刻が見事な木製の妻側
見事な妻側の彫刻
布施堂
結界石(バイセーマ)

布薩堂に張られた結界石(バイセーマ)。

IMG 3588
プラチャオゲーンチャン

布薩堂の前に仏塔に祀ってある仏像。

ティローカラート王

ティローカラート王遺灰が納められている仏塔
ジェーディーバンチュアティプラチャオティローカラート

ティローカラート王の遺灰が納められている仏塔。

ティローカラート王像
ティローカラート王像

仏塔に前にはティローカラート王像が祀ってあります。

ティロカラート王は仏教の発展に努めていて、1477年には仏教の研究に専念する僧侶をインドやスリランカから集め、ここで仏典の編纂会議が開かれました。*第8回世界仏教会議

博物館

IMG 3616

中央礼拝堂の近くには博物館があります。

IMG 3617 2

解説パネルを順番に読んでいくと、ワット・チェット・ヨートの歴史や重要建築物を体系的に知ることができます。

ワットチェットヨートのパンフレット

きちんと見学したい人は初めに博物館に行ってパンフレットもらいましょう!お寺の見どころがまとめてあります。

ワット・チェット・ヨートの聖域

お釈迦さまは悟りをひらいた後、7週間、週ごとに異なる場所で瞑想をしました。

その7箇所はいずれもブッダガヤの大菩提寺の近くに位置し、仏教徒に重要な場所と位置づけられています。

ブッダガヤの7つの聖域:https://www.wanramtang.com/tourist-information/bodhgaya7.html

ティローカラート王も、ワット・チェット・ヨートの敷地内にブッダガヤの重要な場所を再現しており、サタッマハーサターンと呼ばれています

ポーティバンラン
ポーティバンラン
タイ語:โพธิบัลลังก์
英語:Bothi tree seat
IMG 3685
ラッタナカラジェーディー
タイ語:รัตนฆรเจดีย์
英語:Ratanaghara Jedi
ワッタナジョングロムジェーディー
ワッタナジョングロムジェーディー
タイ語:รัตนจงกลมเจดีย์
英語:Ratana Jongkrom Jedi
アニミスジェーディー
アニミスジェーディー
タイ語:อนิมิสเจดีย์
英語:Animis Jedi
アチャパラニクロート
アチャパラニクロート
タイ語:Achapalanikroth
英語:อชปาลนิโครธ
IMG 3700
サッムッチャリン
タイ語:สระมุจลินทร์
英語:Sra Mujjalinta
ラーチャイタナジェーディー
ラーチャイタナジェーディー
タイ語:ราชายตนะเจดีย์
英語:Rajayatonaเจดีย์
IMG 3704

右端の仏像が螺髪を抜いていました。

筆者は最後の仏像がなかなか見つからず、7箇所全てまわるのに40分かかりました。

まとめ

ワットチェットヨートは旧市街のお寺とは違う雰囲気で、どちらかというとスコータイ遺跡に近い感じです。

入場料無料なのに見どころ満載なので、お寺巡りが好きな方はもちろん、そうでない方にもおすすめです。