タイのホテルに年間60泊する僕が快適に過ごす為に注意してること

タイのホテルに年間60泊する僕が快適に過ごす為に注意してること

タイ旅行中、ホテルの対応で嫌な思いをしたという方も少なくないと思います。

今回はタイのホテルに年間60泊以上する筆者が、チェックインからチェックアウトまでの宿泊に関する手続きで快適に過ごす為に注意していることをご紹介します。

チェックイン

デポジット

チェックインには身分証(パスポート)の他にデポジットが必要です。

現金の場合、500バーツ〜2000バーツを預け、チェックアウト時に返却してもらいます。

クレジットカードの場合、カード番号が控えられます。

タイはスキミングが多いですので、安宿に宿泊する時は必ず現金にしましょう。

バウチャー

ひと昔前まで、紙に印刷したバウチャーをチェックイン時に提示させるホテルも多かったですが、最近はみかけなくなりました。

スマホ画面でも予約番号は確認できますので、印刷の必要はありませんが、バッテリー切れなど心配な方は控えとしてプリントアウトしておきましょう。

リクエスト

部屋のリクエストがあればチェックイン時に伝えましょう。

以前宿泊した部屋が良かった場合、リクエストすれば空室確認してくれます。

筆者はタバコを吸わないので必ず禁煙部屋をリクエストしています。

また、ホテルが定めている時間を過ぎてチェックアウト(レイトチェックアウト)したい場合は、

チェックイン時に伝えておけば、30分〜60分程度なら超過料金は徴収されません。*経験上

それ以上の時超過は、3時間未満で宿泊料金の半分、4時間以上で1泊分を徴収するホテルが一般的です。

アーリーチェックイン

筆者は12時〜13時ごろチェックインしていますが、断られたことがほとんどありません。

断られた場合でもロビーでパソコンをしていると10分〜20分でチェックインさせてもらえます。

ホテルの名刺

遊びに行った帰りなど、タクシーに道の説明が難しい場合があるので、ホテルの名刺を2、3枚もらっておくと便利です。

ベルボーイ

チェックインが終わり、部屋に向かおうとすると満面の笑みを浮かべたベルボーイが荷物を運ぼうと待ち構えています。

荷物がなかったらその場でNO THANK YOU と言って断りましょう。

部屋まで荷物を運んでもらった時はチップをわたしましょう。

ベルボーイに渡すチップは、ホテルのグレードや荷物の量にもよるので一概にいくらとは言えませんが、20バーツ〜100バーツが相場です。

また、係りに部屋まで案内された時なども同様です。

部屋の確認

移動疲れからすぐにベットやソファーに横になりたいところですが部屋のチェックも大切です。

セーフティーボックス

電池切れで使えないことがあるので、チェックイン後すぐにチェックしましょう。

多くの場合、任意の番号を4つ押した後に#を押してクローズ。

『1・2・3・4 + #』

確認が済んだら 1・2・3・4(任意の番号4つ)押した後に#を押してオープン。

アメニティー

アメニティーはホテルのグレードにもよりますが、経験上7千円以上のホテルなら全てそろっていると思います。

1万円以上のホテルで足りないものがあったらフロントに電話しましょう。

水回り

シャワーの水がでるか?

水温が低い、水流が弱いなど5千円程度のホテルではよくあることなので仕方がないと思っています。

タイのコンセントと電圧

日本の電化製品がタイで使えるか気になる方も多いと思いのますので、タイのコンセントと電圧の説明をしておきます。

タイのコンセントは以下の3タイプです。

  • Aタイプ(日本と同じ)
  • B3タイプ(差込が3つ)
  • Cタイプ(先が丸)

