チェンマイでタイ語勉強中

海外在住者必見!日本一時帰国中にアマゾンをビジネスホテルに配送

海外在住者必見!日本一時帰国中にアマゾンをビジネスホテルに配送

日本に一時帰国した際、Amazonを宿泊先のビジネスホテルに配送したので報告したいと思います。

アマゾンのアカウント情報から届け先の宛名の書き方を少し工夫するだけなので、ぼくと同じ海外在住者や旅行先のホテルでAmazonや通販の利用を考えたことがある方は読んでみてください。

アドレス帳の変更

Amazonにログイン→ホーム画面→アカウント&リスト→アドレス帳→の順番で宿泊先の住所を追加します。

アマゾンのホーム画面→アドレス帳の変更

▲アマゾンのホーム画面にて右上のアカウント&リストをクリック。

アカウント→アドレス帳の変更

▲アカウント画面にてアドレス帳をクリック。


▲新しい住所を追加をクリック。

▲新しい住所に滞在先のホテルの住所を入力。

  • 国/地域(プルダウンメニューから選択)
  • 氏名(自分の名前を入力)
  • 郵便番号(宿泊先の住所)
  • 都道府県(郵便番号を入力すると都道府県と住所の一部が自動的表示されます)
  • 住所(公式ページなどから正確な住所を入力)
  • アパート名・マンション名、または会社名(ホテル名+気付+自分の名前+チェックイン前ならチェックイン日orチェックイン後なら部屋番号を入力)

全ての入力が終わったら住所を追加するをクリックします。

『アパート名・マンション名、または会社名』は、全角16文字以内なので文字数オーバーではじかれた時は『〇〇ホテル気付』は必須+ホテルのフロントが処理しやすいように工夫してください。

*ホテル名称を短縮しても大丈夫でした。

気付とは《「きつけ」》郵便物を、相手の現住所ではなく、その人の勤め先や立ち寄り先へ送ること。また、そのとき、あて先の下に付ける語。「ホテル気付で手紙を出す」

▲新しい住所の追加が終わったら、商品を選んでレジに進むをクリック。

▲先ほど入力した届け先が表示されるので、この住所を使うをクリックして終了です。

ホテルの届いたアマゾン

▲注文翌日にはホテルのフロントに届いていました。

▲本6冊とコーヒーフィルターを注文しました。

海外滞在先のチェンマイでは2か月に1度の頻度でアマゾンを利用していますが、配送料と輸入税は1冊につき500〜600円かかります。この量だと3千円くらいですかね。本2冊分得しました。

タイのチェンマイから日本のAmazon海外発送を利用した結果

店頭受取先を新しく検索する

今まではコンビニの店頭受取を利用していたのでついでに紹介しておくと、

▲商品を選んでレジに進むをクリックしたら下までスクロール。

▲『店頭受取先を新しく検索する』に住所、郵便番号、または目印となる建物などを入力します。

  • 住所で検索
  • 郵便番号で検索
  • 目印の建物で検索

▲近くのコンビニが一覧表示されるので選択して終了です。

日本に本帰国するときは、アマゾンで購入した本はすべてチェンマイに寄付して帰ります。



最新情報をお届けします

About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイ生活6年目突入!

現地にいるからこそ知っているチェンマイの穴場スポットや、現地での生活を通して得た節約テクニックなどを紹介。

情報の鮮度と質にこだわりタイ語メディアを使って情報収集しています。

➡︎詳しいプロフィール