チェンマイでタイ語勉強中

学生ビザ(EDビザ)から観光ビザに変更するときは要注意

学生ビザ(EDビザ)から観光ビザに変更するときは要注意

タイのビザ行政は頻繁に変更があります。先日、今僕が通っているタイ語学校から2015年よりEDビザの条件が大きく変わると説明を受けたので報告します。

EDビザの滞在期間が3年から1年

滞在期間が一年になりました。

変更前は一度EDビザを取得すると最長で三年間延長できました。

今後は二年目以降学生ビザでタイに滞在したい人は大使館にいってまたはじめから学生ビザを申請する必要があります。

EDビザの延長は90日毎に行う

90日毎に入国管理局にいって更新する必要があります

変更前は1回目の更新手続きが終わったら、次の更新は半年後か1年後でした。

今後は90日毎に入国管理局に行って更新する必要があります。

記事を書くにあたり僕が1年間勉強したパーヤップ大学にも話を聞きに行きました。

学生ビザの更新は学校側が用意する書類を持って(出席状況と簡単な成績表)3カ月ごとにチェンマイ入国管理局に行きます。

そのさい、西洋人の生徒さんで3カ月延長させてもらえなかった人がいたそうです。(2カ月)

担当職員の対応次第なので日本人の場合は問題なく3カ月延長できるでしょう。とのことでした。

番号札は本人がもらう

更新手続きの番号札は本人が受け取る。

変更前は僕が通っているチェンマイのタイ語学校では、当日朝6時にタイ語学校の事務員が入国管理局に行って整理券をもらっていました。

変更後は本人がパスポートと必要書類を持って受付番号札を受け取ることになりました。

以上3点は2014/8/29日より実行されています。

EDビザを観光ビザに切り替える手続き

学生ビザでタイに滞在できる期間が3年から1年に短縮され、しかも、3カ月毎(人によっては2カ月毎)に入国管理局に行って更新手続きするとなったら、タイ滞在が目的で学生ビザを取得した人は考えちゃいますよね。

もしかしたら学生ビザから観光ビザに切り替える人が増えるかもしれないですね。

その時に重要なことは現在使っている有効な学生ビザを切って無効にすることです

この手続きをしないと観光ビザを申請しても大使館職員によっては発給してくれません。

手続き自体は簡単です。

現在在籍しているタイ語学校に観光ビザを申請する旨をつたえ書類を作成してもらいます。

入国管理局にいきパスポートと書類を提出すると、パスポートにこのビザは解除しましたという旨のスタンプが押されます。

学生ビザを解除しましたという旨のスタンプ

学生ビザの有効期限内に観光ビザを取得する場合に押してもらうスタンプ。

*学生ビザの有効滞在期限が切れてから観光ビザを申請する場合、この手続きは必要ありません。

観光ビザの書類の書き方や申請方法についてはこちらに詳しくまとめてあります。

東京のタイ大使館で申請

4年間無職の僕が在東京タイ大使館でタイ観光ビザを申請した結果

ビエチャンのタイ領事館で申請

ビエンチャンでタイ観光ビザ申請2016バスでウドンタニからラオスへ

sponsored link
Facebookページからも更新情報をお届けします

Monthly Ranking