チェンマイでタイ語勉強中

チェンマイのパーヤップ大学集中タイ語講座レベル3【タイ文字の仕組み】

チェンマイのパーヤップ大学集中タイ語講座レベル3【タイ文字の仕組み】

タイ語講座レベル3の授業内容

数週間の休みがあってレベル3がスタートしました。

授業は日本人1人シンガポール人2人西洋人3人と僕の7人です。

Level3は60時間タイ文字のみの学習になります。

レッスン1〜10まであって1レッスンを2日で進みます。各レッスンのプリントは15枚ほどです。

ペースはけっこう早いですよ!

その代わり、60時間の授業でタイ文字のしくみや読み方などが理解できます。

正確にいうと毎日授業で出される宿題に2時間はかかるのでプラス40、50時間の120時間くらいです。

タイ文字の書き順や細かい文字の書き方なども指摘されます。

独学で間違って覚えていた箇所もなおしてもらえて嬉しかったです。

また今迄は単語と声調をセットで覚えていました。

例えば星ดาว=平声、売るขาย=上声、口ปาก=低声などです。

タイ人も小学生まではこう覚えるそうです。

でもそれだと知らない単語があった時に読めても声調がわかりません。

この単語の声調なんだろうって?

この課では頭子音字が高子音で、末子音がนの時、声調は上声。

中子音の時は声調は何とか

末子音が詰まる時は声調は何とか

タイ語学校の場合だと声調が違っても違うと指摘されるだけですが(それでも十分です)

この課ではタイ文字の仕組みと声調をセットで教わりました。

レベル3のプリント

パーヤップ大学タイ語講座レベル3-声調表

パーヤップ大学タイ語講座レベル3-声調表

パーヤップ大学タイ語講座レベル3-声調表

パーヤップ大学タイ語講座レベル3-声調表

パーヤップ大学タイ語講座レベル3文字

パーヤップ大学タイ語講座レベル3文字

パーヤップ大学タイ語講座レベル3文字

パーヤップ大学タイ語講座レベル3

パーヤップ大学タイ語講座レベル3

タイ語講座講座レベル3の感想

将来どのレベルでタイ語を使いたいかにもよりますが、タイ語は声調があるのでタイ語の学習にはタイ文字は必要不可欠だと思います。

タイ文字が読めないと声調をぴったり合わせることは難しいです。

僕はこの課(レベル3)が一番ためになりました。

短期間でタイ語を習得するには文字の仕組みと文法をきっちり勉強することが近道だと思っていたので細かく教えてもらえて嬉しかったです。

タイ人と同じ様に単語と声調をセットで覚えれば問題ないという人はLevel3を飛ばしてLevel4を受講してもいいと思います。

タイ人はタイ文字を書くことも読むこともできます。

でもタイ文字の仕組みを人に教えられる人は少ないです。

僕も日本人ですが動詞の活用とかタイ人に教えることはできないので人のことはいえませんが…

タイ文字の仕組みをタイ語できっちり教えてくれるベテランの先生がいるレベル3はオススメです。

パーヤップ大学集中タイ語講座レベル4へ進みます

sponsored link
(最終更新:2016年7月5日)
Facebookページからも更新情報をお届けします

Monthly Ranking