牛胆汁を加えたチェンマイラープが絶品 ロンゴイラープコム 

ラープに牛の胆汁を加えたチェンマイラープが絶品の店「ロンゴイラープコム」をご紹介します。

牛の胆汁はタイ語でナムディーと呼ばれ、タイ北部・東北部の郷土料理では独特の風味と苦味を出す調味料としてよく使われています。

牛の胆汁にはタウリンが豊富に含まれているので、疲れたと感じたら牛胆汁ラープを食べて元気を回復しましょう!

関連記事:チェンマイラープを知らずしてチェンマイグルメを語るべからず




ロンゴイラープコムの営業時間

名称ロンゴイラープコム
タイ語名ลองกอยลาบขม
英語名LONG KOI LAP KHOM
営業時間7時00分~20時00分
座席数56席
サイトWongnai
場所Googleマップでひらく

ロンゴイラープコムの行き方

ロンゴイラープコムの看板
ロンゴイラープコムの看板

チェンマイ旧市街を囲む環状道路、ロープムアンチェンマイ(121号線)沿いにあります。

チェンマイ旧市街から北東に向かって伸びる国道118号線をチェンライ方向に向かい、ロープムアンチェンマイ(121号線)との交差点左折、少し直進すると右手にロンゴイラープコムの看板が見えます。

ターペー門から8km、車で20分です。

関連記事:チェンマイ郊外の交通手段(移動手段)のまとめ

店内の様子

ロンゴイラープコムの入り口
ロンゴイラープコムの入り口

お店の入り口に手洗い場が設置されています。

客層はタイ人10割、そのうちゴツゴツした男性が8割、要タイ語なので外国人観光客は来ないお店です。*タイ人観光客には人気があります。

従業員はテキパキしたおばさんが10名ほどいます。

なので、料理の提供時間が超速いです。

ロンゴイラープコムのメニュータイ語訳

ロンゴイラープコムのメニューは、生肉のラープをはじめ、酒飲みが好む臓物系や牛の胎盤などの珍味もあり、特定の客層に200%喜ばれるメニュー構成です。

以下はメニューのタイ語を上から順番に訳したものです。

ロンゴイラープコムのメニュー
ロンゴイラープコムのメニュー
牛の胆汁入りチェンマイラープ(生)50B
牛の胆汁入りチェンマイラープ(加熱)60B
豚のチェンマイラープ(生)50B
豚のチェンマイラープ(加熱)60B
内臓(生)40B
内臓(加熱)60B
内臓の香草あえ(生)60B
内臓の香草あえ(加熱)60B
豚の血スープ30B
豚の血スープ30B
牛の胆汁20B
เฮือนดี(お店で命名した料理)30B
トムセープ50B
トムセープ(ココナツミルク入り)50B
魚のチェンマイラープ(生/加熱)時価
魚の香草スープ時価
牛もつスープ50B
カエルのカレー炒め50B
カエルのトムヤムスープ50B
牛の胎盤の和え物60B
ボイルした牛の胎盤80B
牛の内臓焼き盛り合わせ60B
腸のボイル(豚/牛)60B
腸の焼き(豚/牛)70B
豚の喉肉の炙り焼き60B
豚むね肉の炙り焼き60B
豚ロースの炙り焼き60B
柔らかくてサクサクして甘じょっぱい肉60B
発酵ソーセージ30B
水牛カレーバナナ葉包み70B
ロンゴイラープコムのメニューのタイ語訳

注文の仕方

店内に入って好きな席に座るとテキパキしたおばさんがオーダーをとりにきます。

タイ文字のメニューをみて口頭で伝えます。 

タイ文字が読めない方は、本記事の訳を参考にメニュー表を指で差して注文してください。

ロンゴイラープコムの食レポ

ラープコム(牛胆汁入りラープ)

ラープコム(牛胆汁入りラープ)

コムとはタイ語で苦いという意味があり、牛胆汁を加えたラープのことをラープコムといいます。

淡白な味の水牛肉に牛胆汁のエグ味や苦味がほんのりと加わり、ビールのつまみに最高にあうラープです。

生肉のラープ

生肉のラープ

生肉のラープはレバーのようなクセや生臭さが全くなく、お肉の甘みと牛胆汁のほんのりとした苦味があり、あとを引く美味しさです。

生肉のラープとご飯

白ご飯が進みます。

発酵ソーセージ

発酵ソーセージ
付け合わせの山菜

付け合わせの山菜は新鮮でクラッシュアイスがのっています。

関連記事:チェンマイラープが旨い店7選 有名店から伝説の店まで