カムペーンペット国立博物館 歴史公園の遺跡巡りが10倍楽しくなる

カムペーンペット歴史公園の遺跡巡りが10倍楽しくなる「カムペーンペット国立博物館」をご紹介します。

遺跡から出土した仏像や土器の展示の他に、カムペーンペット県の歴史的変遷や歴史公園の遺跡について展示パネルで細かく解説されています。

歴史公園を観光する前にここでカムペーンペットの歴史のあらましを勉強しておくと、遺跡巡りが10倍楽しくなりますよ! 

カムペーンペット歴史公園観光ガイド 見どころとまわり方




カムペーンペット国立博物館の場所

カムペーンペット国立博物館はカムペーンペット歴史公園の城壁内(旧都:チャーガンラーオエリア)にあります。

スクリーンショット 2020 10 26 15 08 42

カムペーンペット国立博物館の営業時間

IMG 1937

カムペーンペット国立博物館は、タイ文化省芸術局が所管するタイ北部に8つある国立博物館の1つです。

外国人は入場料100バーツが徴収されますが、展示物が多く綺麗で金額に見合うだけの価値はあります。

サクッとまわるなら30分、じっくりみてまわるなら1時間は欲しいところです。

名称カムペーンペット国立博物館
タイ語พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติกำแพงเพชร
英語Kamphaeng Phet National Museum
営業時間水曜日〜日曜日
入場料外国人100B
場所Googleマップでひらく

カムペーンペット国立博物館の館内

IMG 1882
カムペーンペット国立博物館

白亜の建物とオレンジ色の屋根のコントラストが美しく、国立博物館だけあって立派なつくりをしています。

IMG 1935

入り口左手のインフォメーションで英語・タイ語のガイドブックが売っています。

館内の写真撮影は全てOKです。

IMG 1883

カムペーンペット県の歴史的変遷がパネルで解説されています。

IMG 1897
カムペーンペットの原始時代
IMG 1894

カムペーンペット歴史公園の遺跡について細かく解説されています。(英語・タイ語)

IMG 1924

発掘調査で出土.した仏像・仏具・仏教関連遺物が多数展示されています。

IMG 1901
IMG 1899
IMG 1902
IMG 1916
IMG 1906
IMG 1907
ワットクルッシーホンから出土した立像
IMG 1917
シヴァ神の像
IMG 1932
タイユアン族

関連記事:カムペーンペット県への行き方とおすすめ観光スポット