タイのコンセント
▲3タイプが差し込める汎用型コンセント

新しいホテルやグレードの高いホテルのコンセントは、写真のような3タイプのプラグコンセントが差し込める汎用型ですので、

世界的に販売されている電化製品、iPhoneやMacbookなどは問題なく使用できます。

問題は電圧です。

タイの電圧は220V。

100v対応の日本製品をコンセントに差し込こむと、パッと火花が散りショートします。

最近のスマホやノートパソコンは海外でも使えるように100v〜240v対応していますが、旅行前に対応電圧の確認をしておきましょう。

変圧器をすすめる方もいらっしゃいますが、高価な上に重量があるので短期の旅行でしたらおすすめしません。

プラグ
▲バンコクで購入したApple純正アダプター

よくタイを旅行される方は、タイで純正アダプターを購入しておくと便利ですよ。

部屋交換

設備の不備や何かのアクシデントで部屋を変えてもらう場合、チェックイン後すぐであれば変更してもらいやすいです。

快適に過ごす為に

「Don’t Disturb」の札

遅くまで寝ていたいときは「Don’t Disturb」の札を外側のドアノブに掛けておくか、

枕もとのコントロールパネルのスイッチをオンにしておくと、

清掃係りはルームクリーニングの時間になってもドアをノックしないことになっています。

反対に外出時など清掃してほしいときは「Make Up Room」の札を掛けておきましょう。

ベットメイキングのチップ

ベットメイキングのチップは20バーツ〜40バーツ紙幣をナイトテーブル(ベット脇のサイドテーブル)の上に置くのが一般的です。

ただ、個人的には1万円未満のホテルなら、ベットメイキングのチップはなくてもいいと思います。(置いていません)

貴重品

ほんの少しの外出でも、貴重品は絶対に部屋に置きっぱなしにしないようにしましょう。

部屋から物が消えることは、タイでは珍しくありません。

行動する時間をズラす

多くの方は12:00にご飯を食べに行ったり、19:00に飲みに行ったり、丁度の時間で行動しますので、

丁度の時間はチェックイン・チェックアウト、エレベーターなどが大変混雑します。

特に大型連休は多くの方々の行動時間が同じになるので少しだけ行動時間をずらしてみてはいかがでしょうか?

15分〜20分ならチェックアウトの時間に遅れても何も言われませんし、逆に混雑を避けてスムーズにできます。

蚊対策

地方のホテルや低層階に宿泊する場合、部屋に蚊がいる時がけっこうあります。

タイ保健省によると2018年は7月17日現在、デング熱の感染者32,216人、死亡者41人。

主に6月〜10月の雨季に流行する感染病ですので、この時期にタイを旅行される方は蚊対策は抜かりなくしておきましょう。

タイのコンビニで売っている殺虫スプレーは臭いが強烈なので、筆者はこのような腕や足に巻いたりして使える携帯ベープを使っています

チェックアウト

チェックアウトは忘れ物に注意することにつきます!

セーフティーボックス

セーフティーボックスを確認したら開けっ放しにしておきましょう。

スマホやPCの充電器

スマホの充電器は特に忘れやすいのでコンセントのチェックを忘れずに。

クローゼット・バルコニー

ハンガーに掛けた洋服、ベルトなど忘れずに。特に、バルコニーに干した水着は忘れやすいので要チェック。

すべて確認したら一度部屋の外に荷物を持って出て、再度部屋の中に入って最後の確認をしましょう。

海外では『人を見たら泥棒と思え』ではありませんが、部屋に貴重品を置き忘れた場合、まず戻ってこないので忘れ物は要チェックです。

部屋のチェックが終わったら受付(レセプション)に鍵を返却し、ミニバーや冷蔵庫の飲み物の清算をします。(サービスのミネラルウォーター以外)

チェックイン時に預けデポジットの返却も忘れずに。

みなさんのタイ旅行が安全でたのしい旅でありますように

タイ旅行で注意する日本人観光客が巻き込まれやすい犯罪とトラブル



About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイ生活6年目突入!

現地にいるからこそ知っているチェンマイの穴場スポットや、チェンマイで生活する上で必要な情報をコツコツ書いてます。

情報の鮮度と質にこだわり、タイ語メディアを使って情報収集しています。

➡︎詳しいプロフィール